運転しやすい軽自動車ベスト4を発表!!

コンパクトカー運転しやすさ

軽自動車は車体がコンパクトなので、普通車と比べて運転は容易です。

ただし、同じ軽自動車でも車種により運転しやすさには差があります。

ここでは軽自動車の中でも特に運転しやすい車種ベスト4を発表しますので、新車購入時の参考にしてみてください。

■ 第4位 ダイハツ・ミラトコット

軽自動車運転しやすさ
引用:daihatsu.co.jp/mira_tocot

ダイハツのミラトコットは、軽自動車の中では背が低いボディを持つクルマです。

スクエアなボディ形状のため車体の四隅の位置がつかみやすく、運転席からボンネットの先端が見えるので車幅感覚のつかみやすさも抜群。

また全方位的に視界が良いので、バックも含め運転のしやすい1台に仕上がっています。

加えて最小回転4.4mと小回り性も優れているため、狭い駐車スペースや路地での取り回しも容易です。

全車に前後のパーキングセンサーを標準装備し、接触事故のリスクを軽減している点もミラトコットのいいところ。

ただし下位グレードのL SAⅢでは運転席シートリフターが付かないので、小柄な人は上級グレードのG SAⅢの選択がベターです。

■ 第3位 ダイハツ・タフト

軽自動車運転しやすさ
引用:daihatsu.co.jp/taft

ダイハツの軽SUVがタフト。

四角く見切りの良いボディ形状に加え、アイポイントが高いため車両感覚が非常につかみやすくなっています。

視界も良く、ミラトコット同様全車に前後のパーキングセンサーが標準装備されるため、ぶつけてしまうリスクもまずありません。

また、ステアリング操作を自動で行ってくれる駐車支援装備「スマートパノラマパーキングアシスト」がオプション設定されていることもメリットです。

強いて難を上げれば最小回転半径が4.8mといまひとつ小回りが利かないことですが、実用上困ることはほとんどないでしょう。

■ 第2位 ホンダ・N-WGN

軽自動車運転しやすさ
引用:honda.co.jp/N-WGN

ホンダの軽ハイトワゴン、N-WGNはこのカテゴリーではトップの運転しやすさを備えています。

アイポイントの高さによる見晴らしの良さ、全方向の視界の良さは大きなメリット。

何よりもN-WGNで素晴らしいのは、ステアリングの前後位置を調整するテレスコピックステアリングが軽自動車で唯一標準装備されることです。

誰もがベストなドライビングポジションが取れることは、運転しやすさに大きく貢献します。

難をあげるなら、フロントのパーキングセンサーが全車オプション扱いなので追加料金が掛かってしまうこと。

そこを除けば、運転しやすさの点でかなり優れた1台と言えます。

■ 第1位 日産・ルークス

軽自動車運転しやすさ
引用:nissan.co.jp/roox

背の高いスーパーハイト系軽自動車の中で一番運転しやすい車種が、日産のルークスです。

見晴らしの良さやガラスエリアの大きさによる視界の良さなどは他の軽スーパーハイトワゴンも同様ですが、ルークスのメリットは運転支援装備が充実していること。

前後のパーキングセンサーが全車に標準装備されるのは、軽スーパーハイトワゴンではルークスのみです。

またクルマを上から見下ろした映像で駐車をサポートする「インテリジェントアラウンドビューモニター」が最廉価グレード以外に標準装備される点も、他の車種にはないメリットにあげられます。

オプションで装備を追加しなくても、誰もが運転しやすい仕様になっているところはルークスの美点です。

■ 関連記事 (クリックするとサイト内の別ページに飛びます)

□ 駐車支援装備の設定がある軽自動車はコレ!

■ 愛車を高く売る最善の方法とは!?

ところで、いま乗っている愛車を少しでも高く手放したいと思っていませんか?

その方法として、クルマの一括査定の利用を考えているかもしれません。

しかし、愛車を少しでも高く、かつ面倒な手間をかけずに売りたいなら、クルマの一括査定よりも「ユーカーパック」の方が断然おすすめです!

ローラでおなじみ【ユー カーパック】

ユーカーパックをおすすめする理由は、以下にあげる5つあります。

1.電話対応が一度だけで済む

クルマの一括査定でまず問題なのが、申し込みをしたとたん多くの業者から次々と電話がかかってくることです。

いちいち対応をするのは大変ですし、仕事中に電話がかかってきて困惑することも・・・。

その点、ユーカーパックなら電話対応が一度だけで済むので、煩わしさがありません。

2.査定が短時間で終了する

クルマの一括査定は、業者ごとに査定日の段取りを決める必要があります。

それだけでも結構な手間ですし、全ての査定が終了するまでに時間がかかってしまうのも難点。

それに対し、ユーカーパックは査定が一回で済むので手間いらずですし、その場で査定額が分かるので便利です。

3.業者からプレッシャーをかけられる心配がない

クルマの一括査定でやって来る大抵の業者は、「うちはどこよりも高い査定額を付ける自信があります。だからいますぐ売ってください!先送りにしたらどんどん査定額が下がってしまいますよ!」などとプレッシャーをかけてきます。

よほど駆け引きの得意な人でない限り、すべての業者に査定してもらう前にどこかしらの業者に押し切られ、不本意ながら売買契約を結んでしまう結果になりかねません。

一方、ユーカーパックは業者がオークション形式で入札する方式なので、オークション終了まで業者と関わる必要がありません。

最終的に関わる業者は、落札した業者1社のみで済みます。

業者からのプレッシャーに悩まされずに済むことも、ユーカーパックの大きなメリットと言えるでしょう。

4.個人情報が流出する心配がない

クルマの一括査定を利用すると、実際に査定を受けるか否かにかかわらず、提携しているすべての業者に個人情報が流れてしまいます。

その結果、連日のようにしつこく営業メールが送られてくるかもしれません。

ユーカーパックは最終的に落札した業者にしか個人情報が渡らないので、そんな心配は無用です。

5.買取価格が高い!

クルマの一括査定の場合、一番高い査定額を付けてくれた業者であっても、買取相場上限の査定額が付いている可能性はほとんどありません。

それは、売り手と買い手の間に複数の業者が介入するため中間マージンが取られ、その分査定額が下がってしまうからです。

また、クルマの一括査定サービスが提携している業者は、全国に星の数ほどある中古車買取業者うち、最大でも10社に過ぎません。

これでは、相場上限の査定額を望むのは難しいですね。

一方、ユーカーパックは業者が直接ユーカーパックに出品中のクルマに入札できるため、中間マージンが発生しません。

さらに、最大5,000社もの業者が入札する仕組みなので、相場上限の査定額が付く可能性が極めて高くなります。

このように、ユーカーパックはクルマの一括査定と比べた場合、ユーザーにとって圧倒的なメリットがあるのです。

クルマを手放すことを検討しているなら、是非ユーカーパックを利用してみてください!

ローラでおなじみ【ユー カーパック】

2022年3月最新版 軽自動車実燃費ランキングベスト10を発表!!

軽自動車は燃費の良さなど経済性には定評があります。

しかし車種により実燃費にはかなり差があるので、ガソリン代が高騰している昨今、なるべく実燃費の良い車種を選びたいのが人情でしょう。

ここでは、2022年3月現在新車で購入できる軽自動車の実燃費ランキングベスト10を発表しますので、車種選びの参考にどうぞ。

■ 第10位 日産・デイズ 純ガソリン 2WD車  17.8km/L

実燃費ランキング
引用:nissan.co.jp/days

デイズには純ガソリンノンターボ、マイルドハイブリッドノンターボ、マイルドハイブリッドターボの3種類のエンジンが設定されていますが、このうち純ガソリンノンターボの2WD車が17.8km/Lで10位にランクインしました。

■ 第9位 スバル・ステラ ノンターボ 2WD車  17.9km/L

実燃費ランキング
引用:subaru.jp/sutella

ダイハツ・ムーヴのOEM車 (相手先供給品) 、ステラのノンターボ2WD車が17.9km/Lで9位にランクインしました。

同じ仕様のムーヴはこれより低い16.3km/Lですが、ユーザーの使用環境による差でしょう。

■ 第8位 ダイハツ・ミラトコット 4WD車 / マツダ・フレアワゴン 2WD車 18.4km/L

実燃費ランキング
ミラトコット (引用:daihatsu.co.jp/mira_tocot)
実燃費ランキング
フレアワゴン (引用:mazda.co.jp/flair)

ミラトコットの4WD車と、ワゴンRのOEM車であるフレアワゴンの2WD車が同じ18.4km/Lで6位に入りました。

■ 第7位 スズキ・ハスラー ターボ 2WD車  18.8km/L

燃費ランキング
引用:suzuki.co.jp/hustler

ハスラーのターボ×2WD車が18.8km/Lで7位にランクイン。

カタログ燃費はノンターボ車より劣りますが、使い勝手によるものか実燃費では逆転しています。

■ 第6位 トヨタ・コペン GRスポーツ MT車  19.4km/L

燃費ランキング
引用:toyota.jp/copen

コペン GRスポーツのMT車が19.4km/Lで6位にランクイン。

スポーツカーでこの順位は大健闘というべきでしょう。

■ 第5位 スズキ・ラパン 2WD車  19.8km/L

燃費ランキング
引用:suzuki.co.jp/lapin

ラパンの2WD車が19.8km/Lで5位に入りました。

以前あったAGS (オートギアシフト) 仕様車は20km/Lを超える実燃費でしたが、現在はCVT仕様車のみのラインナップとなっています。

■ 第4位 三菱・eKクロス ノンターボ 2WD車  20.2km/L

実燃費ランキング
引用:mitsubishi-motors.co.jp/ek_x

eKクロスのノンターボ2WD車が20.2km/Lで4位にランクイン。

ここで20km/Lの大台を超えてきました。

■ 第3位 マツダ・フレアクロスオーバー ノンターボ 2WD車 / スズキ・ワゴンR マイルドハイブリッド ノンターボ 2WD車 20.8km/L

実燃費ランキング
フレアクロスオーバー (引用:mazda.co.jp/flaircrossover)
実燃費ランキング
ワゴンR (引用:suzuki.co.jp/wagonr)

ランキングの3位には、ハスラーのOEM車であるフレアクロスオーバーのノンターボ2WD車と、ワゴンRのマイルドハイブリッド ノンターボ2WD車が20.8km/Lで並んで入りました。

■ 第2位 スバル・プレオ 2WD車  21.4km/L

実燃費ランキング
引用:subaru.co.jp/pleoplus

実燃費ランキングの第2位には、ミライースのOEM車であるプレオが21.4km/Lをマークしてランクインしました。

■ 第1位 ダイハツ・ミライース 2WD車  22.5km/L

実燃費ランキング
引用:daihatsu.co.jp/mira_e-s

実燃費ランキングの第1位に輝いたのは、ミライースの2WD車。

プレオより1.1km/L勝っているのは、ユーザーの使用環境によるものでしょう。

■ 関連記事 (クリックするとサイト内の別ページに飛びます)

□ 2022年3月最新版 現行車実燃費ランキングを発表!!

