ルークスの長所・短所を徹底評価!!

ルークス長所・短所

デイズルークスの後継モデルとしてデビューしたルークス。

このルークスにはどんな長所があり、どこが短所なのか、気になっている人も多いことでしょう。

ここではルークスはライバルと比べてどこがいいのか、どこがダメなのかを徹底評価しますので、購入時の参考にどうぞ。

■ ルークスのここがイイ!!
まず、ルークスの長所について解説します。

■ コンパクトカー顔負けの走り

ルークス長所・短所
引用:nissan.co.jp/roox

ルークスは、軽自動車だからという妥協は一切なしに設計されています。

ボディの剛性感や足回りのしっかり感は、ヘタなコンパクトカー顔負けです。

それは走りにもしっかり反映され、背の高さを感じさせない走行安定性やピッチングを抑えたフラットな乗り心地などは、軽自動車離れしたレベルにあります。

ステアリングの操舵フィールもしっかりしていて、軽自動車を運転しているとは思えません。

並みいるライバルの中でも、走りのしっかり感はルークスがベストと言えるでしょう。

■ 運転の負担を減らすプロパイロットを設定

ルークスの装備で目玉と言えるのが、日産の誇る運転支援システム「プロパイロット」です。

プロパイロットは、前車に自動追従走行する機能と、車線内を走行するようステアリング操作を支援する機能を統合したもの。

自動追従走行機能は渋滞のゴー・ストップにも対応し、ステアリング操作支援機能は横風にあおられたときに修正舵を当ててくれるなど、機能性は申し分ありません。

このプロパイロットを搭載したグレード (プロパイロットエディション) なら、高速道路でのロングドライブも快適そのものです。

高速道路を利用する機会が多いユーザーなら、プロパイロットだけでもルークスを選ぶ価値があります。

■ 雨や雪の日も安心して走れる機能を搭載

ルークス長所・短所
引用:nissan.co.jp/roox

ルークスは軽スーパーハイトワゴンで唯一、雨や雪の日の走行安定性を高めるブレーキLSD機能が装備されます。

ブレーキLSD機能は、スリップした駆動輪にブレーキをかけて、反対側の車輪に駆動力を集中させるもの。

雨や雪で路面が滑りやすい時でも、この機能があれば安心して走れます。

軽SUVには類似した機能の採用例がありますが、軽スーパーハイトワゴンではルークスにしか付きません。

特に雪国に住むユーザーにとっては、見逃せないポイントになります。

■ 駐車をサポートする装備を搭載

ルークス長所・短所
引用:nissan.co.jp/roox

ルークスは最廉価グレードのSを除く全車に、駐車をサポートするインテリジェントアラウンドビューモニターを標準装備。

ルームミラー内に自車を上から見下ろしたような映像が表示されるので、駐車がしやすくなります。

また、歩行者や自転車が接近すると表示と警報でお知らせする機能も付くので、安心感は抜群です。

タントやスペーシアにも似たような装備がオプション設定されてますが、そちらはナビも一緒に付ける必要があるため、それなりに高額になります。

プラスアルファの出費なしで駐車をサポートする装備が付いてくるのは、ルークスのメリットです。

■ 両手がふさがっているときに便利なドアを装備

ルークス長所・短所
引用:nissan.co.jp/roox

ルークスのスライドドアは、Sを除く全車に足をかざすだけでオープンするハンズフリーオートスライドドアが標準装備されます。

両手が荷物でふさがっているときや子供を抱いているときなどに、とても便利です。

ライバル車に目を向けると、タントにはあらかじめスイッチを押しておけば、乗車時にクルマに近づくだけでスライドドアがオープンする機能があります。

しかし、うっかりスイッチを押し忘れてしまうと、結局手を使ってドアを開けなければなりません。

その意味では、事前の操作が必要ないルークスのハンズフリーオートスライドドアの方が実用的です。

■ ドライバーの足を保護するニーエアバッグを設定

ルークス長所・短所
引用:nissan.co.jp/roox

正面衝突時にドライバーの足を保護するSRSニーエアバッグは、普通車には装備される車種が多くあります。

しかし、軽スーパーハイトワゴンでSRSニーエアバッグの設定があるのはルークスだけです。

ハイウェイスター系にしか装備されない点は残念ですが、それでもライバル車には設定そのものがないことを考えれば、間違いなくメリットと言えます。

■ お洒落な特装車を設定

ルークス長所・短所
引用:nissan.co.jp/roox

ルークスには標準モデルのほかに、おしゃれな内外装や専用装備をもつ特装車「オーテック」が設定されています。

センスのいいアルミホイールや、しゃれたツートーンの内装はとても魅力的です。

軽スーパーハイトワゴンは、とかく実用一点張りになりがちですが、オーテックはそんな常識を覆します。

センスのいい軽スーパーハイトワゴンが欲しいなら、ルークスのオーテックを検討するべきです。

■ ルークスのここがダメ!
ルークスのいいところを取り上げてきましたが、今度はルークスのダメなところを取り上げ解説します。

■ ターボ車の燃費が悪い
ルークスは燃費にやや難がありますが、特にターボ車はライバル車と比べ見劣りがします。

ここで、軽スーパーハイトワゴンのターボ・FF車のカタログ燃費 (WLTCモード) を比較してみましょう。

  • N-BOX  20.4km/L
  • タント 20.0km/L
  • スペーシア 19.8km/L
  • ルークス 18.8km/L

ルークスは1.0~1.6km/L劣る

では、カタログ燃費よりも重要な実燃費 (e燃費のデータ) はどうでしょうか?

