3ナンバーコンパクトカーの運転しやすさを徹底比較!!

3ナンバーコンパクトカー

3ナンバーサイズのコンパクトカーは、5ナンバーサイズのコンパクトカーよりも室内スペースや走行安定性の点で有利です。

しかしボディが一回り大きいため、狭い路地や駐車場で運転しづらいのではないかと、気がかりな人もいることでしょう。

そこで3ナンバーコンパクトカー4台をピックアップし、さまざまな観点から運転のしやすさを検証してみました。

ボディサイズで有利なのはカローラスポーツとインプレッサスポーツ

運転のしやすさを比較する車種は、以下の4台です。

トヨタ・カローラスポーツ 2,200,000円~2,890,000円

3ナンバーコンパクトカー比較
引用:toyota.jp/corollasport

ホンダ・シビック 3,190,000円~3,539,800円

3ナンバーコンパクトカー
引用:honda.co.jp/CIVICHATCHBACK

マツダ・マツダ3ファストバック 2,288,000円~3,842,280円

3ナンバーコンパクトカー運転しやすさ比較
引用:mazda.co.jp/mazda3

スバル・インプレッサスポーツ 2,002,000円~2,926,000円

3ナンバーコンパクトカー運転しやすさ比較
引用:subaru.jp/impreza

まず、運転しやすさを大きく左右するボディサイズを比較してみましょう。

寸法 / 車名 カローラスポーツ シビック マツダ3ファストバック インプレッサスポーツ
全長 (mm) 4,375 4,550 4,460 4,475
全幅 (mm) 1,790 1,800 1,795 1,775
全高 (mm) 1,460~1,490 1,415 1,440 1,480

シビックハッチバックは全長・全幅が4台の中でもっとも大きいので、狭い路地や駐車場では不利です。

ボディサイズがシビックハッチバックに近いマツダ3ファストバックも、条件的はほぼ同じと言えます。

4台の中では、全長がもっとも短いカローラスポーツと、全幅が一番狭いインプレッサスポーツが運転しやすさの点で有利です。

ボディサイズの評価 (5段階)

  • カローラスポーツ 4
  • インプレッサスポーツ 4
  • マツダ3ファストバック 3.5
  • シビック 3

小回りが一番効くのはカローラスポーツ

運転のしやすさには、ボディサイズのほかに最小回転半径の数値も影響します。

4台の最小回転半径は、以下のとおりです。

  • カローラスポーツ  5.1m (16 / 17インチタイヤ装着車) / 5.3m (18インチタイヤ装着車)
  • シビック  5.7m
  • マツダ3ファストバック 5.3m
  • インプレッサスポーツ  5.3m

カローラスポーツはワイド&大径タイヤを履く上級グレードのみ最小回転半径が5.3mで、中級グレード以下は5.1mとなります。

3ナンバーコンパクトカー運転しやすさ比較
引用:toyota.jp/corollasport

カローラスポーツの特に中級グレード以下は、全長の短さと相まって、取り回し性の点でももっとも有利です。

逆に、最少回転半径が5.7mともっとも大きいシビックハッチバックは、ボディが一番大きいことと相まってもっとも取り回しがしにくいクルマになっています。

小回り性の評価 (5段階)

  • カローラスポーツ 4
  • マツダ3ファストバック 3.5
  • インプレッサスポーツ 3.5
  • シビック 2

視界はインプレッサがベスト!

