パンダの長所・短所を徹底検証!!

パンダ長所・短所

フィアット車の中でエントリーモデルに位置付けられるのが、パンダ。

扱いやすいサイズ感や手頃な価格などから、輸入車入門に適した1台です。

ここではパンダはライバル車と比べてどこがいいのか、どこがダメなのかを徹底評価しますので、購入時の参考にどうぞ。

■ パンダのここがイイ!!

まず、パンダのここがいい!というポイントについて解説します。

■ 色褪せない内外装デザイン

現行パンダが欧州でデビューしたのは2011年なので、随分と年月が経過しています。

しかし内外装デザインに古臭さはなく、いま見ても魅力十分です。

外装デザインは王道路線で奇をてらった部分はありませんが、オーソドックスな中にもイタ車らしい洒脱さが感じられます。

パンダ長所・短所
引用:fiat-auto.co.jp/panda

機能性を大切にしながらも、決して退屈なデザインになっていない点はさすがフィアットです。

また、内装デザインのセンスもなかなかのもの。

パンダ長所・短所
引用:fiat-auto.co.jp/panda

インパネは機能的なレイアウトを採用しつつ、造形に遊び心が取り入れられている点がニクいところです。

パンダの内外装デザインは決して最先端を行くものではありませんが、人を惹きつける魅力を持っています。

■ 2気筒エンジンの味

日本仕様のパンダに搭載されるエンジンは、通称「ツインエア」と呼ばれる875cc直列2気筒ターボです。

パンダ長所・短所
引用:fiat-auto.co.jp/panda

現行コンパクトカーに搭載されるエンジンは3気筒か4気筒が大半で、2気筒を採用するのはパンダのほかには同じフィアットの500くらいしかありません。

2気筒エンジンは回転のスムーズさでは3気筒や4気筒に及びませんが、1気筒当たりの爆発力が大きいため、独特な力強さを持つのが特徴。

また低回転域のドコドコした鼓動も2気筒ならではで、クルマというより2気筒エンジン搭載のビッグバイクのようなフィーリングです。

味という点では他のエンジンでは得られないものがあるので、パンダを選ぶ大きな動機になるでしょう。

■ 快適な乗り心地

パンダ長所・短所
引用:fiat-auto.co.jp/panda

パンダの足回りはセッティングが柔らかく、乗り心地はソフトです。

ホイールベースが2,300mmと短いのでヒョコヒョコしたピッチングはありますが、ゴツゴツした不快感とは無縁。

快適性はなかなかのもので、Aセグメントクラスのコンパクトカーとしてはトップレベルです。

ちなみにパンダの足回りは基本的に500 (チンクエチェント) と共通ですが、乗り心地は明らかにパンダの方が優れています。

■ 良好な視界

パンダはカッコよさよりも実用性を重視したエクステリアデザインが特徴。

そのお陰で全方位的に視界が優れていますが、特に評価できるのが斜め後方視界です。

リアクォーターウィンドウが備わる6ライトウィンドウを採用しているため、斜め後方の死角が少なく、安心してバックできます。

パンダ長所・短所
引用:fiat-auto.co.jp/panda

■ 輸入コンパクトカーには珍しい4WD車の選択が可能

パンダには輸入コンパクトカーには珍しく、4WD車が設定されています。

現在日本で購入できるのは、「パンダ クロス4×4」と呼ばれるモデル。

パンダ長所・短所
引用:fiat-auto.co.jp/panda-cross4×4

日本では限定車扱いとなるので常時入手できるわけではありませんが、輸入コンパクトカーで4WDの設定があること自体貴重です。

通常はFFで走行し、状況に応じて4WDに切り替わるオンデマンド方式と呼ばれる4WDシステムですが、走破性を高めるブレーキLSD機能が備わるなど、その性能は侮れません。

雪国に住んでいるが輸入車が欲しいという場合、パンダは貴重な選択肢となります。

■ パンダのここがダメ!

