ウェイクの長所・短所を徹底評価!!

ウェイク長所・短所

軽スーパーハイトワゴンの中でも、ひときわユニークなキャラクターを持つウェイク。

個性派モデルのウェイクには、ほかの軽スーパーハイトワゴンにはない長所がある一方で、短所も併せ持っています。

ここではウェイクはほかの軽スーパーハイトワゴンと比べてどこがいいのか、どこがダメなのかを徹底評価しますので、購入時の参考にどうぞ。

■ ウェイクのここがイイ!!
まず、ウェイクの長所について解説します。

■ ガジェット感あふれる外装デザイン

ウェイク長所・短所
引用:daihatsu.co.jp/wake

ウェイクの外装は、機能性重視のデザインが取り入れられています。

真四角なフォルムやシンプルな面構成による、独特な機能美が特徴です。

同じダイハツの軽スーパーハイトワゴン、タントや、軽ワンボックスワゴンのアトレーにもない、ウェイクならではの魅力が感じられます。

こうしたガジェット感 (=道具感) あふれるデザインに惹かれる人も、多いのではないでしょうか?

■ 広い室内空間

ウェイク長所・短所
引用:daihatsu.co.jp/wake

ウェイクの全高は1,835mmもあります。

背の高さがウリの軽スーパーハイトワゴンの中でも、1.8mを超えているのはウェイクだけです。

この全高の高さは室内スペースにも反映されていて、室内高は軽スーパーハイトワゴンでトップの1,455mm

タントが1,390mm、アトレーワゴンが1,350mmなので、いかにウェイクの室内高が大きいかが分かるでしょう。

小学生くらいの子供なら余裕で室内で立ててしまうほどですし、リアシートをたためば相当な量の荷物を積み込むことができます。

また、荷室フロアも高さが1,140mm確保されているため、丈のある荷物の搭載もOK。

とにかく室内の収容能力の大きさでは、軽自動車でトップクラスです。

荷物を満載してキャンプなどに出かける用途に、ウェイクはピッタリと言えます。

■ 車中泊も可能なシートアレンジ

ウェイク長所・短所
引用:daihatsu.co.jp/wake

ウェイクのシートアレンジは多彩で、以下の5つのモードが選べます。

  1. 助手席の背もたれを前に倒すテーブルモード
  2. 助手席と助手席側後席の背もたれを前に倒すロングモード
  3. 助手席と左右後席の背もたれを前に倒すフラットラゲージモード
  4. 運転席・助手席の背もたれを後ろに倒し、後席の背もたれを前に倒すフルフラットモード
  5. 運転席・助手席の背もたれを後ろに倒すロングソファモード

このうち特に注目に値するのが、軽スーパーハイトワゴンではウェイクだけに付くフルフラットモードです。

このフルフラットモードを使えば、大柄な大人二人が車中泊することもできます。

多少の凸凹ができますが、クッションなどで調整した上に車中泊用マットを敷けば大丈夫です。

ほかにも車中泊が可能な軽自動車はありますが、室内高がウェイクほど大きくないため、室内でのすごしやすさではウェイクに敵いません。

車中泊向きの軽自動車を探しているなら、ウェイクが最有力候補になるでしょう。

■ ウェイクのここがダメ!
ここまでウェイクのいいところを解説してきましたが、今度はウェイクのダメなところを取り上げ解説します。

■ 走行性能が劣る
ほかの軽スーパーハイトワゴンよりも背が高いウェイクは、重心位置も高めです。

そのためカーブでの走行安定性は高いとは言い難く、カーブに進入するときは速度を十分に落とす必要があります。

また車体が重いうえ、エンジンが中低回転域のトルクが劣る旧世代のエンジンなので、加速性能も芳しくありません。

特にノンターボ車は非力で、高速道路や上り坂ではストレスを感じてしまいます。

その点、ターボ車なら必要十分な力があり、タントのターボ車などと比較しなければ不満を感じません。

ウェイクを買う場合は、断然ターボ車 (Gターボ) がおすすめです。

■ 燃費が悪い

ウェイク長所・短所
引用:daihatsu.co.jp/wake

ウェイクの車体の重さや、エンジンの世代の古さは燃費性能にも悪影響を与えています。

ウェイクのFF車のWLTCモード燃費はターボ車が16.9km/L、ノンターボ車が17.4km/Lですが、タントと比べるとそれぞれ3.1km/L、3.8km/L劣る数値です。

走行距離が多い人にとって、ガソリン代の差は無視できなくなるでしょう。

■ チルトステアリングと運転席リフターがオプション

ウェイク長所・短所
引用:daihatsu.co.jp/wake

安全運転の基本は、まずベストなドライビングポジションをとることから始まります。

ベストなドライビングをとるためには、ステアリングの高さを調整するチルトステアリングや、シートの高さを調整する運転席シートリフターが欠かせません。

しかし、ウェイクはチルトステアリングと運転席シートリフターがどのグレードも標準装備されず、それらが欲しい場合は「ドライビングサポートパック」というセットオプションを選ぶ必要があります

