3ナンバーコンパクトカーの使い勝手を徹底比較!!

3ナンバーコンパクトカー

3ナンバーサイズのコンパクトカーは5ナンバーサイズのコンパクトカーよりも一回り大きく、荷室スペースなどの点で有利です。

しかし、同じ3ナンバーサイズでも車種により室内や荷室の使いやすさには差があります。

ここでは3ナンバーサイズのコンパクトカーを4車種ピックアップし、室内と荷室の使い勝手を徹底的に比較しますので、購入時の参考にどうぞ!

シートアレンジに差はなし

比較する車種は、以下の4台です。

トヨタ・カローラスポーツ 2,200,000円~2,890,000円

3ナンバーコンパクトカー比較
引用:toyota.jp/corollasport

ホンダ・シビック 3,190,000円~3,539,800円

3ナンバーコンパクトカー
引用:honda.co.jp/CIVICHATCHBACK

マツダ・マツダ3ファストバック 2,288,000円~3,842,280円

3ナンバーコンパクトカー使い勝手比較
引用:mazda.co.jp/mazda3

スバル・インプレッサスポーツ 2,002,000円~2,926,000円

3ナンバーコンパクトカー
引用:subaru.jp/impreza

まずシートアレンジについて比較します。

どの車種も助手席を前に倒して長尺物を積みやすくしたり、後ろにフルリクライニングさせて後席とつなげ、車中泊を可能にするような機能はありません。

また後席が6:4分割可倒式になっている点も、4台とも共通です。

つまり、シートアレンジに関しては4台にはまったく違いがない、ということになります。

シートアレンジの総合評価 (5段階)

  • カローラスポーツ 3
  • シビック 3
  • マツダ3ファストバック 3
  • インプレッサスポーツ 3

収納の充実度を比較

次に、4台の収納を運転席、助手席、後席に分けて検証していきます。

■ 運転席の収納は互角

まずは運転席の収納を比べてみましょう。

収納 / 車名 カローラスポーツ シビック マツダ3ファストバック インプレッサスポーツ
ドリンクホルダー
センタートレイ / センターポケット × ×
コンソールトレイ × × ×
コンソールボックス
ボトルホルダー付ドアポケット
オーバーヘッドサングラスホルダー × × ×

〇:全車標準装備
×:設定なし

運転席側の収納は4台とも4か所です。

それぞれ収納の内容に違いはありますが、いずれも必要十分と言えるでしょう。

■ 助手席の収納も互角

次に、助手席の収納を比較します。

収納 / 車名 カローラスポーツ シビック マツダ3ファストバック インプレッサスポーツ
ドリンクホルダー
グローブボックス
ボトルホルダー付ドアポケット

〇:全車標準装備

助手席の収納は、どの車種も3か所で違いはありません。

5ナンバーサイズのコンパクトカーには、助手席側のインパネ上部にオープントレイが用意されていたり、助手席下にアンダートレイが備わる車種があるのですが、ここで取り上げた4台にはそうした収納はありません。

その意味では、どの車種も助手席側の収納は充実しているとは言い難く、不満が残ります。

■ 後席の収納はカローラスポーツがベスト

最後に、後席の収納を比べてみましょう。

収納 / 車名 カローラスポーツ シビック マツダ3ファストバック インプレッサスポーツ
助手席シートバックポケット ×
ボトルホルダー付ドアポケット
リヤボックス × × ×
カップホルダー付センターアームレスト
コートフック × × ×

〇:全車標準装備
×:設定なし

後席の収納はカローラスポーツのみ4か所で、ほかの3台は3か所です。

唯一リヤボックスが備わるカローラスポーツなら、後席の乗員が持ち物の置き場に困ることはないでしょう。

一方、唯一シートバックポケットが備わらないインプレッサスポーツは、不便に感じることがありそうです。

■ 収納の総合評価はカローラスポーツがトップ

すべての席の収納を合計すると、以下のとおりとなります。

  • カローラスポーツ 11か所
  • シビック 10か所
  • マツダ3ファストバック 10か所
  • インプレッサスポーツ   10か所

カローラスポーツが11か所で一番多く、ほかの3台はいずれも10か所です。

後席の収納の数で差を付けた形なので、後席に人を乗せる機会が多いならカローラスポーツがベストの評価になります。

収納の総合評価 (5段階)

  • カローラスポーツ 4
  • シビック 3.5
  • マツダ3ファストバック 3.5
  • インプレッサスポーツ 3.5

■ 荷室容量はシビックハッチバックがトップ

最後に、荷室の使い勝手を比較します。

4台の後席使用時の荷室容量は、以下のとおりです。

  • カローラスポーツ  352L
  • シビック  452L
  • マツダ3ファストバック  334L
  • インプレッサスポーツ 385L

もっとも荷室容量が大きいのはシビックで、以下インプレッサスポーツ、カローラスポーツ、マツダ3ファストバックの順となります。

シビックハッチバックの荷室が一番大きいのは、4台の中で全長が一番長いので当然の結果とも言えるでしょう。

3ナンバーコンパクトカー
シビックハッチバックの荷室 (引用:honda.co.jp/CIVICHATCHBACK)

インプレッサスポーツは荷室容量では2番手ですが、4台の中で唯一フロア下にサブトランクを持っているので、利便性ではむしろシビックハッチバックより上という見方も可能です。

3ナンバーコンパクトカー使い勝手比較
インプレッサスポーツのサブトランク (引用:subaru.jp/impreza)

