ジープ・レネゲードの長所・短所を徹底検証!!

レネゲード長所・短所

ジープのラインナップの中でエントリーモデルに位置づけられるのが「レネゲード」。

日本でも扱いやすいボディサイズや、ジープとしては買いやすい価格設定が魅力です。

ここでは、レネゲードはライバル車と比べどんな長所や短所があるかを徹底評価しますので、購入時の参考にしてみてください。

■ レネゲードのここがイイ!!

まず、レネゲードのここがいい!というポイントについて解説します。

■ 無骨さとポップさが融合した外装デザイン

レネゲード長所・短所
引用:jeep-japan.com/renegade-bv

レネゲードの外装デザインは、いかにもジープらしい無骨さと、他のジープ車にはないポップなテイストが見事に融合しています。

7スリットのフロントグリルは、まごうかたなきジープそのもの。

この7スリットグリルと丸目のヘッドランプの組み合わせにより、個性的な雰囲気を醸しています。

また四角く無骨なフォルムを基調としつつ、曲線も取り入れることでお洒落さを演出している点も魅力です。

ほかのSUVとはまったく異なる独特な外装デザインは、レネゲード最大の魅力と言っても過言ではありません。

■ 優れた走行性能

レネゲード長所・短所
引用:jeep-japan.com/renegade-bv

レネゲードに用意されているパワートレインは、基本的にガソリン1.3Lターボエンジンとガソリン1.3Lターボエンジン+モーターのPHV (プラグインハイブリッド) の2通りです。

ガソリンエンジンの最高出力はFF車用が151ps、4WD車用が179psですが、どちらもパワーは十分で街乗りから高速道路まで力不足はまったく感じられません。

また前後にモーター (前輪用:最高出力45ps、後輪用:最高出力128ps) がプラスされるPHVは、さらに力強い動力性能を備え、速いと形容できるほど。

さらにPHVならではのメリットとして、外部充電によりモーターのみで50km以上走行できる点も魅力です。

そして操縦安定性の点でも、レネゲードはかなり優れています。

車高が高い割に旋回時のロールが少ないうえ、アンダーステアも軽いオン・ザ・レール感覚のハンドリングが特徴。

お陰で見掛けとは裏腹に、ワインディングロードも意のままに駆け回れます。

直進安定性も悪くなく、総合的にレネゲードの走行性能はかなりハイレベルと言えるでしょう。

■ レネゲードのここがダメ!

続いて、レネゲードのダメなポイントについて解説します。

■ 乗り心地があまり良くない

乗り心地があまり良くないことは、レネゲードの欠点のひとつです。

サスペンションの初期動作が渋く、路面の凹凸によるゴツゴツ感が比較的強めに出てしまいます。

車両重量の重いPHVは、ガソリン車と比べれば上質な乗り心地を実現していますが、それでも最上級の乗り心地とは言えません。

こうしたハードな乗り心地もジープらしい持ち味と言えばそれまでですが、少なくとも快適性重視で選ぶと期待を裏切られるでしょう。

■ 後席が快適とは言い難い

レネゲード長所・短所
引用:jeep-japan.com/renegade-bv

レネゲードの後席は背もたれの角度が立っているので、乗員はあまりリラックスした姿勢が取れません。

足元のスペースも余裕たっぷりとはいかないので、足の長い人だと窮屈に感じるでしょう。

さらに乗り心地が上質とは言い難いことと相まって、後席の快適性はライバル車に見劣りします。

後席に家族を乗せる機会の多い人には、レネゲードはあまりおススメできません。

■ 自動ブレーキの性能が低い

レネゲード長所・短所
引用:jeep-japan.com/renegade-bv

レネゲードは自動ブレーキが全車に標準装備されていますが、その性能は十分とは言えません。

検知できる対象が自動車のみで、歩行者や自転車が検知できないからです。

いまや昼夜の歩行者に対応するのが当たり前で、自転車やオートバイも検知できる車種も増えているだけに、大いに物足りない点です。

■ レネゲードは短所もあるが、独自の個性が魅力

レネゲード長所・短所
引用:jeep-japan.com/renegade-bv

レネゲードは個性的な外装デザインと、優れた走行性能が長所です。

一方で乗り心地や自動ブレーキの性能など、平均レベル以下のポイントもあります。

このように決して優等生タイプではないけれど、それでも気になるクルマと言えるでしょう。

自動ブレーキを歩行者対応型にアップグレードするだけでも、より多くのユーザーにアピールできるはずです。

■ 関連記事 (クリックするとサイト内の別ページに飛びます)