続いて、パンダのダメなポイントについて解説します。

■ 変速フィールに癖のあるデュアルロジック

日本に導入されるパンダ (FF車) のトランスミッションは、デュアルロジックと呼ばれるシングルクラッチ式ATのみの設定です。

パンダ長所・短所
引用:fiat-auto.co.jp/panda

欧州のAセグメント車に採用例の多い方式ですが、この方式は変速時にトルク抜けが発生するのが欠点。

特にパンダの場合は1速と2速のギアレシオが離れているため、アクセルを踏みっぱなしだとシフトアップ時に体がガクンとつんのめってしまいます。

スムーズに走らせるコツもありますが、そもそもATなのにイージーに運転できないのは問題です。

トルコンATやCVTに慣れた人には、なかなか馴染みにくいトランスミッションと言えます。

■ 低回転域の振動

味の点ではプラスに評価できるパンダの2気筒エンジンですが、低回転域で大きな振動が出てしまうのが難点。

振動がステアリングやシート越しに体に伝わってきて、快適性を損ねてしまいます。

ある程度回転が上がってしまえば振動は気にならなくなりますが、ゴー・ストップの多い渋滞では防ぎようがありません。

その意味で、パンダは都市部よりも地方に住んでいるユーザーに向いていると言えるでしょう。

■ 安全性が低い

パンダに備わる予防安全装備は、自動ブレーキの「シティブレーキコントロール」のみと非常に寂しいものとなっています。

しかもこのシティブレーキコントロールは性能が低く、作動速度域は最高速度30km/h未満に限られ、歩行者検知機能もなし

同クラスの輸入車、フォルクスワーゲン・アップもこの点は同等で、ルノー・トゥインゴに至っては自動ブレーキさえ付かなのいで、パンダだけがダメなわけではありません。

とは言え、国産コンパクトカーや軽自動車の予防安全装備の充実ぶりと比較すれば、かなり見劣りしてしまうのが現実です。

それに加え、パンダは衝突安全性の低さも問題です。

欧州の自動車安全基準「ユーロエヌキャップ」のテストでは、乗員保護や歩行者保護の項目が最低レベルで、総合評価は5段階評価でなんと星ゼロ

安全性重視の観点では、残念ながらパンダはおすすめできません。

■ パンダは味のあるクルマだが、安全性に不安

パンダ長所・短所
引用:fiat-auto.co.jp/panda

パンダはエンジンのフィーリングに味があり、内外装デザインもイタ車ならではの魅力があります。

また、乗り心地の良さや運転しやすさも魅力です。

一方でトランスミッションに癖があることや、安全性の低さが欠点になっています。

特に安全性の不足は、ファミリーカーとしては無視できない問題です。

輸入車ならではの個性は買えますが、安全性の観点からパンダは積極的にはおすすめできません。

■ 関連記事 (クリックするとサイト内の別ページに飛びます)

□フィアット・500の長所・短所を徹底検証!!

□ トゥインゴの長所・短所を徹底検証!!

■ 愛車を高く売る最善の方法とは!?

ところで、いま乗っている愛車を少しでも高く手放したいと思っていませんか?

その方法として、クルマの一括査定の利用を考えているかもしれません。

しかし、愛車を少しでも高く、かつ面倒な手間をかけずに売りたいなら、クルマの一括査定よりも「ユーカーパック」の方が断然おすすめです!

ローラでおなじみ【ユー カーパック】

ユーカーパックをおすすめする理由は、以下にあげる5つあります。

1.電話対応が一度だけで済む

クルマの一括査定でまず問題なのが、申し込みをしたとたん多くの業者から次々と電話がかかってくることです。

いちいち対応をするのは大変ですし、仕事中に電話がかかってきて困惑することも・・・。

その点、ユーカーパックなら電話対応が一度だけで済むので、煩わしさがありません。

2.査定が短時間で終了する

クルマの一括査定は、業者ごとに査定日の段取りを決める必要があります。

それだけでも結構な手間ですし、全ての査定が終了するまでに時間がかかってしまうのも難点。

それに対し、ユーカーパックは査定が一回で済むので手間いらずですし、その場で査定額が分かるので便利です。

3.業者からプレッシャーをかけられる心配がない

クルマの一括査定でやって来る大抵の業者は、「うちはどこよりも高い査定額を付ける自信があります。だからいますぐ売ってください!先送りにしたらどんどん査定額が下がってしまいますよ!」などとプレッシャーをかけてきます。

よほど駆け引きの得意な人でない限り、すべての業者に査定してもらう前にどこかしらの業者に押し切られ、不本意ながら売買契約を結んでしまう結果になりかねません。

一方、ユーカーパックは業者がオークション形式で入札する方式なので、オークション終了まで業者と関わる必要がありません。

最終的に関わる業者は、落札した業者1社のみで済みます。

業者からのプレッシャーに悩まされずに済むことも、ユーカーパックの大きなメリットと言えるでしょう。

4.個人情報が流出する心配がない

クルマの一括査定を利用すると、実際に査定を受けるか否かにかかわらず、提携しているすべての業者に個人情報が流れてしまいます。

その結果、連日のようにしつこく営業メールが送られてくるかもしれません。

ユーカーパックは最終的に落札した業者にしか個人情報が渡らないので、そんな心配は無用です。

5.買取価格が高い!

クルマの一括査定の場合、一番高い査定額を付けてくれた業者であっても、買取相場上限の査定額が付いている可能性はほとんどありません。

それは、売り手と買い手の間に複数の業者が介入するため中間マージンが取られ、その分査定額が下がってしまうからです。

また、クルマの一括査定サービスが提携している業者は、全国に星の数ほどある中古車買取業者うち、最大でも10社に過ぎません。

これでは、相場上限の査定額を望むのは難しいですね。

一方、ユーカーパックは業者が直接ユーカーパックに出品中のクルマに入札できるため、中間マージンが発生しません。

さらに、最大5,000社もの業者が入札する仕組みなので、相場上限の査定額が付く可能性が極めて高くなります。

このように、ユーカーパックはクルマの一括査定と比べた場合、ユーザーにとって圧倒的なメリットがあるのです。

クルマを手放すことを検討しているなら、是非ユーカーパックを利用してみてください!

ローラでおなじみ【ユー カーパック】

2 comments on “パンダの長所・短所を徹底検証!!”

コメントは受け付けていません。