16,500円なので決して高いオプションではありませんが、必須の装備なので、多少車両価格が上がっても標準装備にするべきです。

■ カーテンエアバッグの設定がない
側面衝突時に、前後席の乗員の頭部を保護する装備がSRSカーテンエアバッグです。

人命を守る重要な安全装備で、軽自動車でも標準装備される車種が増えています。

しかし、ウェイクはSRSカーテンエアバッグが標準装備されないばかりか、オプションで付けることさえできません

側面衝突時に前席の乗員の上半身を守るSRSサイドエアバッグは全車に標準装備されるので、前席に座っている分にはまだいいのですが、後席の乗員はまったくの無防備です。

後席に人を乗せる機会が多いなら、ウェイクは選ばない方がいいでしょう。

■ ウェイクは室内の広さと引き換えに、無視できない欠点も

ウェイク長所・短所
引用:daihatsu.co.jp/wake

ウェイクは、軽スーパーハイトワゴンの中でも長所・短所がハッキリ分かれるクルマです。

広大な室内スペースや車中泊も可能なシートアレンジは、ウェイクの大きな魅力になっています。

その一方で走行性能には難があり、安全装備にも不備があるなど、欠点も無視できません。

ウェイクが向いている人は、まずアウトドアが大好きで、とにかく室内スペースの広いクルマが欲しい人。

そして、普段後席に人を乗せる機会がない人です。

逆に、走行性能や経済性を重視する人や、安全性をなによりも重視したい人、後席の利用機会が多い人には向いていません。

軽スーパーハイトワゴンの中でも、ウェイクほど向き・不向きがハッキリしたクルマはないでしょう。

■ 関連記事 (クリックするとサイト内の別ページに飛びます)

□ タントの長所・短所を徹底検証!!

■ 愛車を高く売る最善の方法とは!?

ところで、いま乗っている愛車を少しでも高く手放したいと思っていませんか?

その方法として、クルマの一括査定の利用を考えているかもしれません。

しかし、愛車を少しでも高く、かつ面倒な手間をかけずに売りたいなら、クルマの一括査定よりも「ユーカーパック」の方が断然おすすめです!

ローラでおなじみ【ユー カーパック】

ユーカーパックをおすすめする理由は、以下にあげる5つあります。

1.電話対応が一度だけで済む

クルマの一括査定でまず問題なのが、申し込みをしたとたん多くの業者から次々と電話がかかってくることです。

いちいち対応をするのは大変ですし、仕事中に電話がかかってきて困惑することも・・・。

その点、ユーカーパックなら電話対応が一度だけで済むので、煩わしさがありません。

2.査定が短時間で終了する

クルマの一括査定は、業者ごとに査定日の段取りを決める必要があります。

それだけでも結構な手間ですし、全ての査定が終了するまでに時間がかかってしまうのも難点。

それに対し、ユーカーパックは査定が一回で済むので手間いらずですし、その場で査定額が分かるので便利です。

3.業者からプレッシャーをかけられる心配がない

クルマの一括査定でやって来る大抵の業者は、「うちはどこよりも高い査定額を付ける自信があります。だからいますぐ売ってください!先送りにしたらどんどん査定額が下がってしまいますよ!」などとプレッシャーをかけてきます。

よほど駆け引きの得意な人でない限り、すべての業者に査定してもらう前にどこかしらの業者に押し切られ、不本意ながら売買契約を結んでしまう結果になりかねません。

一方、ユーカーパックは業者がオークション形式で入札する方式なので、オークション終了まで業者と関わる必要がありません。

最終的に関わる業者は、落札した業者1社のみで済みます。

業者からのプレッシャーに悩まされずに済むことも、ユーカーパックの大きなメリットと言えるでしょう。

4.個人情報が流出する心配がない

クルマの一括査定を利用すると、実際に査定を受けるか否かにかかわらず、提携しているすべての業者に個人情報が流れてしまいます。

その結果、連日のようにしつこく営業メールが送られてくるかもしれません。

ユーカーパックは最終的に落札した業者にしか個人情報が渡らないので、そんな心配は無用です。

5.買取価格が高い!

クルマの一括査定の場合、一番高い査定額を付けてくれた業者であっても、買取相場上限の査定額が付いている可能性はほとんどありません。

それは、売り手と買い手の間に複数の業者が介入するため中間マージンが取られ、その分査定額が下がってしまうからです。

また、クルマの一括査定サービスが提携している業者は、全国に星の数ほどある中古車買取業者うち、最大でも10社に過ぎません。

これでは、相場上限の査定額を望むのは難しいですね。

一方、ユーカーパックは業者が直接ユーカーパックに出品中のクルマに入札できるため、中間マージンが発生しません。

さらに、最大5,000社もの業者が入札する仕組みなので、相場上限の査定額が付く可能性が極めて高くなります。

このように、ユーカーパックはクルマの一括査定と比べた場合、ユーザーにとって圧倒的なメリットがあるのです。

クルマを手放すことを検討しているなら、是非ユーカーパックを利用してみてください!

ローラでおなじみ【ユー カーパック】