スペーシアの長所・短所を徹底評価!!

スペーシア長所・短所

スズキの軽スーパーハイトワゴンが、スペーシアです。

スペーシアにはどんな長所があり、どこが短所になっているか、気になっている人も多いと思います。

ここではスペーシアはライバルと比べてどこがいいのか、どこがダメなのかを徹底評価しますので、購入時の参考にどうぞ。

■ スペーシアのここがイイ!!
まず、スペーシアの長所について解説します。

■ インパネのデザインがお洒落

スペーシア長所・短所
引用:suzuki.co.jp/spacia

軽スーパーハイトワゴンのインパネは機能性を重視したデザインが主流で、あまりお洒落なイメージはないでしょう。

そんな中でスペーシアのインパネはライバル車と異なり、洒落たデザインを取り入れています。

スーツケースをモチーフにしたインパネアッパーボックスまわりのデザインなどは、とてもポップ。

乗り込んだ瞬間から、ウキウキした気分になるでしょう。

また、ライバル車と比べてインパネ上部の突起物が少ないので、目の前に開ける視界が広々している点もスペーシアの魅力です。

■ クロスオーバーモデルが選べる

スペーシア長所・短所
引用:suzuki.co.jp/spacia

スペーシアのバリエーションは、ノーマル系とカスタム系のほかに、ライバル車にはないクロスオーバーモデル「ギア」が設定されています。

あくまでも雰囲気重視のモデルですが、逞しさとポップさがミックスされた外装デザインはとても魅力的です。

また、本格オフロードモデルではないものの、最低地上高がほかの軽スーパーハイトワゴンより大きく、雪道に強いことも魅力になっています。

雪国に住むユーザーが軽スーパーハイトワゴンを選ぶ場合、スペーシア ギアを候補にあげるべきです。

■ 軽快な走り

スペーシア長所・短所
引用:suzuki.co.jp/spacia

スペーシアは全車マイルドハイブリッド車なので、エンジンのほかに小出力ながらモーターも搭載しています。

このモーターのアシストのおかげで、アクセルを踏み込んだときにエンジンのスペック以上の力強さが感じられるのがスペーシアの特徴です。

さらに、スペーシアは軽スーパーハイトワゴンの中で車体がもっとも軽いため、加速の軽快さはライバルを一歩リードしています。

■ 燃費がいい

スペーシア長所・短所
引用:suzuki.co.jp/spacia

マイルドハイブリッドシステムの搭載や、車体の軽さは燃費にも効いています。

スペーシアのカタログ燃費 (WLTCモード燃費) は、軽スーパーハイトワゴンでトップの数値です。
ここで、軽スーパーハイトワゴンのノンターボ・FF車のカタログ燃費を比較してみましょう。

  • スペーシア 22.2km/L
  • N-BOX 21.8km/L
  • タント  21.2km/L
  • ルークス 20.8km/L

スペーシアが0.4~1.4km/L優れている

では、カタログ燃費よりずっと重要な実燃費 (e燃費のデータ) はどうでしょうか?

  • スペーシア 18.9km/L
  • N-BOX 15.7km/L
  • タント 17.3km/L
  • ルークス 15.5km/L

スペーシアが1.6~3.4km/L優れている

実燃費では、スペーシアとライバル車の差はカタログ燃費以上に開いています。

少しでも経済的な軽スーパーハイトワゴンが欲しいなら、スペーシアで決まりです。

■ 室内全体を適温にするサーキュレーターを装備

スペーシア長所・短所
引用:suzuki.co.jp/spacia

スペーシアは廉価グレードをのぞき、天井部分に室内の空気を循環させるスリムサーキュレーターが標準装備されます。

通常、前席の室温はちょうどよくても、後席が寒すぎたり暑すぎたりということが起きがちです。

しかし、スリムサーキュレーターが装備されるスペーシアなら、どの席に座っても快適な室温になります。

これなら、後席の乗員から不満が出ることもないでしょう。

ルークスにも類似した装備が用意されていますが、こちらはオプション扱いです。

またN-BOXやタントにはサーキュレーターの設定そのものがないことを考えると、スペーシアのよさが光ります。

■ スペーシアのここがダメ!
スペーシアのいいところを取り上げてきましたが、今度はスペーシアのダメなところを取り上げ解説します。

■ ノーマル系でターボが選べない
スペーシアの中で外装デザインが万人受けするのは、ノーマル系モデルです。

ノーマル系は一番売れ筋になっていますし、このデザインが一番好きという人も多いのではないでしょうか?