□ ユーザーレビューから検証するジープ・レネゲードの長所・短所

□ フィアット・500Xの長所・短所を徹底検証!!

■ 愛車を高く売る最善の方法とは!?

ところで、いま乗っている愛車を少しでも高く手放したいと思っていませんか?

その方法として、クルマの一括査定の利用を考えているかもしれません。

しかし、愛車を少しでも高く、かつ面倒な手間をかけずに売りたいなら、クルマの一括査定よりも「ユーカーパック」の方が断然おすすめです!

ローラでおなじみ【ユー カーパック】

ユーカーパックをおすすめする理由は、以下にあげる5つあります。

1.電話対応が一度だけで済む

クルマの一括査定でまず問題なのが、申し込みをしたとたん多くの業者から次々と電話がかかってくることです。

いちいち対応をするのは大変ですし、仕事中に電話がかかってきて困惑することも・・・。

その点、ユーカーパックなら電話対応が一度だけで済むので、煩わしさがありません。

2.査定が短時間で終了する

クルマの一括査定は、業者ごとに査定日の段取りを決める必要があります。

それだけでも結構な手間ですし、全ての査定が終了するまでに時間がかかってしまうのも難点。

それに対し、ユーカーパックは査定が一回で済むので手間いらずですし、その場で査定額が分かるので便利です。

3.業者からプレッシャーをかけられる心配がない

クルマの一括査定でやって来る大抵の業者は、「うちはどこよりも高い査定額を付ける自信があります。だからいますぐ売ってください!先送りにしたらどんどん査定額が下がってしまいますよ!」などとプレッシャーをかけてきます。

よほど駆け引きの得意な人でない限り、すべての業者に査定してもらう前にどこかしらの業者に押し切られ、不本意ながら売買契約を結んでしまう結果になりかねません。

一方、ユーカーパックは業者がオークション形式で入札する方式なので、オークション終了まで業者と関わる必要がありません。

最終的に関わる業者は、落札した業者1社のみで済みます。

業者からのプレッシャーに悩まされずに済むことも、ユーカーパックの大きなメリットと言えるでしょう。

4.個人情報が流出する心配がない

クルマの一括査定を利用すると、実際に査定を受けるか否かにかかわらず、提携しているすべての業者に個人情報が流れてしまいます。

その結果、連日のようにしつこく営業メールが送られてくるかもしれません。

ユーカーパックは最終的に落札した業者にしか個人情報が渡らないので、そんな心配は無用です。

5.買取価格が高い!

クルマの一括査定の場合、一番高い査定額を付けてくれた業者であっても、買取相場上限の査定額が付いている可能性はほとんどありません。

それは、売り手と買い手の間に複数の業者が介入するため中間マージンが取られ、その分査定額が下がってしまうからです。

また、クルマの一括査定サービスが提携している業者は、全国に星の数ほどある中古車買取業者うち、最大でも10社に過ぎません。

これでは、相場上限の査定額を望むのは難しいですね。

一方、ユーカーパックは業者が直接ユーカーパックに出品中のクルマに入札できるため、中間マージンが発生しません。

さらに、最大5,000社もの業者が入札する仕組みなので、相場上限の査定額が付く可能性が極めて高くなります。

このように、ユーカーパックはクルマの一括査定と比べた場合、ユーザーにとって圧倒的なメリットがあるのです。

クルマを手放すことを検討しているなら、是非ユーカーパックを利用してみてください!

ローラでおなじみ【ユー カーパック】