■ 愛車を高く売る最善の方法とは!?

ところで、いま乗っている愛車を少しでも高く手放したいと思っていませんか?

その方法として、クルマの一括査定の利用を考えているかもしれません。

しかし、愛車を少しでも高く、かつ面倒な手間をかけずに売りたいなら、クルマの一括査定よりも「ユーカーパック」の方が断然おすすめです!

ローラでおなじみ【ユー カーパック】

ユーカーパックをおすすめする理由は、以下にあげる5つあります。

1.電話対応が一度だけで済む

クルマの一括査定でまず問題なのが、申し込みをしたとたん多くの業者から次々と電話がかかってくることです。

いちいち対応をするのは大変ですし、仕事中に電話がかかってきて困惑することも・・・。

その点、ユーカーパックなら電話対応が一度だけで済むので、煩わしさがありません。

2.査定が短時間で終了する

クルマの一括査定は、業者ごとに査定日の段取りを決める必要があります。

それだけでも結構な手間ですし、全ての査定が終了するまでに時間がかかってしまうのも難点。

それに対し、ユーカーパックは査定が一回で済むので手間いらずですし、その場で査定額が分かるので便利です。

3.業者からプレッシャーをかけられる心配がない

クルマの一括査定でやって来る大抵の業者は、「うちはどこよりも高い査定額を付ける自信があります。だからいますぐ売ってください!先送りにしたらどんどん査定額が下がってしまいますよ!」などとプレッシャーをかけてきます。

よほど駆け引きの得意な人でない限り、すべての業者に査定してもらう前にどこかしらの業者に押し切られ、不本意ながら売買契約を結んでしまう結果になりかねません。

一方、ユーカーパックは業者がオークション形式で入札する方式なので、オークション終了まで業者と関わる必要がありません。

最終的に関わる業者は、落札した業者1社のみで済みます。

業者からのプレッシャーに悩まされずに済むことも、ユーカーパックの大きなメリットと言えるでしょう。

4.個人情報が流出する心配がない

クルマの一括査定を利用すると、実際に査定を受けるか否かにかかわらず、提携しているすべての業者に個人情報が流れてしまいます。

その結果、連日のようにしつこく営業メールが送られてくるかもしれません。

ユーカーパックは最終的に落札した業者にしか個人情報が渡らないので、そんな心配は無用です。

5.買取価格が高い!

クルマの一括査定の場合、一番高い査定額を付けてくれた業者であっても、買取相場上限の査定額が付いている可能性はほとんどありません。

それは、売り手と買い手の間に複数の業者が介入するため中間マージンが取られ、その分査定額が下がってしまうからです。

また、クルマの一括査定サービスが提携している業者は、全国に星の数ほどある中古車買取業者うち、最大でも10社に過ぎません。

これでは、相場上限の査定額を望むのは難しいですね。

一方、ユーカーパックは業者が直接ユーカーパックに出品中のクルマに入札できるため、中間マージンが発生しません。

さらに、最大5,000社もの業者が入札する仕組みなので、相場上限の査定額が付く可能性が極めて高くなります。

このように、ユーカーパックはクルマの一括査定と比べた場合、ユーザーにとって圧倒的なメリットがあるのです。

クルマを手放すことを検討しているなら、是非ユーカーパックを利用してみてください!

ローラでおなじみ【ユー カーパック】

2022年3月最新版 現行車実燃費ランキングベスト10を発表!!

実燃費

ガソリン価格が高騰している昨今、クルマを購入する際に以前にも増して燃費は重要なポイントになっています。

カタログ燃費もさることながら、やはり重要なのは実燃費です。

ここでは、2022年3月現在新車で購入できるクルマの実燃費ランキングベスト10を発表しますので、車種選びの参考にどうぞ。

■ 第10位 スズキ・ワゴンR マイルドハイブリッド ノンターボ 2WD車  20.8km/L

実燃費ランキング
引用:suzuki.co.jp/wagonr

ワゴンRのパワートレインは純ガソリンノンターボ、マイルドハイブリッドノンターボ、マイルドハイブリッドターボの3タイプがありますが、このうちマイルドハイブリッドノンターボの2WD車が20.8km/Lで10位にランクインしました。

ハイト系の軽自動車ではトップの順位です。

■ 第9位 マツダ・マツダ2 ディーゼル 2WD・MT車  21.1km/L

実燃費ランキング
引用:mazda.co.jp/mazda2

マツダ2のパワートレインはガソリンとディーゼル、2WDと4WD、ATとMTが選べますが、このうちディーゼル×2WD×MTの組み合わせが21.1km/Lで9位に入りました。

軽油はガソリンより約14%安いので、ガソリン車に換算した実燃費は約24km/Lとなります。

■ 第8位 スバル・プレオ 2WD車  21.4km/L

実燃費ランキング
引用:subaru.co.jp/pleoplus

プレオはダイハツ・ミライースのOEM車 (相手先供給品)。

2WD車が21.4km/Lで8位にランクインしました。

■ 第7位 トヨタ・カローラスポーツ ハイブリッド / フィット ハイブリッド 2WD車  21.5km/L

実燃費ランキング
カローラスポーツ (toyota.jp/corollasport)
実燃費ランキング
フィット (引用:honda.co.jp/Fit)

カローラスポーツのハイブリッド (2WD車のみの設定) とフィット ハイブリッドの2WD車が同じ21.5km/Lで7位に入りました。

車格や排気量はフィットよりカローラスポーツの方が大きいので、トヨタ式ハイブリッドシステムの燃費性能の高さが実証された形にもなっています。

■ 第6位 トヨタ・プリウス 2WD車 / カローラクロス ハイブリッド 2WD車 / ヤリスクロス ハイブリッド  22.1km/L

実燃費ランキング
プリウス (引用:toyota.jp/prius)
実燃費ランキング
カローラクロス (引用:toyota.jp/corollacorss)
実燃費ランキング
ヤリスクロス (引用:toyota.jp/yariscross)

第6位には3台が同燃費22.1km/Lでランクインしました。

いずれもトヨタ車で、プリウスの2WD車とカローラクロスのハイブリッド2WD車、そしてヤリスクロスのハイブリッド (2WD車のみの設定) です。

■ 第5位 ダイハツ・ミライース 2WD車  22.5km/L

実燃費ランキング
引用:daihatsu.co.jp/mira_e-s

プレオのベースモデルであるミライースの2WD車が22.5km/Lで5位にランクインしました。

軽自動車トップの実燃費ですが、カタログ燃費はプレオと同じなので、ユーザーの使用環境による差でしょう。

■ 第4位 トヨタ・カローラ ハイブリッド E-Four (4WD車)  22.9km/L

実燃費ランキング
引用:toyota.jp/corolla

カローラ ハイブリッドの4WD車E-Fourが、2WD車を上回る22.9km/Lの実燃費で4位にランクイン。

カタログ燃費で2WD車に劣る4WD車が実燃費で勝ったのは、4WD車のユーザーは信号や渋滞の少ない地方在住者が多いことが要因として考えられます。

■ 第3位 トヨタ・アクア 2WD車  23.7km/L

実燃費
引用:toyota.jp/aqua

エコカーの定番モデル、アクアの2WD車が23.7km/Lで3位にランクインを果たしました。

定番モデルとしての期待を裏切らない燃費性能と言えるでしょう。

■ 第2位 ダイハツ・ロッキー ハイブリッド  24.3km/L

実燃費ランキング
引用:daihatsu.co.jp/rocky

実燃費ランキングの第2位には、ダークホースとも言えるロッキーのハイブリッド (2WD車のみの設定) が入りました。

兄弟車種のトヨタ・ライズ ハイブリッドは20.7km/Lでベスト10圏外ですが、ユーザー数の少ないロッキーがたまたま燃費に有利な環境で使っている人が多かったことが、この差につながったと考えられます。

■ 第1位 トヨタ・ヤリス ハイブリッド 2WD車  25.1km/L

実燃費ランキング
引用:toyota.jp.yaris

実燃費ランキングの第1位に輝いたのは、ヤリス ハイブリッドの2WD車です。

基本的に同じパワートレインを搭載するアクアをしのぎ、唯一25km/Lオーバーの25.1km/Lという数値をマークしています。

■ 関連記事 (クリックするとサイト内の別ページに飛びます)

□ 2022年3月最新版 軽自動車実燃費ランキングベスト10を発表!!

■ 愛車を高く売る最善の方法とは!?

ところで、いま乗っている愛車を少しでも高く手放したいと思っていませんか?

その方法として、クルマの一括査定の利用を考えているかもしれません。

しかし、愛車を少しでも高く、かつ面倒な手間をかけずに売りたいなら、クルマの一括査定よりも「ユーカーパック」の方が断然おすすめです!

ローラでおなじみ【ユー カーパック】

ユーカーパックをおすすめする理由は、以下にあげる5つあります。

1.電話対応が一度だけで済む

クルマの一括査定でまず問題なのが、申し込みをしたとたん多くの業者から次々と電話がかかってくることです。

いちいち対応をするのは大変ですし、仕事中に電話がかかってきて困惑することも・・・。

その点、ユーカーパックなら電話対応が一度だけで済むので、煩わしさがありません。

2.査定が短時間で終了する

クルマの一括査定は、業者ごとに査定日の段取りを決める必要があります。

それだけでも結構な手間ですし、全ての査定が終了するまでに時間がかかってしまうのも難点。

それに対し、ユーカーパックは査定が一回で済むので手間いらずですし、その場で査定額が分かるので便利です。

3.業者からプレッシャーをかけられる心配がない

クルマの一括査定でやって来る大抵の業者は、「うちはどこよりも高い査定額を付ける自信があります。だからいますぐ売ってください!先送りにしたらどんどん査定額が下がってしまいますよ!」などとプレッシャーをかけてきます。

よほど駆け引きの得意な人でない限り、すべての業者に査定してもらう前にどこかしらの業者に押し切られ、不本意ながら売買契約を結んでしまう結果になりかねません。

一方、ユーカーパックは業者がオークション形式で入札する方式なので、オークション終了まで業者と関わる必要がありません。

最終的に関わる業者は、落札した業者1社のみで済みます。

業者からのプレッシャーに悩まされずに済むことも、ユーカーパックの大きなメリットと言えるでしょう。

4.個人情報が流出する心配がない

クルマの一括査定を利用すると、実際に査定を受けるか否かにかかわらず、提携しているすべての業者に個人情報が流れてしまいます。

その結果、連日のようにしつこく営業メールが送られてくるかもしれません。

ユーカーパックは最終的に落札した業者にしか個人情報が渡らないので、そんな心配は無用です。

5.買取価格が高い!

