ノートの長所・短所を徹底評価!!

ノート長所・短所

電動パワートレイン「e-POWER」を最大のセールスポイントにする日産・ノート。

そんなノートにも長所だけでなく、短所もあります。

ここではノートはライバル車と比べてどこがいいのか、どこがダメなのかを徹底評価しますので、購入時の参考にどうぞ。

■ ノートのここがイイ!!

まず、ノートのここがいい!というポイントについて解説します。

■ e-POWERのドライバビリティ

ノート長所・短所
引用:nissan.co.jp/note

ノートに搭載される電動パワートレイン、e-POWERのパワフルさやドライバビリティの高さは、コンパクトカークラスでは群を抜いています。

e-POWERはエンジンとモーターにより構成されていますが、ライバルのハイブリッド車と異なりエンジンはもっぱら発電専用で、走行はモーターのみで行うのが特徴です。

ノート・e-POWERに搭載されるモーターは強力で、加速を左右する最大トルクは28.6kg・mと3Lガソリンノンターボエンジン並みのスペックを誇ります。

しかもこの最大トルクは0回転から、つまり起動と同時に最大トルクを発生するため、発進加速の力強さはガソリンエンジンやディーゼルエンジンの比ではありません。

また、モーターはアクセルレスポンスも抜群なので、中間加速でも踏めば即座に加速するキビキビ感が味わえます。

さらに4WD車では強力なリアモーターがプラスされるため、加速性能はコンパクトカーでトップレベル。

なにも雪国に住むユーザーに限らず、速さを求めるユーザーはノートの4WD車を積極的に選ぶ意味があります。

また、アクセルから足を離すだけで停止寸前まで減速できるワンペダル操作もノートの魅力のひとつです。

ノート長所・短所
引用:nissan.co.jp/note

こうしたパワフルさやドライバビリティの高さは、ライバル車では得られないノートのメリットになっています。

■ 群を抜く静粛性

ノートはコンパクトカーながら遮音性に注力しているため、ロードノイズや風切り音などが低く抑えられています。

それに加え、ノートのe-POWERの静粛性も優れているため、車内はコンパクトカーとは思えないほど静かです。

路面の良い道路ではなるべく発電用のエンジンをかけない制御になっているため、モーターならではの静粛な走りが堪能できます。

エンジンは路面の荒れた道路でかかりますが、そもそも荒れた路面ではロードノイズによりエンジン音がかき消されるため、エンジン音が気になることはありません。

ライバルのヤリスハイブリッドやフィットe:HEVよりもエンジンがかかる頻度が少なく、静粛性では確実にリードしています。

■ しなやかな乗り心地

先代ノートは決して乗り心地のいいクルマではありませんでしたが、現行型ノートでは乗り心地が大幅に改善されてます。

よく動く足回りと、相対的にバネ上荷重が重いおかげで、乗り心地はとてもしなやかで快適。

乗り心地の点でも、ノートは5ナンバーコンパクトカーの中ではトップレベルにあります。

また、この乗り心地と優れたハンドリングを両立させている点も、ノートの素晴らしいところです。

コンパクトカークラスでは乗り心地とハンドリングの両立はなかなか難しいので、この点で高く評価できます。

■ クラストップレベルの室内スペース

ノートの室内スペースは広く、特に後席スペースの広さは5ナンバーコンパクトカーとしてはトップクラスです。

ノート長所・短所
引用:nissan.co.jp/note

現行ノートは先代ノートと比べ全長とホイールベースが短縮され、後席の足元スペースが若干狭くなりました。

それでも足元のスペース、頭上のスペースとも十分余裕があり、クラストップの座は揺るぎません。

更に上級グレードのXやオーテックでは、コンパクトカーには珍しい後席リクライニング機構が備わるため、乗員がゆったりすごすことができます。

後席に人を乗せる機会が多いなら、ノートは最有力候補にあげていいでしょう。

■ 先進的なインパネ回り

最近すっかりトレンドになっているデジタルメーター。

ノートもデジタルメーターを採用していますが、ヤリスやフィットのデジタルメーターを採用と比較して、より先進的なデザインが取り入れられています。

ノート長所・短所
引用:nissan.co.jp/note