  • N-BOX  16.5km/L
  • タント 16.0km/L
  • スペーシア 18.3km/L
  • ルークス 14.9km/L

ルークスは1.1~3.4km/L劣る

高速道路や坂道を走る機会の多いユーザーにとって、パワフルなターボ車はとても魅力的です。

しかし、ルークスのターボ車は燃費がライバルより明らかに劣っているので、選ぶのをためらってしまうかもしれません。

経済性の高さも軽自動車の魅力のひとつなので、決して無視できないデメリットです。

■ FF車にシートヒーターが付かない
座面を暖めるシートヒーターが付いていると、冬場のドライブが快適になります。

ルークスの場合、4WD車は全車に運転席・助手席シートヒーターが標準装備される一方で、FF車はシートヒーターのオプション設定すらありません。

4WDは必要ないけれど、シートヒーターは欲しいというユーザーも少なくないはずなので、これはとても残念です。

N-BOX、タント、スペーシアはFF車でもシートヒーター付のグレードがあるので、ルークスの欠点になっています。

■ ルークスは長所が多く短所は少ない

ルークス長所・短所
引用:nissan.co.jp/roox

ルークスの長所は走りの質感の高さや、充実した運転支援・安全装備など数多くあります。

特にプロパイロットの設定は、ルークスの大きな魅力です。

ターボ車の燃費やシートヒーターの設定に難はあるものの、こうした長所と比べれば、大きな問題とまでは言えません。

ルークスは、軽スーパーハイトワゴンの中で1、2を争う完成度を持っているので、買って後悔することはないはずです。

■ 愛車を高く売る最善の方法とは!?

ところで、いま乗っている愛車を少しでも高く手放したいと思っていませんか?

その方法として、クルマの一括査定の利用を考えているかもしれません。

しかし、愛車を少しでも高く、かつ面倒な手間をかけずに売りたいなら、クルマの一括査定よりも「ユーカーパック」の方が断然おすすめです!

ローラでおなじみ【ユー カーパック】

ユーカーパックをおすすめする理由は、以下にあげる5つあります。

1.電話対応が一度だけで済む

クルマの一括査定でまず問題なのが、申し込みをしたとたん多くの業者から次々と電話がかかってくることです。

いちいち対応をするのは大変ですし、仕事中に電話がかかってきて困惑することも・・・。

その点、ユーカーパックなら電話対応が一度だけで済むので、煩わしさがありません。

2.査定が短時間で終了する

クルマの一括査定は、業者ごとに査定日の段取りを決める必要があります。

それだけでも結構な手間ですし、全ての査定が終了するまでに時間がかかってしまうのも難点。

それに対し、ユーカーパックは査定が一回で済むので手間いらずですし、その場で査定額が分かるので便利です。

3.業者からプレッシャーをかけられる心配がない

クルマの一括査定でやって来る大抵の業者は、「うちはどこよりも高い査定額を付ける自信があります。だからいますぐ売ってください!先送りにしたらどんどん査定額が下がってしまいますよ!」などとプレッシャーをかけてきます。

よほど駆け引きの得意な人でない限り、すべての業者に査定してもらう前にどこかしらの業者に押し切られ、不本意ながら売買契約を結んでしまう結果になりかねません。

一方、ユーカーパックは業者がオークション形式で入札する方式なので、オークション終了まで業者と関わる必要がありません。

最終的に関わる業者は、落札した業者1社のみで済みます。

業者からのプレッシャーに悩まされずに済むことも、ユーカーパックの大きなメリットと言えるでしょう。

4.個人情報が流出する心配がない

クルマの一括査定を利用すると、実際に査定を受けるか否かにかかわらず、提携しているすべての業者に個人情報が流れてしまいます。

その結果、連日のようにしつこく営業メールが送られてくるかもしれません。

ユーカーパックは最終的に落札した業者にしか個人情報が渡らないので、そんな心配は無用です。

5.買取価格が高い!

クルマの一括査定の場合、一番高い査定額を付けてくれた業者であっても、買取相場上限の査定額が付いている可能性はほとんどありません。

それは、売り手と買い手の間に複数の業者が介入するため中間マージンが取られ、その分査定額が下がってしまうからです。

また、クルマの一括査定サービスが提携している業者は、全国に星の数ほどある中古車買取業者うち、最大でも10社に過ぎません。

これでは、相場上限の査定額を望むのは難しいですね。

一方、ユーカーパックは業者が直接ユーカーパックに出品中のクルマに入札できるため、中間マージンが発生しません。

さらに、最大5,000社もの業者が入札する仕組みなので、相場上限の査定額が付く可能性が極めて高くなります。

このように、ユーカーパックはクルマの一括査定と比べた場合、ユーザーにとって圧倒的なメリットがあるのです。

クルマを手放すことを検討しているなら、是非ユーカーパックを利用してみてください!

ローラでおなじみ【ユー カーパック】

2 comments on “ルークスの長所・短所を徹底評価!!”

コメントは受け付けていません。