タントの長所・短所を徹底評価!!

タント長所・短所

軽スーパーハイトワゴンの人気定番モデル、タント。

タントには人気の理由がうなずける長所が色々とある一方で、短所もあります。

ここではタントはライバルと比べてどこがいいのか、どこがダメなのかを徹底評価しますので、購入時の参考にどうぞ。

■ タントのここがイイ!!
まず、タントの長所について解説します。

■ 乗り降りに便利なミラクルオープンドア

タント長所・短所
引用:daihatsu.co.jp/tanto

タントの一番の魅力といえば、なんといっても軽スーパーハイトワゴン唯一の助手席側ミラクルオープンドアでしょう。

センターピラーがないため、フロントドアとスライドドアの両方を開けたときに149cmもの開口幅を実現しています。

このミラクルオープンドアのおかげで、ライバル車と比べて乗り降りがとてもスムーズです。

子供やお年寄りの手を取りながら二人並んで乗り込むといった芸当も、タントならできてしまいます。

ミラクルオープンドアを装備しないライバル車にはマネができない、大きな長所です。

■ 両手がふさがっていても楽々乗車できる機能

タント長所・短所
引用:daihatsu.co.jp/tanto

これもドアの機能ですが、やはりタントだけにしか付かない装備に、パワースライドドアウェルカムオープン機能があります。

これは、降りる前にあらかじめインパネのスイッチを押しておけば、乗り込む際にスライドドアに近づくだけで自動でオープンするもの。

L以外のグレードに標準装備またはオプション設定されています。

子供を抱いているときや両手に重たい荷物を持ってるときは、ドアを開けるひと手間が意外と大変なものですが、この装備があれば大丈夫です。

特に子育て世代にはうれしい装備でしょう。

そのほかにも、パワースライドドアが閉まりきる前にドアロックを予約できるパワースライドドア タッチ&ゴーロック機能や、助手席ドアを半ドアの位置まで閉めれば、あとは自動で全閉する助手席イージークローザーなどの便利機能が搭載されています。

ドアの使い勝手では、軽スーパーハイトワゴンの中でもタントが断トツです。

■ 前後席間のアクセスが自在にできる運転席&助手席ロングスライド機能

タント長所・短所
引用:daihatsu.co.jp/tanto

助手席が大きく前後にスライドするロングスライド機構があれば、一番前にスライドさせて後席に座った子供をケアできるなど、とても便利なものです。

助手席ロングスライド機構は、ライバルのN-BOXも一部グレードに採用していますが、タントはウェルカムシートリフト仕様車をのぞく全車に標準装備しています。

そのスライド量は380mmと十分な数値です。

さらにタントの場合、X系グレードとカスタムRSには運転席にも540mmのロングスライド機構が付きます。

運転席と助手席のロングスライド機構を活用すれば、車外に降りることなく前席・後席間のアクセスが可能です。

特に雨の日には、この装備のありがたさをしみじみ実感することでしょう。

■ 駐車支援装備を用意

タント長所・短所
引用:daihatsu.co.jp/tanto

普通に走る分には問題ないけれど、駐車だけはどうも苦手で・・・という人は意外と多いのではないでしょうか?

そんな場合、駐車を支援する装備が欲しくなるに違いありません。

タントには軽スーパーハイトワゴンで唯一となる駐車支援システム、スマートパノラマパーキングアシストがオプション設定されています。

スマートパーキングアシストは、駐車したい場所の近くに停まってスイッチを押すだけで、クルマが自動でステアリング操作をしてくれる装備です。

ドライバーは、シフト操作とアクセル・ブレーキのペダル操作をするだけで済むので、面倒な駐車がとてもイージーにできます。

また、障害物やほかのクルマにぶつけてしまう心配がなくなるのも、大きなメリットです。

駐車に苦手意識がある人も、この装備が付いたタントなら駐車のプレッシャーから解放されるでしょう。

■ タントのここがダメ!
タントのいいところを取り上げてきましたが、今度はタントのダメなところを取り上げ解説します。

■ 荷室フロアが高い

タント長所・短所
引用:daihatsu.co.jp/tanto

タントの数少ない欠点が、荷室フロアの高さです。

カタログには荷室フロア高580mmと誇らしげにアピールしていますが、ライバルのホンダ・N-BOXの470mmと比べ110mmも高い数値になっています。

普段の買い物程度なら問題ありませんが、自転車や重量物を積み下ろしする際はこの荷室フロアの高さがデメリットになるでしょう。

■ タントの長所はドアとシートアレンジ!