クルマの一括査定の場合、一番高い査定額を付けてくれた業者であっても、買取相場上限の査定額が付いている可能性はほとんどありません。

それは、売り手と買い手の間に複数の業者が介入するため中間マージンが取られ、その分査定額が下がってしまうからです。

また、クルマの一括査定サービスが提携している業者は、全国に星の数ほどある中古車買取業者うち、最大でも10社に過ぎません。

これでは、相場上限の査定額を望むのは難しいですね。

一方、ユーカーパックは業者が直接ユーカーパックに出品中のクルマに入札できるため、中間マージンが発生しません。

さらに、最大5,000社もの業者が入札する仕組みなので、相場上限の査定額が付く可能性が極めて高くなります。

このように、ユーカーパックはクルマの一括査定と比べた場合、ユーザーにとって圧倒的なメリットがあるのです。

クルマを手放すことを検討しているなら、是非ユーカーパックを利用してみてください!

ローラでおなじみ【ユー カーパック】

フィアット・500 / 500Cを買うなら並行輸入車の選択肢もあり!?

500

フィアットのコンパクトカー「500 / 500C」は、往年の名車「ヌオーヴァ・500 」をモチーフにしたレトロな内外装デザインが魅力です。

ただ、正規輸入車の場合MT車がカタログモデルとして設定されていないことや、左ハンドルが選べないなど物足りない点もあります。

しかしそんな問題を解消する手段として、並行輸入車という選択肢があることを覚えておきたいところ。

ここでは500 / 500Cの正規輸入車と並行輸入車それぞれのメリット・デメリットや、並行輸入車の販売店を紹介しますので、興味のある人は参考にしてみてください。

■ 500 / 500Cの正規輸入車・並行輸入車のメリット・デメリット
まず500 / 500Cの正規輸入車・並行輸入車それぞれのメリットとデメリットを解説します。

■ 500 / 500Cの正規輸入車のメリット

  • ・ディーラーが国内に75か所あるので、購入やメンテナンスがしやすい
  • ・消耗部品や修理部品の在庫があるので、いつでもメンテナンスが受けられる
  • ・万が一リコールがあった場合、すぐに対応してもらえる
  • ・売却時のリセールバリューは国産車よりは低いが、それなりの金額は期待できる
  • ・右ハンドルなので日本の道路で運転しやすい

500 / 500Cの正規輸入車のメリットは、手短に言えば安心して乗れることです。

メンテナンス体制が万全でリセール価格が極端に下がる心配がないこと、日本の道路事情にマッチした右ハンドル仕様であることなどは、不安なく乗るための重要なポイントとなります。

■ 500 / 500Cの正規輸入車のデメリット

  • ・MT車がカタログモデルとして設定されておらず、たまに限定車で発売されるがすぐ売り切れてしまう
  • ・500 / 500Cの右ハンドル仕様はペダル配置が中央寄りオフセットされている。

500 / 500Cの正規輸入車のデメリットは、まず本国仕様ではカタログモデルとして設定されているMT車が限定モデル扱いであることです。

限定モデルが発売されても、輸入台数が少ないためすぐに売り切れになってしまいます。

500 / 500CのATはデュアロジックと呼ばれるシングルクラッチ式で、変速時にトルク抜けが起きるなど癖の強いシステムです。

だからこそ、免許の問題さえなければ500 / 500CはMTで乗りたいクルマですが、常時手に入らないのは辛いところ。

また、右ハンドル仕様の500 / 500Cはペダル配置が中央寄りにオフセットされているので、ドライビングポジションが不自然です。

さらに、ペダルの踏み間違えによる暴走事故のリスクも否定できません。

■ 500 / 500Cの並行輸入車のメリット

  • ・いつでもMT車が手に入る
  • ・本来の仕様と言える左ハンドルなので、ペダル配置が自然

500 / 500Cの並行輸入車の最大のメリットは、いつでもMT車が入手できることです。

しかも、正規輸入される限定MT車は0.9Lターボエンジンとの組み合わせに限られますが、並行輸入車なら1.2L自然吸気エンジンとの組み合わせも選べます。

また、イタリアは右側通行で左ハンドルがデフォルトということもあり、ペダルのオフセットがなく自然なドライビングポジションが取れることも大きなメリットです。

■ 500 / 500Cの並行輸入車のデメリット

  • ・販売店や修理拠点が少なく、購入やメンテナンスのハードルが高い
  • ・消耗部品や修理部品の取り寄せに時間が掛かることがある
  • ・リコールがあった場合に対応が遅れる可能性がある
  • ・リセールバリューが低い
  • ・左ハンドルなので日本の道路事情にマッチしない

500 / 500Cの並行輸入車のデメリットは、購入自体やメンテナンスが容易とは言えないことです。

万が一故障や破損が生じた場合、部品がなかなか届かずしばらく乗れない可能性もあります。

またリセールバリューは期待できないので、購入時は乗りつぶすくらいの覚悟が必要です。

■ 500 / 500Cの並行輸入車が買える販売店

ここまで500 / 500Cの正規輸入車・並行輸入車それぞれのメリット・デメリットについて解説してきました。

並行輸入車にはそれなりのリスクが伴うことが分かってもらえたと思いますが、それでも正規輸入車にはないメリットに惹かれ購入を検討したい、という人もいることでしょう。

ここでは、500 / 500Cの並行輸入車が買える販売店を紹介します。

■ オートリーゼン

オートリーゼンは、愛知県名古屋市にある販売店です。

フランス車やイタリア車の並行輸入車をメインに、ロシア製の車や輸入キャンピングカーなども取り扱っています。

このショップでの500 / 500Cの取り扱いは限定車のコレッツィオーネ60thアニバーサリーのみで、カタロググレードの取り扱いはありません。

パワートレインはコレッツィオーネが0.9Lターボエンジン+MTまたはデュアロジック、および1.2L自然吸気エンジン+MTまたはデュアロジック、60thアニバーサリーが1.2L自然吸気エンジン+MTまたはデュアロジックとなります。

価格はコレッツィオーネが273~334.8万円、60thアニバーサリーが288万円です。

■ カーボックス

カーボックスは、愛知県豊橋市と神奈川県横浜市に店舗を構える販売店。

フランス車とイタリア車専門のショップで、こちらで取り扱う500 / 500Cはカタロググレードのポップとラウンジです。

エンジンは500では0.9Lターボと1.2L自然吸気が選べ、500Cは0.9Lターボのみとなっています。

いずれもトランスミッションはMTのみの設定です。

販売価格は203~310万円となっています。

■ 関連記事 (クリックするとサイト内の別ページに飛びます)

□ 500の長所・短所を徹底検証!!

■ 愛車を高く売る最善の方法とは!?

ところで、いま乗っている愛車を少しでも高く手放したいと思っていませんか?

その方法として、クルマの一括査定の利用を考えているかもしれません。

しかし、愛車を少しでも高く、かつ面倒な手間をかけずに売りたいなら、クルマの一括査定よりも「ユーカーパック」の方が断然おすすめです!

ローラでおなじみ【ユー カーパック】

ユーカーパックをおすすめする理由は、以下にあげる5つあります。

1.電話対応が一度だけで済む

クルマの一括査定でまず問題なのが、申し込みをしたとたん多くの業者から次々と電話がかかってくることです。

いちいち対応をするのは大変ですし、仕事中に電話がかかってきて困惑することも・・・。

その点、ユーカーパックなら電話対応が一度だけで済むので、煩わしさがありません。

2.査定が短時間で終了する

クルマの一括査定は、業者ごとに査定日の段取りを決める必要があります。

それだけでも結構な手間ですし、全ての査定が終了するまでに時間がかかってしまうのも難点。

それに対し、ユーカーパックは査定が一回で済むので手間いらずですし、その場で査定額が分かるので便利です。

3.業者からプレッシャーをかけられる心配がない

クルマの一括査定でやって来る大抵の業者は、「うちはどこよりも高い査定額を付ける自信があります。だからいますぐ売ってください!先送りにしたらどんどん査定額が下がってしまいますよ!」などとプレッシャーをかけてきます。

よほど駆け引きの得意な人でない限り、すべての業者に査定してもらう前にどこかしらの業者に押し切られ、不本意ながら売買契約を結んでしまう結果になりかねません。

一方、ユーカーパックは業者がオークション形式で入札する方式なので、オークション終了まで業者と関わる必要がありません。

最終的に関わる業者は、落札した業者1社のみで済みます。

業者からのプレッシャーに悩まされずに済むことも、ユーカーパックの大きなメリットと言えるでしょう。

4.個人情報が流出する心配がない

クルマの一括査定を利用すると、実際に査定を受けるか否かにかかわらず、提携しているすべての業者に個人情報が流れてしまいます。

その結果、連日のようにしつこく営業メールが送られてくるかもしれません。

ユーカーパックは最終的に落札した業者にしか個人情報が渡らないので、そんな心配は無用です。

5.買取価格が高い!

クルマの一括査定の場合、一番高い査定額を付けてくれた業者であっても、買取相場上限の査定額が付いている可能性はほとんどありません。

それは、売り手と買い手の間に複数の業者が介入するため中間マージンが取られ、その分査定額が下がってしまうからです。

また、クルマの一括査定サービスが提携している業者は、全国に星の数ほどある中古車買取業者うち、最大でも10社に過ぎません。

これでは、相場上限の査定額を望むのは難しいですね。

一方、ユーカーパックは業者が直接ユーカーパックに出品中のクルマに入札できるため、中間マージンが発生しません。

さらに、最大5,000社もの業者が入札する仕組みなので、相場上限の査定額が付く可能性が極めて高くなります。

このように、ユーカーパックはクルマの一括査定と比べた場合、ユーザーにとって圧倒的なメリットがあるのです。

クルマを手放すことを検討しているなら、是非ユーカーパックを利用してみてください!