カローラスポーツは全長は4台で一番短いものの、荷室容量では外装デザイン重視のマツダ3ファストバックに勝ります。

さらにカローラスポーツには、上下2段階に取り付け位置を変えられるデッキボードが付属するので、使い勝手でもマツダ3ファストバックよりも有利です。

3ナンバーコンパクトカー使い勝手比較
カローラスポーツのデッキボード (引用:toyota.jp/corollasport)

マツダ3ファストバックは荷室容量がもっとも小さいだけでなく、サブトランクやデッキボードも備わらないため、評価としては厳しくなってしまいます。

なお、6:4分割可倒式の後席を倒すとほぼフラットな荷室スペースが出現する点は、4台とも共通です。

荷室の評価 (5段階)

  • シビックハッチバック 4.5
  • インプレッサスポーツ 4.5
  • カローラスポーツ 4
  • マツダ3ファストバック 3.5

総合的な使い勝手はマツダ3ファストバックがワーストに

ここまで4台の収納や荷室の広さについて検証してきました。

3つの項目の得点を合計すると、以下の通りになります。

使い勝手の総合評価 (15点満点)

  • カローラスポーツ 11
  • シビック 11
  • インプレッサスポーツ 11
  • マツダ3ファストバック 10

使い勝手の総合評価はカローラスポーツ、シビック、インプレッサスポーツの3台が横並びで、マツダ3ファストバックのみやや劣っています。

カローラスポーツは後席の収納が、シビックは荷室容量が、インプレッサスポーツは荷室の使い勝手が秀逸ですが、マツダ3ファストバックは特に秀でた要素がないことが響きました。

後席に人を乗せる機会が多いならカローラスポーツ、荷室を重視するならシビックかインプレッサスポーツということになります。

■ 関連記事 (クリックするとサイト内の別ページに飛びます)

□ 3ナンバーコンパクトカーの運転しやすさを徹底比較!!

□ 3ナンバーコンパクトカーの快適性を徹底比較!!

□ 3ナンバーコンパクトカーの走行性能を徹底比較!!

■ 愛車を高く売る最善の方法とは!?

ところで、いま乗っている愛車を少しでも高く手放したいと思っていませんか?

その方法として、クルマの一括査定の利用を考えているかもしれません。

しかし、愛車を少しでも高く、かつ面倒な手間をかけずに売りたいなら、クルマの一括査定よりも「ユーカーパック」の方が断然おすすめです!

ローラでおなじみ【ユー カーパック】

ユーカーパックをおすすめする理由は、以下にあげる5つあります。

1.電話対応が一度だけで済む

クルマの一括査定でまず問題なのが、申し込みをしたとたん多くの業者から次々と電話がかかってくることです。

いちいち対応をするのは大変ですし、仕事中に電話がかかってきて困惑することも・・・。

その点、ユーカーパックなら電話対応が一度だけで済むので、煩わしさがありません。

2.査定が短時間で終了する

クルマの一括査定は、業者ごとに査定日の段取りを決める必要があります。

それだけでも結構な手間ですし、全ての査定が終了するまでに時間がかかってしまうのも難点。

それに対し、ユーカーパックは査定が一回で済むので手間いらずですし、その場で査定額が分かるので便利です。

3.業者からプレッシャーをかけられる心配がない

クルマの一括査定でやって来る大抵の業者は、「うちはどこよりも高い査定額を付ける自信があります。だからいますぐ売ってください!先送りにしたらどんどん査定額が下がってしまいますよ!」などとプレッシャーをかけてきます。

よほど駆け引きの得意な人でない限り、すべての業者に査定してもらう前にどこかしらの業者に押し切られ、不本意ながら売買契約を結んでしまう結果になりかねません。

一方、ユーカーパックは業者がオークション形式で入札する方式なので、オークション終了まで業者と関わる必要がありません。

最終的に関わる業者は、落札した業者1社のみで済みます。

業者からのプレッシャーに悩まされずに済むことも、ユーカーパックの大きなメリットと言えるでしょう。

4.個人情報が流出する心配がない

クルマの一括査定を利用すると、実際に査定を受けるか否かにかかわらず、提携しているすべての業者に個人情報が流れてしまいます。

その結果、連日のようにしつこく営業メールが送られてくるかもしれません。

ユーカーパックは最終的に落札した業者にしか個人情報が渡らないので、そんな心配は無用です。

5.買取価格が高い!

クルマの一括査定の場合、一番高い査定額を付けてくれた業者であっても、買取相場上限の査定額が付いている可能性はほとんどありません。

それは、売り手と買い手の間に複数の業者が介入するため中間マージンが取られ、その分査定額が下がってしまうからです。

また、クルマの一括査定サービスが提携している業者は、全国に星の数ほどある中古車買取業者うち、最大でも10社に過ぎません。

これでは、相場上限の査定額を望むのは難しいですね。

一方、ユーカーパックは業者が直接ユーカーパックに出品中のクルマに入札できるため、中間マージンが発生しません。

さらに、最大5,000社もの業者が入札する仕組みなので、相場上限の査定額が付く可能性が極めて高くなります。

このように、ユーカーパックはクルマの一括査定と比べた場合、ユーザーにとって圧倒的なメリットがあるのです。

クルマを手放すことを検討しているなら、是非ユーカーパックを利用してみてください!

ローラでおなじみ【ユー カーパック】