オプションのナビを装着した際のデザイン的な整合性も優れ、全体的にモダンな雰囲気です。

また、二段重ねになった大型センターコンソールも斬新で、インパネ回りはフレッシュな感覚に満ちています。

ノート長所・短所
引用:nissan.co.jp/note

このセンターコンソールには上段・下段とも収納が設けられていますが、下段はボックスティッシュも収まる大容量。

コンパクトカーでボックスティッシュが置ける車種は限られているので、ここは大きなメリットになります。

ノートのインパネ回りのデザインは、e-POWERのフィーリングと相まって、いかにも最新のクルマに乗っている満足感を味合わせてくれるでしょう。

■ ニーエアバッグを装備

先代ノートではサイドエアバッグが備わらず、衝突安全性でライバル車に劣っていました。

しかし現行ノートはサイドエアバッグが全車に標準化されただけでなく、新たにニーエアバッグを全車に標準装備。

衝突時にドライバーの足を保護するニーエアバッグは5ナンバーコンパクトカーでは珍しく、ライバル車に衝突安全性で差を付けます。

■ パーキングセンサーを全車に標準装備

低速走行時に障害物に接近すると音と表示でお知らせしてくれるパーキングセンサーは、駐車時に大きな助けになります。

ノートは、このパーキングセンサーを全車のフロントとリアに標準装備

フロント・リアともパーキングセンサーを全車標準装備する車種は、コンパクトカーではノートだけです。

高価なオプションを選ばなくても最初からパーキングセンサーが付いてくるノートは、良心的と言えます。

■ ノートのここがダメ!

続いて、ノートのここがダメというポイントについて解説します。

■ 最上級グレード以外は装備が貧弱

ノートの最大の弱点は、最上級グレードを選ばない限り装備が貧弱なことです。

明るく省エネなLEDヘッドランプ、足元をお洒落に演出するアルミホイール、上質で握り心地のいい本革巻ステアリングホイールなどは、最上級のオーテックにしか標準装備されず、ほかのグレードはオプションとなってしまいます。

オーテックはコンパクトカーとしては高額なので、おいそれとは手を出せません。

したがってオーテック以外のグレードを選んでオプションを追加するのが現実的ですが、それでもオプション料金は結構高いので、トータルの金額がアップしてしまいます。

また、いまや常識となりつつあるインテリジェントキーさえも、標準装備されるのはオーテックとXに限られる有様です。

このように、ノートは装備面で不満が残ります。

■ プロパイロットが標準装備されない

日産の誇る運転支援システムが、プロパイロット

プロパイロットは0~120km/hの速度域で先行車に自動追従走行する機能と、車線中央を走行するようステアリング操作を支援する機能を統合したシステムです。

プロパイロットは、いまや軽自動車の「デイズ」や「ルークス」でも標準装備されるグレードがあります。

しかし、なんとノートにはプロパイロットを標準装備するグレードがありません。

オプション設定はありますが、付けられるのはオーテックとXのみで、しかも40万円オーバーの高額なセットオプションになってしまいます。

折角セールスポイントとなる装備なのに、きわめて導入のハードルが高くなっているのは納得がいきません。

■ 荷室がフラットにならない

ノート長所・短所
引用:nissan.co.jp/note

ノートの後席は6:4分割可倒式になっていますが、折りたたんだときに荷室フロアに段差が出来てしまうのが難点です。

段差があると、フラットになる場合と比べ使い勝手が落ちてしまいます。

ライバルのヤリスやフィットがフラットな荷室フロアを実現しているだけに、ノートの使い勝手面での見劣りは否めません。

■ ノートは走行性能が優れているが、装備に問題あり

ノート長所・短所
引用:nissan.co.jp/note

ノートは動力性能や乗り心地、ハンドリングなどクルマとしての基本性能が大変しっかりしています。

数あるコンパクトカーの中でも基本性能はトップレベルにあるので、いわゆる「いいクルマ」が欲しい人には最適なチョイスです。

一方で、プロパイロットや快適装備などの設定に難があり、すべての装備を望むとかなり高額になってしまいます。

■ 関連記事 (クリックするとサイト内の別ページに飛びます)

□ ヤリスの長所・短所を徹底検証!!