ローラでおなじみ【ユー カーパック】

トゥインゴを買うなら並行輸入車の選択肢もあり!?

トゥインゴ長所・短所

ルノーのコンパクトカー「トゥインゴ」は、お洒落な内外装デザインや数少ないRRレイアウトなど、国産コンパクトカーにはない魅力を備えています。

輸入車としては廉価な価格も魅力にあげられますが、欲を言えばグレードの選択肢が少ないのが物足りないところ。

そんな問題を解消する手段として、並行輸入車を選ぶ手があります。

ここではトゥインゴの正規輸入車と並行輸入車それぞれのメリット・デメリットや、並行輸入車の販売店を紹介しますので、興味のある人は参考にしてみてください。

■ トゥインゴの正規輸入車・並行輸入車のメリット・デメリット
まずトゥインゴの正規輸入車・並行輸入車それぞれのメリットとデメリットを解説します。

■ トゥインゴの正規輸入車のメリット

  • ・ディーラーが国内に87か所あるので、購入やメンテナンスがしやすい
  • ・消耗部品や修理部品の在庫があるので、いつでもメンテナンスが受けられる
  • ・万が一リコールがあった場合、すぐに対応してもらえる
  • ・売却時のリセールバリューは国産車よりは低いが、それなりの金額は期待できる
  • ・右ハンドルなので日本の道路で運転しやすい

トゥインゴの正規輸入車のメリットは、手短に言えば安心して乗れることです。

メンテナンス体制が万全でリセール価格が極端に下がる心配がないこと、日本の道路事情にマッチした右ハンドル仕様であることなどは、不安なく乗るための重要なポイントとなります。

■ トゥインゴの正規輸入車のデメリット

  • ・グレードの選択肢が少ない
  • ・トゥインゴの右ハンドル仕様はペダル配置が中央寄りオフセットされている。

トゥインゴの正規輸入車のデメリットは、まず本国仕様にある仕様・グレードの一部しか選べないことです。

本国仕様のエンジンは0.9Lターボと1L自然吸気があり、トランスミッションはそれぞれ5速MTと6速EDCが設定されています。

しかし現在日本に正規輸入されているのは、0.9Lターボエンジン+6速EDCと1L自然吸気エンジン+5速MTの組み合わせのみです。

ターボ車をMTで乗りたい、というニーズには対応しません。

また、ペダル配置が中央寄りにオフセットされドライビングポジションが不自然になることも、右ハンドル仕様の弊害です。

■ トゥインゴの並行輸入車のメリット

  • ・好きなグレード・装備を選べる
  • ・本来の仕様と言える左ハンドルなので、ペダル配置が自然

トゥインゴの並行輸入車の最大のメリットは、本国と同じ仕様・グレードを選べることや、装備も自由に選べることです。

正規輸入車にはないターボ+MT車も選べますし、最初からフル装備に近い状態で販売される正規輸入車と異なり、付けたい装備を自分で選ぶことができます。

また、フランスは右側通行で左ハンドルがデフォルトということもあり、ペダルのオフセットがなく自然なドライビングポジションが取れることも軽視できないメリットです。

■ トゥインゴの並行輸入車のデメリット

  • ・販売店や修理拠点が少なく、購入やメンテナンスのハードルが高い
  • ・消耗部品や修理部品の取り寄せに時間が掛かることがある
  • ・リコールがあった場合に対応が遅れる可能性がある
  • ・リセールバリューが低い
  • ・左ハンドルなので日本の道路事情にマッチしない

トゥインゴの並行輸入車のデメリットは、購入自体やメンテナンスが容易とは言えないことです。

万が一故障や破損が生じた場合、部品がなかなか届かずしばらく乗れない可能性も・・・。

またリセールバリューは期待できないので、乗りつぶすくらいの覚悟が必要でしょう。

■ トゥインゴの並行輸入車が買える販売店

ここまでトゥインゴの正規輸入車・並行輸入車それぞれのメリット・デメリットについて解説してきました。

並行輸入車にはそれなりのリスクが伴うことが分かってもらえたと思いますが、それでも正規輸入車にはないメリットに惹かれ購入を検討したい、という人もいることでしょう。

ここでは、トゥインゴの並行輸入車が買える販売店を紹介します。

■ オートリーゼン

オートリーゼンは、愛知県名古屋市にある販売店です。

フランス車やイタリア車の並行輸入車をメインに、ロシア製の車や輸入キャンピングカーなども取り扱っています。

トゥインゴも取り扱っていますが、このショップで販売しているのは0.9Lターボエンジン搭載車のみ。

ただし、トランスミッションは6速EDCのほか5速MTも選べます。

価格は212~215万円で、仕様が異なるので同列では比べられないものの、正規輸入車 (225万円~) より安価な設定です。

■ カーボックス

カーボックスは、愛知県豊橋市と神奈川県横浜市に店舗を構える販売店です。

フランス車とイタリア車専門で、トゥインゴはオートリーゼンと同様0.9Lターボエンジン+6速EDCまたは5速MTの組み合わせを輸入しています。

販売価格は207~236万円です。

■ ルパルナス

ルパルナスは、東京都世田谷区にある販売店です。

欧米各国のさまざまな車種を取り扱っていますが、唯一のルノー車としてトゥインゴをラインナップ。

このショップが輸入するのは、1L自然吸気エンジンと5速MTの組み合わせです。

以前は正規輸入車にもあった仕様ですが、現在はカタログ落ちしているので貴重と言えます。

価格は198万円と、200万円を切るお手頃な設定です。

■ 関連記事 (クリックするとサイト内の別ページに飛びます)

□ ユーザーレビューから検証するトゥインゴの長所・短所

□ トゥインゴの長所・短所を徹底検証!!

■ 愛車を高く売る最善の方法とは!?

ところで、いま乗っている愛車を少しでも高く手放したいと思っていませんか?

その方法として、クルマの一括査定の利用を考えているかもしれません。

しかし、愛車を少しでも高く、かつ面倒な手間をかけずに売りたいなら、クルマの一括査定よりも「ユーカーパック」の方が断然おすすめです!

ローラでおなじみ【ユー カーパック】

ユーカーパックをおすすめする理由は、以下にあげる5つあります。

1.電話対応が一度だけで済む

クルマの一括査定でまず問題なのが、申し込みをしたとたん多くの業者から次々と電話がかかってくることです。

いちいち対応をするのは大変ですし、仕事中に電話がかかってきて困惑することも・・・。

その点、ユーカーパックなら電話対応が一度だけで済むので、煩わしさがありません。

2.査定が短時間で終了する

クルマの一括査定は、業者ごとに査定日の段取りを決める必要があります。

それだけでも結構な手間ですし、全ての査定が終了するまでに時間がかかってしまうのも難点。

それに対し、ユーカーパックは査定が一回で済むので手間いらずですし、その場で査定額が分かるので便利です。

3.業者からプレッシャーをかけられる心配がない

クルマの一括査定でやって来る大抵の業者は、「うちはどこよりも高い査定額を付ける自信があります。だからいますぐ売ってください!先送りにしたらどんどん査定額が下がってしまいますよ!」などとプレッシャーをかけてきます。

よほど駆け引きの得意な人でない限り、すべての業者に査定してもらう前にどこかしらの業者に押し切られ、不本意ながら売買契約を結んでしまう結果になりかねません。

一方、ユーカーパックは業者がオークション形式で入札する方式なので、オークション終了まで業者と関わる必要がありません。

最終的に関わる業者は、落札した業者1社のみで済みます。

業者からのプレッシャーに悩まされずに済むことも、ユーカーパックの大きなメリットと言えるでしょう。

4.個人情報が流出する心配がない

クルマの一括査定を利用すると、実際に査定を受けるか否かにかかわらず、提携しているすべての業者に個人情報が流れてしまいます。

その結果、連日のようにしつこく営業メールが送られてくるかもしれません。

ユーカーパックは最終的に落札した業者にしか個人情報が渡らないので、そんな心配は無用です。

5.買取価格が高い!

クルマの一括査定の場合、一番高い査定額を付けてくれた業者であっても、買取相場上限の査定額が付いている可能性はほとんどありません。

それは、売り手と買い手の間に複数の業者が介入するため中間マージンが取られ、その分査定額が下がってしまうからです。

また、クルマの一括査定サービスが提携している業者は、全国に星の数ほどある中古車買取業者うち、最大でも10社に過ぎません。

これでは、相場上限の査定額を望むのは難しいですね。

一方、ユーカーパックは業者が直接ユーカーパックに出品中のクルマに入札できるため、中間マージンが発生しません。

さらに、最大5,000社もの業者が入札する仕組みなので、相場上限の査定額が付く可能性が極めて高くなります。

このように、ユーカーパックはクルマの一括査定と比べた場合、ユーザーにとって圧倒的なメリットがあるのです。

クルマを手放すことを検討しているなら、是非ユーカーパックを利用してみてください!

ローラでおなじみ【ユー カーパック】

駐車支援装備の設定がある輸入コンパクトカー&コンパクトSUVはコレ!

駐車

国産車にない魅力を持つ輸入車に憧れを抱いている人は多いのではないでしょうか?

