ポロの長所・短所を徹底検証!!

ポロ長所・短所

ポロは、輸入Bセグメントコンパクトカーの定番モデルです。

Bセグメントのベンチマークと言われるポロですが、長所だけでなく短所もあります。

ここではポロはライバル車と比べてどこがいいのか、どこがダメなのかを徹底評価しますので、購入時の参考にどうぞ。

■ ポロのここがイイ!!

まず、ポロのここがいい!というポイントについて解説します。

■ プレーンな外装デザイン

ポロ長所・短所
引用:volkswagen.co.jp/polo

ポロの外装デザインは、直線基調でスッキリまとめられています。

キャラクターラインは最小限にとどめられ、とてもシンプル。

またフロントマスクも過剰なアグレッシブさが抑えられ、上品です。

自己主張が強いデザインのコンパクトカーが多い中、ポロのようなプレーンで控えめなデザインは好ましく感じられます。

飛びぬけてスタイリッシュというほどではありませんが、嫌みのない外装デザインと言えるでしょう。

■ 先進的なデジタルメーターを標準装備

ポロ長所・短所
引用:volkswagen.co.jp/polo

ポロは全車にデジタルメーターの「ディジタルコックピット」または「ディジタルコックピットプロ」を標準装備します。

ライバルのルーテシアやプジョー208もデジタルメーターを装備しますが、ポロはデザインの先進性の点で一歩リード。

ことに、ディジタルコックピットプロを装備する中上級グレードでオプションのナビを装着した場合、画像のようにメータ内にナビ画面表示をすることも可能です。

こうした機能はライバル車にはありませんし、単に先進的なだけでなく、視線を僅かに落とすだけで地図が見られるメリットもあります。

■ オンザレール感覚の操縦安定性

ポロ長所・短所
引用:volkswagen.co.jp/polo

ポロはさすがアウトバーンの国で生まれただけあり、高速走行時の操縦安定性が大変優れています。

ビシっとした直進性やオンザレール感覚のハンドリングなどは、Bセグメントコンパクトカーとは思えないほど。

そのスタビリティの高さは、さすがアウトバーンの国で生まれたクルマだと納得させるものがあります。

また速度域が上がるほどフラットかつ快適になる乗り心地も、いかにもドイツ車的なものです。

高速道路を走る機会が多いがコンパクトなクルマの方がベター、というニーズにポロはベストマッチします。

■ 変速スピードの速いDSG

ポロはトランスミッションに、デュアルクラッチ式ATの7速DSGを採用しています。

国産コンパクトカーはCVTを採用する車種が多く、一部の車種はトルコン式ATを採用していますが、効率の高さ、変速スピードの速さでは明らかにDSGが上です。

また、欧州のコンパクトカーではルノー・ルーテシアがEDCと呼ばれるデュアルクラッチ式ATを搭載していますが、それと比較しても変速スピードではポロのDSGが勝ります。

こうした電光石火の変速は、走りの気持ち良さにも直結。

キビキビした走りを望むなら、ポロは良い選択肢になります。

■ 良好な視界

最近のコンパクトカーは、視界がデザインの犠牲になっている車種も少なくありません。

そんな中、ポロは機能性を重視したデザインを採用しているので、視界が優れています。

Aピラーの傾斜は強いものの、ピラー自体が細いので視界の邪魔になりません。

またリアクォーターウィンドウを持つ6ライトウィンドウを採用しているので、斜め後方視界も良好です。

ポロであれば、バックカメラに頼らなくても安全にバックができます。

■ 十分な後席スペース

外観から想像する限りポロはあまり後席が広そうには見えませんが、実際は大人二人が余裕で座れるスペースが確保されています。

頭上のスペース、足元のスペースとも十分で、よほど大柄な人でない限り窮屈に感じることはないでしょう。

中央部のフロアトンネルの盛り上がりに目をつむれば、3人掛けも問題ありません。

ポロの全幅はBセグメント車としてはワイドな1,750mmあるので、室内幅の余裕につながっています。

■ ポロのここがダメ!