□ フィットの長所・短所を徹底検証!!

■ 愛車を高く売る最善の方法とは!?

ところで、いま乗っている愛車を少しでも高く手放したいと思っていませんか?

その方法として、クルマの一括査定の利用を考えているかもしれません。

しかし、愛車を少しでも高く、かつ面倒な手間をかけずに売りたいなら、クルマの一括査定よりも「ユーカーパック」の方が断然おすすめです!

ローラでおなじみ【ユー カーパック】

ユーカーパックをおすすめする理由は、以下にあげる5つあります。

1.電話対応が一度だけで済む

クルマの一括査定でまず問題なのが、申し込みをしたとたん多くの業者から次々と電話がかかってくることです。

いちいち対応をするのは大変ですし、仕事中に電話がかかってきて困惑することも・・・。

その点、ユーカーパックなら電話対応が一度だけで済むので、煩わしさがありません。

2.査定が短時間で終了する

クルマの一括査定は、業者ごとに査定日の段取りを決める必要があります。

それだけでも結構な手間ですし、全ての査定が終了するまでに時間がかかってしまうのも難点。

それに対し、ユーカーパックは査定が一回で済むので手間いらずですし、その場で査定額が分かるので便利です。

3.業者からプレッシャーをかけられる心配がない

クルマの一括査定でやって来る大抵の業者は、「うちはどこよりも高い査定額を付ける自信があります。だからいますぐ売ってください!先送りにしたらどんどん査定額が下がってしまいますよ!」などとプレッシャーをかけてきます。

よほど駆け引きの得意な人でない限り、すべての業者に査定してもらう前にどこかしらの業者に押し切られ、不本意ながら売買契約を結んでしまう結果になりかねません。

一方、ユーカーパックは業者がオークション形式で入札する方式なので、オークション終了まで業者と関わる必要がありません。

最終的に関わる業者は、落札した業者1社のみで済みます。

業者からのプレッシャーに悩まされずに済むことも、ユーカーパックの大きなメリットと言えるでしょう。

4.個人情報が流出する心配がない

クルマの一括査定を利用すると、実際に査定を受けるか否かにかかわらず、提携しているすべての業者に個人情報が流れてしまいます。

その結果、連日のようにしつこく営業メールが送られてくるかもしれません。

ユーカーパックは最終的に落札した業者にしか個人情報が渡らないので、そんな心配は無用です。

5.買取価格が高い!

クルマの一括査定の場合、一番高い査定額を付けてくれた業者であっても、買取相場上限の査定額が付いている可能性はほとんどありません。

それは、売り手と買い手の間に複数の業者が介入するため中間マージンが取られ、その分査定額が下がってしまうからです。

また、クルマの一括査定サービスが提携している業者は、全国に星の数ほどある中古車買取業者うち、最大でも10社に過ぎません。

これでは、相場上限の査定額を望むのは難しいですね。

一方、ユーカーパックは業者が直接ユーカーパックに出品中のクルマに入札できるため、中間マージンが発生しません。

さらに、最大5,000社もの業者が入札する仕組みなので、相場上限の査定額が付く可能性が極めて高くなります。

このように、ユーカーパックはクルマの一括査定と比べた場合、ユーザーにとって圧倒的なメリットがあるのです。

クルマを手放すことを検討しているなら、是非ユーカーパックを利用してみてください!

ローラでおなじみ【ユー カーパック】

2 comments on “ノートの長所・短所を徹底評価!!”

コメントは受け付けていません。