でも駐車に苦手意識があり、駐車がスムーズに行えないため目立つ輸入車の購入に踏み切れない、という人もいるかもしれませんね。

しかし、駐車支援装備が付いていればそんな悩みも解消できます。

ここでは輸入コンパクトカーや輸入コンパクトSUVの中から、駐車支援装備がオプション設定されている車種を紹介しますので参考にどうぞ。

駐車支援装備の設定がある輸入コンパクトカー&コンパクトSUV一覧

駐車支援装備がオプション設定されている輸入コンパクトカー&コンパクトSUVは、以下の13車種です。

メーカー 車名 駐車支援装備が設定されているグレード 駐車支援装備の名称 オプション価格 (円)
フォルクスワーゲン ポロ TSIトレンドラインを除く全車にオプション設定 パークアシスト 132,000~275,000
フォルクスワーゲン ゴルフ TDIアクティブアドバンスに標準装備、eTSIアクティブ / スタイル / Rライン、TDIスタイル  / Rライン、GTIにオプション設定 パークアシスト 176,000~242,000
フォルクスワーゲン T-クロス TSI Rラインに標準装備、それ以外のグレードにオプション設定 パークアシスト 297,000~330,000
メルセデス・ベンツ Aクラス 全車に標準装備 アクティブパーキングアシスト
メルセデス・ベンツ Bクラス 全車に標準装備 アクティブパーキングアシスト
メルセデス・ベンツ GLAクラス 全車に標準装備 アクティブパーキングアシスト
BMW 1シリーズ 全車に標準装備 パーキングアシスト
BMW X1 全車に標準装備 パーキングアシスト
ミニ 3ドア クーパーS / クーパーSD / JCWにオプション設定 パーキングアシスト 155,000
ミニ  5ドア クーパーS / クーパーSDにオプション設定 パーキングアシスト 155,000
ミニ  コンバーチブル クーパーS / JCWにオプション設定 パーキングアシスト 114,000
ミニ クラブマン バッキンガム / クーパーS / クーパーSD / JCWにオプション設定 パーキングアシスト 103,000
ミニ クロスオーバー バッキンガム / クーパーSD / クーパーSE / JCWにオプション設定 パーキングアシスト 103,000

メーカー別で見るとフォルクスワーゲンが3車種、メルセデス・ベンツが3車種、BMWが2車種、ミニが5車種で、すべてドイツのメーカーとなっています。

カテゴリー別ではコンパクトカーが7車種、コンパクトSUVが4車種です。

また、駐車支援装備が全車に標準装備されるのはメルセデス・ベンツ・Aクラス およびBクラス、BMW・1シリーズの3車種で、一部グレードに標準装備されるのがフォルクスワーゲン・ゴルフおよびT-クロスの2車種。

上記以外はすべてメーカーオプション扱いとなっています。

続いて、各車種の駐車支援装備をくわしく見てみましょう。

■ フォルクスワーゲン・ポロ

駐車支援装備
引用:volkswagen.co.jp/polo

フォルクスワーゲンのエントリーモデル、ポロでは最廉価グレードTSIトレンドラインを除く全車に駐車支援装備「パークアシスト」がメーカーオプション設定されています。

駐車支援装備
引用:volkswagen.co.jp/polo

駐車したい場所でスイッチを押すとシステムが駐車可能なスペースを検出し、自動でステアリング操作を行う機能で、縦列駐車と車庫入れ (並列駐車) に対応。

アクセル・ブレーキ操作やシフト操作は、ガイドの指示に従い自分で行う必要があります。

■ フォルクスワーゲン・ゴルフ

引用:volkswagen.co.jp/golf

ポロの兄貴分で、Cセグメントコンパクトカーのベンチマークと言われるゴルフもパークアシストを設定。

引用:volkswagen.co.jp/polo

ディーゼル車のTDIアクティブアドバンスに標準装備、マイルドハイブリッド車のeTSIアクティブ / スタイル / Rラインと、ガソリン車のTDIスタイル  / Rライン、ホットハッチのGTIにメーカーオプション設定されています。

■ フォルクスワーゲン・T-クロス

駐車支援装備
volkswagen.co.jp/t-cross

フォルクスワーゲンのコンパクトSUVの末っ子、T-クロスではTSI Rラインにパークアシストを標準装備。

駐車支援装備
volkswagen.co.jp/t-cross

その他のグレードもメーカーオプションで装着が可能です。

■ メルセデスベンツ・Aクラス

駐車支援装備
引用:mercedes-benz.co.jp/a-class

メルセデス・ベンツのエントリーモデル、Aクラスは全車に駐車支援装備の「アクティブパーキングアシスト」が標準で備わります。

駐車支援装備
引用:mercedes-benz.co.jp/a-class

こちらは駐車したい場所の近くでスイッチを押すと、ステアリング操作だけでなくアクセル・ブレーキ・シフト操作まで自動で行ってくれるのが特徴。

縦列駐車・並列駐車に対応します。

ペダルやシフト操作を自分で行う必要があるフォルクスワーゲンのパークアシストより機能性はワンランク上です。

■ メルセデスベンツ・Bクラス

駐車支援装備
引用:mercedes-benz.co.jp/b-class

Aクラスよりワンランク上に位置するBクラスも、全車にアクティブパーキングアシストを標準装備。

駐車支援装備
引用:mercedes-benz.co.jp/b-class

■ メルセデスベンツ・GLAクラス

引用:mercedes-benz.co.jp/gla

メルセデス・ベンツのコンパクトSUV、GLAクラスも全車にアクティブパーキングアシストを標準装備します。

■ BMW・1シリーズ

駐車支援装備
引用:bmw.co.jp/bmw-1-series

BMWのエントリーモデル、1シリーズも全車に駐車支援装備が標準で備わります。

「パーキングアシスト」と呼ばれ、こちらは自動で行ってくれるのはステアリング操作のみで、アクセル・ブレーキ・シフト操作は自分で行うタイプです。

並列駐車・縦列駐車どちらにも対応します。

■ BMW・X1

引用:bmw.co.jp/X1

BMWのコンパクトSUV、X1も全車にパーキングアシストを標準装備します。

引用:bmw.co.jp/X1

■ ミニ・3ドア

駐車支援装備
引用:mini.jp/mini-3-door

ミニのベースモデルである3ドアは、ホットハッチのクーパーS / クーパーSD / JCW (ジョンクーパーワークス) に駐車支援装備「パーキングアシスト」がメーカーオプション設定されています。

駐車支援装備
引用:mini.jp/mini-3-door

機能はBMW・1シリーズと同じで、ステアリング操作のみ自動で行うタイプです。

■ ミニ・5ドア

駐車支援装備
引用:mini.jp/mini-5-door

ミニの5ドアでは、クーパーS / クーパーSDにパーキングアシストがメーカーオプション設定されています。

■ ミニ・コンバーチブル

駐車支援装備
引用:mini.jp/mini-convertible

ミニの4座オープンモデル、コンバーチブルはクーパーS / JCWにパーキングアシストをメーカーオプション設定。

■ ミニ・クラブマン

駐車支援装備
引用:mini.jp/mini-clubman

ミニシリーズのステーションワゴン、クラブマンではバッキンガム / クーパーS / クーパーSD / JCWにパーキングアシストがメーカーオプション設定されています。

■ ミニ・クロスオーバー

駐車支援装備
引用:mini.jp/mini-crossover

ミニシリーズ最大のモデル、クロスオーバーではバッキンガム / クーパーSD / クーパーSE / JCWにパーキングアシストをメーカーオプション設定。

■ 関連記事 (クリックするとサイト内の別ページに飛びます)

□ 駐車支援装備の設定がある国産コンパクトカー&コンパクトSUVはコレ!

■ 愛車を高く売る最善の方法とは!?

ところで、いま乗っている愛車を少しでも高く手放したいと思っていませんか?

その方法として、クルマの一括査定の利用を考えているかもしれません。

しかし、愛車を少しでも高く、かつ面倒な手間をかけずに売りたいなら、クルマの一括査定よりも「ユーカーパック」の方が断然おすすめです!

ローラでおなじみ【ユー カーパック】

ユーカーパックをおすすめする理由は、以下にあげる5つあります。

1.電話対応が一度だけで済む

クルマの一括査定でまず問題なのが、申し込みをしたとたん多くの業者から次々と電話がかかってくることです。

いちいち対応をするのは大変ですし、仕事中に電話がかかってきて困惑することも・・・。

その点、ユーカーパックなら電話対応が一度だけで済むので、煩わしさがありません。

2.査定が短時間で終了する

クルマの一括査定は、業者ごとに査定日の段取りを決める必要があります。

それだけでも結構な手間ですし、全ての査定が終了するまでに時間がかかってしまうのも難点。

それに対し、ユーカーパックは査定が一回で済むので手間いらずですし、その場で査定額が分かるので便利です。

3.業者からプレッシャーをかけられる心配がない

クルマの一括査定でやって来る大抵の業者は、「うちはどこよりも高い査定額を付ける自信があります。だからいますぐ売ってください!先送りにしたらどんどん査定額が下がってしまいますよ!」などとプレッシャーをかけてきます。

よほど駆け引きの得意な人でない限り、すべての業者に査定してもらう前にどこかしらの業者に押し切られ、不本意ながら売買契約を結んでしまう結果になりかねません。

一方、ユーカーパックは業者がオークション形式で入札する方式なので、オークション終了まで業者と関わる必要がありません。

最終的に関わる業者は、落札した業者1社のみで済みます。

業者からのプレッシャーに悩まされずに済むことも、ユーカーパックの大きなメリットと言えるでしょう。

4.個人情報が流出する心配がない

クルマの一括査定を利用すると、実際に査定を受けるか否かにかかわらず、提携しているすべての業者に個人情報が流れてしまいます。

その結果、連日のようにしつこく営業メールが送られてくるかもしれません。

ユーカーパックは最終的に落札した業者にしか個人情報が渡らないので、そんな心配は無用です。

5.買取価格が高い!

クルマの一括査定の場合、一番高い査定額を付けてくれた業者であっても、買取相場上限の査定額が付いている可能性はほとんどありません。

それは、売り手と買い手の間に複数の業者が介入するため中間マージンが取られ、その分査定額が下がってしまうからです。

また、クルマの一括査定サービスが提携している業者は、全国に星の数ほどある中古車買取業者うち、最大でも10社に過ぎません。

これでは、相場上限の査定額を望むのは難しいですね。

一方、ユーカーパックは業者が直接ユーカーパックに出品中のクルマに入札できるため、中間マージンが発生しません。

さらに、最大5,000社もの業者が入札する仕組みなので、相場上限の査定額が付く可能性が極めて高くなります。

このように、ユーカーパックはクルマの一括査定と比べた場合、ユーザーにとって圧倒的なメリットがあるのです。

クルマを手放すことを検討しているなら、是非ユーカーパックを利用してみてください!

ローラでおなじみ【ユー カーパック】

駐車支援装備の設定がある国産コンパクトカー&コンパクトSUVはコレ!