タント長所・短所
引用:daihatsu.co.jp/tanto

タントの長所・短所について解説してきましたが、走行性能や乗り心地に触れていないことをいぶかしく思うかもしれません。

それはタントの走行性能や乗り心地が、ライバルと比べ特に優れているわけでも、大きく見劣りするわけでもないからです。

そんなタントの最大の長所は、ミラクルオープンドアをはじめとするドアの機能と、ロングスライド機構を持つフロントシートにつきるでしょう。

特に子育て世代の人にとっては、これだけでもタントを選ぶ意味があります。

荷室の使い勝手はライバルに劣りますが、我慢できないほどではありません。

とにかく、ドアや室内の使いやすさを重視するならタントで決まりです。

■ 関連記事 (クリックするとサイト内の別ページに飛びます)

□ N-BOXの長所・短所を徹底検証!!

□ スペーシアの長所・短所を徹底検証!!

□ ルークスの長所・短所を徹底検証!!

■ 愛車を高く売る最善の方法とは!?

ところで、いま乗っている愛車を少しでも高く手放したいと思っていませんか?

その方法として、クルマの一括査定の利用を考えているかもしれません。

しかし、愛車を少しでも高く、かつ面倒な手間をかけずに売りたいなら、クルマの一括査定よりも「ユーカーパック」の方が断然おすすめです!

ローラでおなじみ【ユー カーパック】

ユーカーパックをおすすめする理由は、以下にあげる5つあります。

1.電話対応が一度だけで済む

クルマの一括査定でまず問題なのが、申し込みをしたとたん多くの業者から次々と電話がかかってくることです。

いちいち対応をするのは大変ですし、仕事中に電話がかかってきて困惑することも・・・。

その点、ユーカーパックなら電話対応が一度だけで済むので、煩わしさがありません。

2.査定が短時間で終了する

クルマの一括査定は、業者ごとに査定日の段取りを決める必要があります。

それだけでも結構な手間ですし、全ての査定が終了するまでに時間がかかってしまうのも難点。

それに対し、ユーカーパックは査定が一回で済むので手間いらずですし、その場で査定額が分かるので便利です。

3.業者からプレッシャーをかけられる心配がない

クルマの一括査定でやって来る大抵の業者は、「うちはどこよりも高い査定額を付ける自信があります。だからいますぐ売ってください!先送りにしたらどんどん査定額が下がってしまいますよ!」などとプレッシャーをかけてきます。

よほど駆け引きの得意な人でない限り、すべての業者に査定してもらう前にどこかしらの業者に押し切られ、不本意ながら売買契約を結んでしまう結果になりかねません。

一方、ユーカーパックは業者がオークション形式で入札する方式なので、オークション終了まで業者と関わる必要がありません。

最終的に関わる業者は、落札した業者1社のみで済みます。

業者からのプレッシャーに悩まされずに済むことも、ユーカーパックの大きなメリットと言えるでしょう。

4.個人情報が流出する心配がない

クルマの一括査定を利用すると、実際に査定を受けるか否かにかかわらず、提携しているすべての業者に個人情報が流れてしまいます。

その結果、連日のようにしつこく営業メールが送られてくるかもしれません。

ユーカーパックは最終的に落札した業者にしか個人情報が渡らないので、そんな心配は無用です。

5.買取価格が高い!

クルマの一括査定の場合、一番高い査定額を付けてくれた業者であっても、買取相場上限の査定額が付いている可能性はほとんどありません。

それは、売り手と買い手の間に複数の業者が介入するため中間マージンが取られ、その分査定額が下がってしまうからです。

また、クルマの一括査定サービスが提携している業者は、全国に星の数ほどある中古車買取業者うち、最大でも10社に過ぎません。

これでは、相場上限の査定額を望むのは難しいですね。

一方、ユーカーパックは業者が直接ユーカーパックに出品中のクルマに入札できるため、中間マージンが発生しません。

さらに、最大5,000社もの業者が入札する仕組みなので、相場上限の査定額が付く可能性が極めて高くなります。

このように、ユーカーパックはクルマの一括査定と比べた場合、ユーザーにとって圧倒的なメリットがあるのです。

クルマを手放すことを検討しているなら、是非ユーカーパックを利用してみてください!

ローラでおなじみ【ユー カーパック】

3 comments on “タントの長所・短所を徹底評価!!”

コメントは受け付けていません。