しかし、スペーシアのノーマル系モデルはノンターボ車のみのラインナップで、ターボ車の設定がありません。

パワフルな走りを望む場合は、デザインが好みでなくてもカスタム系やギア系を選ぶか、それとも走りをあきらめてノーマル系を選ぶか、という二者択一を強いられてしまいます。

N-BOXやタントはノーマル系でもターボ車が選べるので、スペーシアもそれに倣って欲しいものです。

■ 乗り心地が硬い
スペーシアは車体が比較的軽い割にサスペンションが固めなので、乗り心地はややゴツゴツ感があります。

前後にヒョコヒョコするピッチングも大きめなので、快適性はイマイチです。

走りや燃費の点では有利に働いた車体の軽さも、乗り心地にはマイナスになっています。

■ 軽すぎ、スローすぎるステアリング
スペーシアのステアリングは、非力な女性でも軽々と回せるほど軽く設定されています。

手応えに乏しく、操作感が頼りなく感じられてしまうことは欠点です。

また、ステアリングのギアレシオがライバル車よりもスローなので、カーブや右左折のときはステアリングをグルグル回さなければなりません。

もう少ししっかりしたステアリングの手応えと、速めのギアレシオが望まれます。

■ シートアレンジが平凡
N-BOXやタントには助手席ロングスライド機構が付くグレードがあり、タントに限れば運転席にもロングスライド機構が付くグレードがあります。

前席のロングスライド機構があると、前後席間のアクセスや後席に座っている子供のケアの面で有利です。

また、ルークスはロングスライド機構こそありませんが、助手席の背もたれを前に倒し、後席の子供のケアをやりやすくする機能があります。

しかし、スペーシアにはこうしたシートアレンジが一切ありません。

子育て世代のユーザーにとって、大きなマイナスポイントになってしまうでしょう。

■ スペーシアは走りや燃費はいいが、乗り心地やシートアレンジに難あり

スペーシア長所・短所
引用:suzuki.co.jp/spacia

ここまで、スペーシアの長所・短所について解説してきました。

スペーシアはデザイン性の高さや動力性能、燃費などの点でライバルに勝る魅力があります。

一方で、乗り心地の硬さやシートアレンジの平凡さなどが弱点です。

どの要素を重視するかにより、スペーシアの評価は大きく変わってきます。

もし乗り心地やシートアレンジを重視しないなら、スペーシアはよい選択になるでしょう。

■ 関連記事 (クリックするとサイト内の別ページに飛びます)

□ N-BOXの長所・短所を徹底検証!!

□ タントの長所・短所を徹底検証!!

□ ルークスの長所・短所を徹底検証!!

■ 愛車を高く売る最善の方法とは!?

ところで、いま乗っている愛車を少しでも高く手放したいと思っていませんか?

その方法として、クルマの一括査定の利用を考えているかもしれません。

しかし、愛車を少しでも高く、かつ面倒な手間をかけずに売りたいなら、クルマの一括査定よりも「ユーカーパック」の方が断然おすすめです!

ローラでおなじみ【ユー カーパック】

ユーカーパックをおすすめする理由は、以下にあげる5つあります。

1.電話対応が一度だけで済む

クルマの一括査定でまず問題なのが、申し込みをしたとたん多くの業者から次々と電話がかかってくることです。

いちいち対応をするのは大変ですし、仕事中に電話がかかってきて困惑することも・・・。

その点、ユーカーパックなら電話対応が一度だけで済むので、煩わしさがありません。

2.査定が短時間で終了する

クルマの一括査定は、業者ごとに査定日の段取りを決める必要があります。

それだけでも結構な手間ですし、全ての査定が終了するまでに時間がかかってしまうのも難点。

それに対し、ユーカーパックは査定が一回で済むので手間いらずですし、その場で査定額が分かるので便利です。

3.業者からプレッシャーをかけられる心配がない

クルマの一括査定でやって来る大抵の業者は、「うちはどこよりも高い査定額を付ける自信があります。だからいますぐ売ってください!先送りにしたらどんどん査定額が下がってしまいますよ!」などとプレッシャーをかけてきます。

よほど駆け引きの得意な人でない限り、すべての業者に査定してもらう前にどこかしらの業者に押し切られ、不本意ながら売買契約を結んでしまう結果になりかねません。

一方、ユーカーパックは業者がオークション形式で入札する方式なので、オークション終了まで業者と関わる必要がありません。

最終的に関わる業者は、落札した業者1社のみで済みます。

業者からのプレッシャーに悩まされずに済むことも、ユーカーパックの大きなメリットと言えるでしょう。

4.個人情報が流出する心配がない

クルマの一括査定を利用すると、実際に査定を受けるか否かにかかわらず、提携しているすべての業者に個人情報が流れてしまいます。

その結果、連日のようにしつこく営業メールが送られてくるかもしれません。

ユーカーパックは最終的に落札した業者にしか個人情報が渡らないので、そんな心配は無用です。

5.買取価格が高い!

クルマの一括査定の場合、一番高い査定額を付けてくれた業者であっても、買取相場上限の査定額が付いている可能性はほとんどありません。

それは、売り手と買い手の間に複数の業者が介入するため中間マージンが取られ、その分査定額が下がってしまうからです。

また、クルマの一括査定サービスが提携している業者は、全国に星の数ほどある中古車買取業者うち、最大でも10社に過ぎません。

これでは、相場上限の査定額を望むのは難しいですね。

一方、ユーカーパックは業者が直接ユーカーパックに出品中のクルマに入札できるため、中間マージンが発生しません。

さらに、最大5,000社もの業者が入札する仕組みなので、相場上限の査定額が付く可能性が極めて高くなります。

このように、ユーカーパックはクルマの一括査定と比べた場合、ユーザーにとって圧倒的なメリットがあるのです。

クルマを手放すことを検討しているなら、是非ユーカーパックを利用してみてください!

ローラでおなじみ【ユー カーパック】

2 comments on “スペーシアの長所・短所を徹底評価!!”

コメントは受け付けていません。