駐車

コンパクトカーやコンパクトSUVは扱いやすいボディサイズや小回り性の高さから、基本的に駐車は難しくありません。

とは言え駐車に苦手意識のある人からすれば、駐車支援装備があった方がベターでしょう。

ここでは駐車支援装備がオプション設定されている国産コンパクトカー&コンパクトSUVを紹介しますので、車種選びの参考にどうぞ。

駐車支援装備の設定がある国産コンパクトカー&コンパクトSUV一覧

駐車支援装備がオプション設定されている国産コンパクトカー&コンパクトSUVは、以下のとおりです。

メーカー 車名 駐車支援装備が選べるグレード 駐車支援装備の名称 オプション価格 (円)
トヨタ ライズ Z / G スマートパノラマパーキングアシスト 147,400
トヨタ ヤリス ハイブリッド全車 アドバンストパーク 77,000~93,500
トヨタ アクア 全車 アドバンストパーク 97,900~188,100
トヨタ ヤリスクロス ハイブリッド全車 アドバンストパーク 77,000~93,500
ダイハツ ロッキー Lを除く全車 スマートパノラマパーキングアシスト 69,300~228,800

カテゴリー別に見ると、駐車支援装備がオプションで選べるコンパクトカーはトヨタのヤリスのアクアの2車種。

コンパクトSUVでは、トヨタのライズとヤリスクロス、およびダイハツ・ロッキー (ライズの姉妹車車種) の3車種となります。

全5車種のうちトヨタ車が4車種を占め、残る1車種がダイハツ車です。

続いて、各車種の駐車支援装備をくわしく見てみましょう。

■ トヨタ・ライズ

国産コンパクトカー駐車支援装備
引用:toyota.jp/raize

トヨタのコンパクトSUV、ライズはダイハツ・ロッキーのOEM車 (相手先供給品) で、デザインの若干の違いを除き基本的に2台は同じ車です。

ライズで駐車支援装備「スマートパノラマパーキングアシスト」がオプション設定されているのは、上級グレードZと中級グレードGの2タイプ。

スマートパノラマパーキングアシストは、駐車スペースの白線の横で一旦停車してスイッチを押すと作動します。

引用:toyota.jp/raize

あとはクルマの方が自動でステアリング操作を行ってくれるので、ドライバーは音声ガイダンスに従ってアクセル&ブレーキ操作とシフト操作をするだけです。

スマートパノラマパーキングアシストは並列駐車だけでなく、縦列駐車にも対応します。

引用:toyota.jp/raize

アクセル&ブレーキの操作はドライバーが行う必要があるものの、駐車時で一番難しいのはステアリング操作なので、利便性は十分と言えるでしょう。

■ トヨタ・ヤリス

国産コンパクトカー駐車支援装備
引用:toyota.jp/yaris

トヨタのコンパクトカー、ヤリスにはガソリン車とハイブリッドがありますが、ハイブリッドには全グレードに駐車支援装備をオプション設定。

駐車支援装備の名称は「アドバンストパーク」で、スマートパノラマパーキングアシストと異なりステアリング操作だけでなく、アクセル&ブレーキ操作も自動で行ってくれます。

引用:toyota.jp/yaris

さらに障害物を検知した場合、警報を鳴らすと同時にブレーキを掛けて衝突を防ぐ機能も搭載。

また駐車スペースに白線がなくても、事前に駐車位置を登録しておけば自動駐車が可能です。

このようにアドバンストパークは、スマートパノラマパーキングアシストよりワンランク上の機能性を備えています。

■ トヨタ・アクア

国産コンパクトカー駐車支援装備
引用:toyota.jp/aqua

トヨタのハイブリッド専用コンパクトカー、アクアは全車に駐車支援装備のアドバンストパークをオプション設定。

引用:toyota.jp/aqua

機能性に関しては、ヤリスのアドバンストパークと同一です。

ただしオプション価格を比較すると、アクアの上級グレードでは複数の予防安全装備が抱き合わせとなるため、かなり高額になっています。

■ トヨタ・ヤリスクロス

国産コンパクトカー駐車支援装備
引用:toyota.jp/yariscross

トヨタのコンパクトSUV、ヤリスクロスの場合もハイブリッド全車に駐車支援装備のアドバンストパークがオプション設定されています。

引用:toyota.jp/yariscross

ヤリスがベースのモデルということもあり、オプション価格もヤリスと同一です。

■ ダイハツ・ロッキー

国産コンパクトカー駐車支援装備
引用:daihatsu.co.jp/rocky

トヨタ・ライズのオリジナルモデルと言えるのがダイハツ・ロッキーです。

もちろんライズ同様に、駐車支援装備のスマートパノラマパーキングアシストをオプションで用意。

引用:daihatsu.co.jp/rocky

最廉価グレードLを除く全車で選べますが、オプション価格はセット内容が異なるため、ライズと比べグレードによる価格レンジの開きが大きくなっています。

■ 関連記事 (クリックするとサイト内の別ページに飛びます)

□ 駐車支援装備の設定がある軽自動車はコレ!

■ 愛車を高く売る最善の方法とは!?

ところで、いま乗っている愛車を少しでも高く手放したいと思っていませんか?

その方法として、クルマの一括査定の利用を考えているかもしれません。

しかし、愛車を少しでも高く、かつ面倒な手間をかけずに売りたいなら、クルマの一括査定よりも「ユーカーパック」の方が断然おすすめです!

ローラでおなじみ【ユー カーパック】

ユーカーパックをおすすめする理由は、以下にあげる5つあります。

1.電話対応が一度だけで済む

クルマの一括査定でまず問題なのが、申し込みをしたとたん多くの業者から次々と電話がかかってくることです。

いちいち対応をするのは大変ですし、仕事中に電話がかかってきて困惑することも・・・。

その点、ユーカーパックなら電話対応が一度だけで済むので、煩わしさがありません。

2.査定が短時間で終了する

クルマの一括査定は、業者ごとに査定日の段取りを決める必要があります。

それだけでも結構な手間ですし、全ての査定が終了するまでに時間がかかってしまうのも難点。

それに対し、ユーカーパックは査定が一回で済むので手間いらずですし、その場で査定額が分かるので便利です。

3.業者からプレッシャーをかけられる心配がない

クルマの一括査定でやって来る大抵の業者は、「うちはどこよりも高い査定額を付ける自信があります。だからいますぐ売ってください!先送りにしたらどんどん査定額が下がってしまいますよ!」などとプレッシャーをかけてきます。

よほど駆け引きの得意な人でない限り、すべての業者に査定してもらう前にどこかしらの業者に押し切られ、不本意ながら売買契約を結んでしまう結果になりかねません。

一方、ユーカーパックは業者がオークション形式で入札する方式なので、オークション終了まで業者と関わる必要がありません。

最終的に関わる業者は、落札した業者1社のみで済みます。

業者からのプレッシャーに悩まされずに済むことも、ユーカーパックの大きなメリットと言えるでしょう。

4.個人情報が流出する心配がない

クルマの一括査定を利用すると、実際に査定を受けるか否かにかかわらず、提携しているすべての業者に個人情報が流れてしまいます。

その結果、連日のようにしつこく営業メールが送られてくるかもしれません。

ユーカーパックは最終的に落札した業者にしか個人情報が渡らないので、そんな心配は無用です。

5.買取価格が高い!

クルマの一括査定の場合、一番高い査定額を付けてくれた業者であっても、買取相場上限の査定額が付いている可能性はほとんどありません。

それは、売り手と買い手の間に複数の業者が介入するため中間マージンが取られ、その分査定額が下がってしまうからです。

また、クルマの一括査定サービスが提携している業者は、全国に星の数ほどある中古車買取業者うち、最大でも10社に過ぎません。

これでは、相場上限の査定額を望むのは難しいですね。

一方、ユーカーパックは業者が直接ユーカーパックに出品中のクルマに入札できるため、中間マージンが発生しません。

さらに、最大5,000社もの業者が入札する仕組みなので、相場上限の査定額が付く可能性が極めて高くなります。

このように、ユーカーパックはクルマの一括査定と比べた場合、ユーザーにとって圧倒的なメリットがあるのです。

クルマを手放すことを検討しているなら、是非ユーカーパックを利用してみてください!

ローラでおなじみ【ユー カーパック】

駐車支援装備の設定がある軽自動車はコレ!

駐車

軽自動車は車体がコンパクトなので、普通車と比べると駐車は容易です。

とは言え駐車に苦手意識のある人にとっては、軽自動車でも駐車支援装備が欲しくなるでしょう。

ここでは駐車支援装備がオプション設定されている軽自動車を紹介しますので、参考にしてみてください。

駐車支援装備の設定がある軽自動車一覧

軽自動車で駐車支援装備がオプション設定されているのは、以下の6車種です。

メーカー 車名 駐車支援装備が選べるグレード 駐車支援装備の名称 オプション価格 (円)
日産 サクラ G プロパイロットパーキング 55,000
ダイハツ ムーヴキャンバス 全車 スマートパノラマパーキングアシスト 71,500~165,000
ダイハツ タント / タントカスタム Lを除く全車 スマートパノラマパーキングアシスト 90,000~143,000
ダイハツ タフト 全車 スマートパノラマパーキングアシスト 71,500~126,500
スバル シフォン / シフォンカスタム G / GS / カスタムR / カスタムRS スマートパノラマパーキングアシスト 69,300~228,800
三菱 eKクロスEV P マイパイロットパーキング 165,000