続いて、ポロのダメなポイントについて解説します。

■ 低速域で硬い乗り心地

ある程度スピードが乗ってしまえば、ポロの乗り心地は快適です。

しかし低速域ではサスペンションの動きがしなやかさに欠け、路面の凹凸を素直に拾ってしまいます。

15インチタイヤを履くアクティブベーシックやアクティブはまだしも、16インチタイヤのスタイルや17インチタイヤのR-ラインとなると、ゴツゴツ感が強く出てしまうのが難点。

舗装の荒れた道路を走る機会が多い人がポロを選ぶ場合は、スタイルやR-ラインは避けた方がいいでしょう。

■ 狭い道路では少し広すぎる全幅

ポロの全幅は1,750mmで、Bセグメントコンパクトカーとしてはワイドな部類です。

日本の5ナンバー枠を大きく超える全幅は、走行安定性や室内スペースにはプラスに作用しています。

その一方で、狭い道路や駐車場での取り回しなどでデメリットが生じているのも事実です。

センターラインのない裏路地での離合などでは、少々気を使うシーンがあるでしょう。

■ ポロはトータルバランスに優れた1台

ポロ長所・短所
引用:volkswagen.co.jp/polo

ポロは走る・曲がる・止まるの基本性能が優秀で、さすがこのセグメントでベンチマークと目されるだけのことはあります。

2022年6月のマイナーチェンジで、それまでライバルに劣っていた予防安全装備も盤石なものとなりました。

ややワイドな全幅や少し硬めの乗り心地さえ許容できるなら、ポロは非常に良いチョイスになるでしょう。

■ 関連記事 (クリックするとサイト内の別ページに飛びます)

□ アウディ・A1の長所・短所を徹底検証!!

□ ルーテシアの長所・短所を徹底検証!!

□ プジョー・208の長所・短所を徹底検証!!

■ 愛車を高く売る最善の方法とは!?

ところで、いま乗っている愛車を少しでも高く手放したいと思っていませんか?

その方法として、クルマの一括査定の利用を考えているかもしれません。

しかし、愛車を少しでも高く、かつ面倒な手間をかけずに売りたいなら、クルマの一括査定よりも「ユーカーパック」の方が断然おすすめです!

ローラでおなじみ【ユー カーパック】

ユーカーパックをおすすめする理由は、以下にあげる5つあります。

1.電話対応が一度だけで済む

クルマの一括査定でまず問題なのが、申し込みをしたとたん多くの業者から次々と電話がかかってくることです。

いちいち対応をするのは大変ですし、仕事中に電話がかかってきて困惑することも・・・。

その点、ユーカーパックなら電話対応が一度だけで済むので、煩わしさがありません。

2.査定が短時間で終了する

クルマの一括査定は、業者ごとに査定日の段取りを決める必要があります。

それだけでも結構な手間ですし、全ての査定が終了するまでに時間がかかってしまうのも難点。

それに対し、ユーカーパックは査定が一回で済むので手間いらずですし、その場で査定額が分かるので便利です。

3.業者からプレッシャーをかけられる心配がない

クルマの一括査定でやって来る大抵の業者は、「うちはどこよりも高い査定額を付ける自信があります。だからいますぐ売ってください!先送りにしたらどんどん査定額が下がってしまいますよ!」などとプレッシャーをかけてきます。

よほど駆け引きの得意な人でない限り、すべての業者に査定してもらう前にどこかしらの業者に押し切られ、不本意ながら売買契約を結んでしまう結果になりかねません。

一方、ユーカーパックは業者がオークション形式で入札する方式なので、オークション終了まで業者と関わる必要がありません。

最終的に関わる業者は、落札した業者1社のみで済みます。

業者からのプレッシャーに悩まされずに済むことも、ユーカーパックの大きなメリットと言えるでしょう。

4.個人情報が流出する心配がない

クルマの一括査定を利用すると、実際に査定を受けるか否かにかかわらず、提携しているすべての業者に個人情報が流れてしまいます。

その結果、連日のようにしつこく営業メールが送られてくるかもしれません。

ユーカーパックは最終的に落札した業者にしか個人情報が渡らないので、そんな心配は無用です。

5.買取価格が高い!

クルマの一括査定の場合、一番高い査定額を付けてくれた業者であっても、買取相場上限の査定額が付いている可能性はほとんどありません。

それは、売り手と買い手の間に複数の業者が介入するため中間マージンが取られ、その分査定額が下がってしまうからです。

また、クルマの一括査定サービスが提携している業者は、全国に星の数ほどある中古車買取業者うち、最大でも10社に過ぎません。

これでは、相場上限の査定額を望むのは難しいですね。

一方、ユーカーパックは業者が直接ユーカーパックに出品中のクルマに入札できるため、中間マージンが発生しません。

さらに、最大5,000社もの業者が入札する仕組みなので、相場上限の査定額が付く可能性が極めて高くなります。

このように、ユーカーパックはクルマの一括査定と比べた場合、ユーザーにとって圧倒的なメリットがあるのです。

クルマを手放すことを検討しているなら、是非ユーカーパックを利用してみてください!

ローラでおなじみ【ユー カーパック】

2 comments on “ポロの長所・短所を徹底検証!!”

コメントは受け付けていません。