続いて、各車種の駐車支援装備をくわしく見てみましょう。

■ 日産・サクラ

軽自動車駐車支援装備
引用:nissan.co.jp/sakura

サクラにはGとXの2グレードが用意されていますが、プロパイロットパーキングと呼ばれる駐車支援装備が選べるのは上級のGグレードのみです。

プロパイロットパーキングの操作は簡単で、駐車したい場所の前に停め「駐車開始」のボタンを押すだけ。

あとはステアリング、アクセル、ブレーキ、シフト操作をすべて自動で行ってくれます。

さらに駐車が終了すると自動でパーキングブレーキも掛けてくれるので、本当に手間いらずです。

通常のバックによる入庫だけでなく、前向き駐車や縦列駐車にも対応します。

これだけの高機能でありながら、オプション価格が55,000円と安いことも魅力です。

■ ダイハツ・ムーヴキャンバス

駐車支援装備
daihatsu.co.jp/move_canbus

ムーヴキャンバスでは、全車に駐車支援装備のパノラマパーキングアシストがオプション設定されています。

スマートパノラマパーキングアシストの操作は、こちらも駐車スペースの白線の横で一旦停車し、スイッチを押すだけ。

駐車支援装備
引用:daihatsu.co.jp/move_canbus

ただし自動で行ってくれるのはステアリング操作のみで、アクセル&ブレーキ操作やシフト操作はガイダンス音声に従ってドライバー自身が行う必要があります。

並列駐車と縦列駐車に対応しますが、前向き駐車には対応しません。

機能的にプロパイロットパーキングと比べかなり見劣りしますが、ステアリング操作を自動で行ってくれるだけでも価値があります。

■ ダイハツ・タント / タントカスタム

軽スーパーハイトワゴン安全性比較
引用:daihatsu.co.jp/tanto

タント / タントカスタムでは、タントのベーシックグレード「L」を除く全車に駐車支援装備のパノラマパーキングアシストがオプション設定されています。

ちなみに、軽自動車で駐車支援装備が設定されたのはタント / タントカスタムが初です。

軽自動車駐車支援装備
引用:daihatsu.co.jp/tanto

スマートパノラマパーキングアシストの操作方法は、ムーヴキャンバスと同じです。

軽自動車駐車支援装備
引用:daihatsu.co.jp/tanto

■ ダイハツ・タフト

軽SUV
引用:daihatsu.co.jp/taft

タフトでは、全車にスマートパノラマパーキングアシストがオプション設定されています。

軽自動車駐車支援装備
引用:daihatsu.co.jp/taft

システムの操作方法や機能などはタント / タントカスタムとまったく同じです。

ただ、オプション価格はタフトの方が低めの設定になっています。

■ スバル・シフォン / シフォンカスタム

軽トールワゴン
引用:subaru.jp/chiffon

シフォン / シフォンカスタムでスマートパノラマパーキングアシストが選べるグレードは、シフォンG / GSとシフォンカスタムR / RSの4タイプ。

軽自動車駐車支援装備
引用:subaru.jp/chiffon

タント / タントカスタムのOEM車 (相手先供給品) なので、当然ながらスマートパノラマパーキングアシストの内容も共通です。

ただしオプション価格はセット内容が異なるため、かなり違いがあります。

■ 三菱・eKクロスEV

軽自動車駐車支援装備
引用:mitsubishi-mtors.co.jp/ek_x_ev

eKクロスEVのグレード体系ははPとGの2タイプで、そのうちマイパイロットパーキングと呼ばれる駐車支援装備が選べるのは上級のPです。

eKクロスEVはサクラの兄弟車種なので、マイパイロットパーキングの機能・性能は名前こそ違えどサクラのプロパイロットパーキングと共通。

ただし、eKクロスEVのマイパイロットパーキングはセットオプションなので、価格は165,000円とサクラのプロパイロットパーキングよりかなり高額になっています。

■ 関連記事 (クリックするとサイト内の別ページに飛びます)

□ 駐車支援装備の設定がある国産コンパクトカー&コンパクトSUVはコレ!

■ 愛車を高く売る最善の方法とは!?

ところで、いま乗っている愛車を少しでも高く手放したいと思っていませんか?

その方法として、クルマの一括査定の利用を考えているかもしれません。

しかし、愛車を少しでも高く、かつ面倒な手間をかけずに売りたいなら、クルマの一括査定よりも「ユーカーパック」の方が断然おすすめです!

ローラでおなじみ【ユー カーパック】

ユーカーパックをおすすめする理由は、以下にあげる5つあります。

1.電話対応が一度だけで済む

クルマの一括査定でまず問題なのが、申し込みをしたとたん多くの業者から次々と電話がかかってくることです。

いちいち対応をするのは大変ですし、仕事中に電話がかかってきて困惑することも・・・。

その点、ユーカーパックなら電話対応が一度だけで済むので、煩わしさがありません。

2.査定が短時間で終了する

クルマの一括査定は、業者ごとに査定日の段取りを決める必要があります。

それだけでも結構な手間ですし、全ての査定が終了するまでに時間がかかってしまうのも難点。

それに対し、ユーカーパックは査定が一回で済むので手間いらずですし、その場で査定額が分かるので便利です。

3.業者からプレッシャーをかけられる心配がない

クルマの一括査定でやって来る大抵の業者は、「うちはどこよりも高い査定額を付ける自信があります。だからいますぐ売ってください!先送りにしたらどんどん査定額が下がってしまいますよ!」などとプレッシャーをかけてきます。

よほど駆け引きの得意な人でない限り、すべての業者に査定してもらう前にどこかしらの業者に押し切られ、不本意ながら売買契約を結んでしまう結果になりかねません。

一方、ユーカーパックは業者がオークション形式で入札する方式なので、オークション終了まで業者と関わる必要がありません。

最終的に関わる業者は、落札した業者1社のみで済みます。

業者からのプレッシャーに悩まされずに済むことも、ユーカーパックの大きなメリットと言えるでしょう。

4.個人情報が流出する心配がない

クルマの一括査定を利用すると、実際に査定を受けるか否かにかかわらず、提携しているすべての業者に個人情報が流れてしまいます。

その結果、連日のようにしつこく営業メールが送られてくるかもしれません。

ユーカーパックは最終的に落札した業者にしか個人情報が渡らないので、そんな心配は無用です。

5.買取価格が高い!

クルマの一括査定の場合、一番高い査定額を付けてくれた業者であっても、買取相場上限の査定額が付いている可能性はほとんどありません。

それは、売り手と買い手の間に複数の業者が介入するため中間マージンが取られ、その分査定額が下がってしまうからです。

また、クルマの一括査定サービスが提携している業者は、全国に星の数ほどある中古車買取業者うち、最大でも10社に過ぎません。

これでは、相場上限の査定額を望むのは難しいですね。

一方、ユーカーパックは業者が直接ユーカーパックに出品中のクルマに入札できるため、中間マージンが発生しません。

さらに、最大5,000社もの業者が入札する仕組みなので、相場上限の査定額が付く可能性が極めて高くなります。

このように、ユーカーパックはクルマの一括査定と比べた場合、ユーザーにとって圧倒的なメリットがあるのです。

クルマを手放すことを検討しているなら、是非ユーカーパックを利用してみてください!

ローラでおなじみ【ユー カーパック】

各メーカーの一番価格の安い車種を紹介~輸入車編

低価格車

を輸入車には高額なイメージがありますが、比較的廉価な車種もあります。

海外の各メーカーの車種の中で、一番安い車種がなにか気になりませんか?

ここでは日本に正規輸入されている車種に的を絞り、一番価格の安い車種を調べてみました。

(※当サイトのポリシーに基づき、高級車専門メーカーやスポーツカー専門メーカーは除外しています)

■ フォルクスワーゲンで一番価格の安い車種は「ポロ」 2,572,000円~

低価格車
引用:volkswagen.co.jp/polo

ドイツのフォルクスワーゲンで一番価格の安い車種は、Bセグメントコンパクトカーのポロです。

最廉価グレード「TSI アクティブベーシック」の価格は257万2,000円。

以前は「アップ!」という100万円台で手に入るAセグメントコンパクトカーがあったのですが、すでに生産終了になっているため、現状ポロがフォルクスワーゲンの最廉価モデルです。

■ アウディで一番価格の安い車種は「A1スポーツバック」 3,000,000円~

低価格車
引用:audi.co.jp/a1

ドイツのアウディで一番価格の安い車種は、BセグメントコンパクトカーのA1スポーツバックです。

一番安いグレードは「25 TFSI」で、価格は300万円ジャスト。

先ほどのポロとプラットフォームやパワートレインを共有する兄弟車種の関係にありますが、プレミアムコンパクトという性格上、ポロよりかなり高額に設定されています。

■ メルセデス・ベンツで一番価格の安い車種は「Aクラス」  4,270,000円

低価格車
引用:mercedes-benz.co.jp/a-class

ドイツのメルセデス・ベンツで一番価格の安い車種は、CセグメントコンパクトカーのAクラスです。

最廉価グレード「A180」の価格は427円。

現行型がデビューした当初は322万円だったのですが、一部改良や円安に伴う価格改定により、100万円以上高くなってしまいました。

■ BMWで一番価格の安い車種は「1シリーズ 」 4,170,000円~

低価格車
引用:bmw.co.jp/1-siries

ドイツのBMWで一番価格の安い車種は、Cセグメントコンパクトカーの1シリーズです。

最廉価グレード「118i プレイ」の価格は417万円。

現行型発売当初の334万円からすると、やはりかなり価格がアップしています。

■ ミニで一番価格の安い車種は「3ドア 」 2,980,000円~

低価格車
引用:mini.jp/mini-3-door

ドイツのミニで一番価格の安い車種は、基本モデルとも言える「3ドア」です。

最廉価グレード「ワン」の価格は298万円。

2017年に現行型が登場したときの価格は230万円だったので、パワートレイン変更などはあったとは言え、やはりかなり高額になっています。

■ ルノーで一番価格の安い車種は「トゥインゴ」 2,250,000円~

低価格車
引用:renault.jp/twingo

フランスのルノーで一番価格の安い車種は、Aセグメントコンパクトカーのトゥインゴです。

最廉価グレードの「インテンスMT」は225万円に価格設定されています。

現在新車で手に入るもっとも安価な輸入車です。

■ プジョーで一番価格の安い車種は「208」  2,708,000円

低価格車
引用:peugeot.co.jp/peugeot-e-208

フランスのプジョーで一番価格の安い車種は、Bセグメントコンパクトカーの208です。

最廉価グレード「スタイル」の価格は270万8,000円。

2020年に導入された当初は240万円を切っていたので、大分価格が上がっています。

■ シトロエンで一番価格の安い車種は「C3」  2,545,000円~

低価格車
引用:citroen.jp/new-c3

シトロエンで一番価格の安い車種は、BセグメントコンパクトカーのC3です。

廉価グレード「フィール」の価格は254万5,000円。

2017年に導入されたときの価格は216万円だったので、やはり価格はアップしています。

■ フィアットで一番価格の安い車種は「500」  2,360,000円~

低価格車
引用:fiat-auto.co.jp/500

フィアットで一番価格の安い車種は、500です。

カタロググレードでもっとも廉価な「1.2 カルト」の価格は236万円。

円高の影響などもあり、かつてよりかなり値上がりしてしまいました。

■ 関連記事 (クリックするとサイト内の別ページに飛びます)

□ 新車価格の安い輸入車ベスト10を発表!!

■ 愛車を高く売る最善の方法とは!?

ところで、いま乗っている愛車を少しでも高く手放したいと思っていませんか?

その方法として、クルマの一括査定の利用を考えているかもしれません。

しかし、愛車を少しでも高く、かつ面倒な手間をかけずに売りたいなら、クルマの一括査定よりも「ユーカーパック」の方が断然おすすめです!

ローラでおなじみ【ユー カーパック】

ユーカーパックをおすすめする理由は、以下にあげる5つあります。

1.電話対応が一度だけで済む

クルマの一括査定でまず問題なのが、申し込みをしたとたん多くの業者から次々と電話がかかってくることです。

いちいち対応をするのは大変ですし、仕事中に電話がかかってきて困惑することも・・・。

その点、ユーカーパックなら電話対応が一度だけで済むので、煩わしさがありません。

2.査定が短時間で終了する

クルマの一括査定は、業者ごとに査定日の段取りを決める必要があります。

それだけでも結構な手間ですし、全ての査定が終了するまでに時間がかかってしまうのも難点。

それに対し、ユーカーパックは査定が一回で済むので手間いらずですし、その場で査定額が分かるので便利です。

3.業者からプレッシャーをかけられる心配がない

クルマの一括査定でやって来る大抵の業者は、「うちはどこよりも高い査定額を付ける自信があります。だからいますぐ売ってください!先送りにしたらどんどん査定額が下がってしまいますよ!」などとプレッシャーをかけてきます。

よほど駆け引きの得意な人でない限り、すべての業者に査定してもらう前にどこかしらの業者に押し切られ、不本意ながら売買契約を結んでしまう結果になりかねません。

一方、ユーカーパックは業者がオークション形式で入札する方式なので、オークション終了まで業者と関わる必要がありません。

最終的に関わる業者は、落札した業者1社のみで済みます。

業者からのプレッシャーに悩まされずに済むことも、ユーカーパックの大きなメリットと言えるでしょう。

4.個人情報が流出する心配がない

クルマの一括査定を利用すると、実際に査定を受けるか否かにかかわらず、提携しているすべての業者に個人情報が流れてしまいます。

その結果、連日のようにしつこく営業メールが送られてくるかもしれません。

ユーカーパックは最終的に落札した業者にしか個人情報が渡らないので、そんな心配は無用です。

5.買取価格が高い!

クルマの一括査定の場合、一番高い査定額を付けてくれた業者であっても、買取相場上限の査定額が付いている可能性はほとんどありません。

それは、売り手と買い手の間に複数の業者が介入するため中間マージンが取られ、その分査定額が下がってしまうからです。

また、クルマの一括査定サービスが提携している業者は、全国に星の数ほどある中古車買取業者うち、最大でも10社に過ぎません。

これでは、相場上限の査定額を望むのは難しいですね。

一方、ユーカーパックは業者が直接ユーカーパックに出品中のクルマに入札できるため、中間マージンが発生しません。

さらに、最大5,000社もの業者が入札する仕組みなので、相場上限の査定額が付く可能性が極めて高くなります。

このように、ユーカーパックはクルマの一括査定と比べた場合、ユーザーにとって圧倒的なメリットがあるのです。

クルマを手放すことを検討しているなら、是非ユーカーパックを利用してみてください!

ローラでおなじみ【ユー カーパック】

各メーカーの一番価格の安い車種を紹介~国産車編

低価格車

クルマをステータスシンボルとして捉えている人は別として、価格は安い方が嬉しいですよね。

ここでは国産車に的を絞り、各メーカーの一番価格の安い車種を調べてみました。

■ トヨタで一番価格の安い車種は「ピクシス エポック 」 860,200円~

低価格車
引用:toyota.jp/pixisepoch

トヨタで一番価格の安い車種は、軽ハッチバック車のピクシス エポックです。

最廉価グレードの「B」 (2WD車) なら、860,200円という現行車種でもっとも安い価格で購入できます。

なおピクシス エポックはダイハツ・ミラ イースのOEM車 (相手先供給品) で、トヨタの自社設計車種ではヤリス (1,395,000円~) がもっとも安価な車種です。

低価格車
引用:toyota.jp/yaris

■ レクサスで一番価格の安い車種は「CT」 3,869,000円~

低価格車
引用:lexus.jp/ct

レクサスで一番価格の安い車種は、ハッチバック車のCTです。

一番安いグレードは「200h」で、価格は3,869,000円。

さすが高級車ブランドだけあり、最廉価車種と言えど結構高額です。

■ 日産で一番価格の安い車種は「マーチ」  1,289,200円

低価格車
引用:nissan.co.jp/march

日産で一番価格の安い車種は、コンパクトカーのマーチです。

最廉価グレード「S」(2WD車) の価格は1,289,200円。

日産には軽自動車のデイズやルークスもありますが、それらの最廉価グレードよりも安価に設定されています。

■ ホンダで一番価格の安い車種は「N-WGN 」 1,298,000円~

低価格車
引用:honda.co.jp/N-WGN

ホンダで一番価格の安い車種は、軽トールワゴンのN-WGNです。

最廉価グレードの「G」(2WD車) の価格は1,298,000円。

N-WGNはトータルバランスの優れたクルマで、最廉価グレードでも安全装備に抜かりはありません。

■ マツダで一番価格の安い車種は「キャロル 」 998,800円~

低価格車
引用:mazada.co.jp/carol

マツダで一番価格の安い車種は、軽ハッチバック車のキャロルです。

スズキ・アルトのOEM車で、最廉価グレード「GL」(2WD車) の価格は998,800円。

マツダのオリジナル車種では、マツダ2 (1,508,650円~) が最も廉価なモデルです。

低価格車
引用:mazda.co.jp/mazda2

■ ダイハツで一番価格の安い車種は「ミラ イース」  860,200円~

低価格車
引用:daihatsu.co.jp/mira_e-s

ダイハツで一番価格の安い車種は、軽ハッチバック車のミラ イースです。

最初に紹介したトヨタ・ピクシス エポックのオリジナルモデルで、最廉価グレードは同じく「B」で価格も同一の860,200円。

違いはエンブレムくらいで、基本的に2台は同じクルマです。

■ スズキで一番価格の安い車種は「アルト」  943,800円

低価格車
引用:suzuki.co.jp/alto

スズキで一番価格の安い車種は、軽ハッチバック車のアルトです。

OEM版のマツダ・キャロルの最廉価グレードが998,800円なのに対し、アルトの最廉価グレード「A」(2WD車) の価格は943,800円。

安い分快適装備が簡略化されていますが、安全装備は同等なので安心して購入できます。

■ スバルで一番価格の安い車種は「プレオ プラス」  981,200円~

低価格車
引用:subaru.co.jp/pleoplus

スバルで一番価格の安い車種は、軽ハッチバック車のプレオ プラスです。

ダイハツ・ミライースのOEM車ですが、最廉価グレード「F スマートアシスト」(2WD車) はミライースの最廉価グレード「B」より装備が充実しているため、12万円ほど高価に設定されています。

スバルのオリジナル車種で一番価格が安いのは、インプレッサ スポーツ / インプレッサ G4 (2,002,200円~) です。

低価格車
インプレッサ スポーツ (引用:subaru.co.jp/impreza)

■ 三菱自動車で一番価格の安い車種は「ek ワゴン」  1,325,500円~

低価格車
引用:mitsubishi-motors.co.jp/ek_wagon

三菱自動車で一番価格の安い車種は、eK ワゴンです。

最廉価グレード「M」(2WD車) の価格は1,325,500円。

兄弟車種の日産・デイズの最廉価グレードと比べ、2,200円安く設定されています。

■ 光岡自動車で一番価格の安い車種は「ビュート なでしこ」  2,068,000円~

低価格車
引用:mitsuoka-motor.com/viewt-nadeshiko

光岡自動車で一番価格の安い車種は、ビュートなでしこです。

日産・マーチをベースにデザインをレトロ調にアレンジしたモデルで、最廉価グレード「12ST」の価格は2,068,000円。

マーチの最廉価グレードと比べ、80万円近く高額な価格設定になっています。

■ 関連記事 (クリックするとサイト内の別ページに飛びます)

□ 新車価格の安い国産車ベスト10を発表!!

■ 愛車を高く売る最善の方法とは!?

ところで、いま乗っている愛車を少しでも高く手放したいと思っていませんか?

その方法として、クルマの一括査定の利用を考えているかもしれません。

しかし、愛車を少しでも高く、かつ面倒な手間をかけずに売りたいなら、クルマの一括査定よりも「ユーカーパック」の方が断然おすすめです!

ローラでおなじみ【ユー カーパック】

ユーカーパックをおすすめする理由は、以下にあげる5つあります。

1.電話対応が一度だけで済む

クルマの一括査定でまず問題なのが、申し込みをしたとたん多くの業者から次々と電話がかかってくることです。

いちいち対応をするのは大変ですし、仕事中に電話がかかってきて困惑することも・・・。

その点、ユーカーパックなら電話対応が一度だけで済むので、煩わしさがありません。

2.査定が短時間で終了する

クルマの一括査定は、業者ごとに査定日の段取りを決める必要があります。

それだけでも結構な手間ですし、全ての査定が終了するまでに時間がかかってしまうのも難点。

それに対し、ユーカーパックは査定が一回で済むので手間いらずですし、その場で査定額が分かるので便利です。

3.業者からプレッシャーをかけられる心配がない

クルマの一括査定でやって来る大抵の業者は、「うちはどこよりも高い査定額を付ける自信があります。だからいますぐ売ってください!先送りにしたらどんどん査定額が下がってしまいますよ!」などとプレッシャーをかけてきます。

よほど駆け引きの得意な人でない限り、すべての業者に査定してもらう前にどこかしらの業者に押し切られ、不本意ながら売買契約を結んでしまう結果になりかねません。

一方、ユーカーパックは業者がオークション形式で入札する方式なので、オークション終了まで業者と関わる必要がありません。

最終的に関わる業者は、落札した業者1社のみで済みます。

業者からのプレッシャーに悩まされずに済むことも、ユーカーパックの大きなメリットと言えるでしょう。

4.個人情報が流出する心配がない

クルマの一括査定を利用すると、実際に査定を受けるか否かにかかわらず、提携しているすべての業者に個人情報が流れてしまいます。

その結果、連日のようにしつこく営業メールが送られてくるかもしれません。

ユーカーパックは最終的に落札した業者にしか個人情報が渡らないので、そんな心配は無用です。

5.買取価格が高い!

クルマの一括査定の場合、一番高い査定額を付けてくれた業者であっても、買取相場上限の査定額が付いている可能性はほとんどありません。

それは、売り手と買い手の間に複数の業者が介入するため中間マージンが取られ、その分査定額が下がってしまうからです。

また、クルマの一括査定サービスが提携している業者は、全国に星の数ほどある中古車買取業者うち、最大でも10社に過ぎません。

これでは、相場上限の査定額を望むのは難しいですね。

一方、ユーカーパックは業者が直接ユーカーパックに出品中のクルマに入札できるため、中間マージンが発生しません。

さらに、最大5,000社もの業者が入札する仕組みなので、相場上限の査定額が付く可能性が極めて高くなります。

このように、ユーカーパックはクルマの一括査定と比べた場合、ユーザーにとって圧倒的なメリットがあるのです。

クルマを手放すことを検討しているなら、是非ユーカーパックを利用してみてください!

ローラでおなじみ【ユー カーパック】