次に、4台の視界をチェックしてみましょう。

■ 前方視界はインプレッサスポーツ、フロントの見切りはシビックがベスト

4台の中で前方視界がもっとも優れているのが、インプレッサスポーツ

Aピラー (フロントピラー) が細く、付け根部分が手前側に引き寄せられているため、真正面だけでなく斜め前方視界も優れています。

また、ドアミラーが生み出す死角が少なく、交差点で右左折する際に歩行者を発見しやすい点も美点です。

3ナンバーコンパクトカー運転しやすさ比較
引用:subaru.jp/impreza

ほかの3台は、インプレッサスポーツと比べ視界の面で欠点を持っています。

カローラスポーツは、ドアミラーによる死角が少ない点はインプレッサスポーツ並みですが、Aピラーが太いため、斜め前方視界はインプレッサスポーツほど良くありません。

また、大型のディスプレイオーディオが左側の視界を若干妨げていることもマイナスポイント。

マツダ3ファストバックも、ドアミラーによる死角こそ少ないものの、傾斜の強いAピラーが前方視界を妨げています。

眼前に迫るルームミラーが圧迫感を与えている点も、無視できない欠点です。

シビックハッチバックは、4台の中で唯一ドアミラーがAピラーの付け根に取り付けられているため、死角が大きくなっています。

交差点で右左折する際には、歩行者が死角に入ってしまうことがあるので、十分注意が必要です。

一方フロントの見切りの点では、シビックがもっとも優れています

4台の中で唯一、ボンネット両端のふくらみが運転席から確認できるため、車幅がつかみやすいうえ、ボディ先端部の把握も容易です。

マツダ3ファストバックとインプレッサスポーツは、ボンネットの手前側は視界に入るので車幅をつかむ目安にはなります。

しかし、2台ともボンネットの先端部は見えないので、クルマの先端がどこにあるのかは勘に頼るしかありません。

そして、フロントの見切りが一番悪いのはカローラスポーツ。

運転席からボンネットがほとんど見えないため、車幅もボディ先端部の位置もつかみにくくなっています。

■ 後方視界もインプレッサスポーツがトップ

後方視界に関しても、もっとも優れているのはインプレッサスポーツです。

Cピラー (リアピラー) の角度が立っているため、リアウィンドウの天地の丈が比較的大きく、必要な視覚情報が得られます。

斜め後方視界に関しても、リアクォーターウィンドウのおかげで死角はあまり気になりません。

シビックもリアクォーターウィンドウが備わりますが面積が小さく、Cピラーが寝ていることと相まってインプレッサスポーツには一歩を譲ります。

カローラスポーツとマツダ3ファストバックはリアウィンドウの面積が小さく、太いCピラーの生み出す死角も大きいので、後方視界・斜め後方視界はほめられたものではありません。

視界の総合評価 (5段階)

  • インプレッサスポーツ 4.5
  • シビック 4
  • カローラスポーツ 3.5
  • マツダ3ファストバック 3.5

駐車支援装備が一番充実しているのはマツダ3ファストバック!

視界や見切りに難があっても、駐車を支援する装備が充実していればある程度欠点をカバーできます。

ここで、各車にはどのような駐車支援装備が付いているか比較してみましょう。

機能 / 車名 カローラスポーツ シビック マツダ3ファストバック インプレッサスポーツ
パーキングセンサー ×
駐車支援システム ×

〇:全車標準装備
△:グレード別装備
▲:オプション
×:設定なし

■ パーキングセンサーはカローラスポーツがベスト

障害物に接近すると警報音と表示でお知らせするパーキングセンサーが付いていると、駐車の際にボディをぶつけてしまうリスクが減ります。

パーキングセンサーーが全車に標準装備されるのは、カローラスポーツとシビックの2台。

マツダ3ファストバックにも設定がありますが、一部グレードでは標準装備されません。

機能面で注目に値するのはカローラスポーツで、警報音と表示だけでなく、自動ブレーキを掛けて障害物との接触を回避します。

3ナンバーコンパクトカー運転しやすさ比較
引用:toyota.jp/corollasport

一方、シビックとマツダ3ファストバックは警報音と表示のみのシンプルなパーキングセンサーです。

これら3台に対し、唯一インプレッサスポーツはパーキングセンサーのオプション設定さえありません。

■ 駐車支援システムはマツダ3ファストバックが優秀

車載カメラの映像をナビ画面やディスプレイに表示する駐車支援システムは、シビックを除く3台にオプション設定されています。

このうちもっとも有用なのが、マツダ3ファストバックに設定されている「360°ビューモニター」です。

3ナンバーコンパクトカー運転しやすさ比較
引用:mazda.co.jp/mazda3

車両を上から俯瞰したようなトップビューのほか、フロントビュー / フロントワイドビュー / サイドビュー / リアビュー / リアワイドビューの合計6つのビューを、状況に応じて切り替えることができます。

また、インプレッサスポーツに用意されるオプションは「アイサイトセイフティプラス (視覚拡張)」と呼ばれるものです。

このオプションを選ぶと、車両前方と側方の映像をマルチファンクションディスプレイに表示する「フロントビューモニター」「サイドビューモニター」が付加されます。

ただし、いくつかの装備と抱き合わせのセットオプションとなるため、かなり高額になってしまうのが難点です。

カローラスポーツに用意されるのは、車両後方の映像をガイド線付で表示する「バックガイドモニター」で、機能的にはもっともシンプルな装備になります。

駐車支援装備の評価 (5段階)

  • カローラスポーツ 3.5
  • シビック 2.5
  • マツダ3ファストバック 2.5
  • インプレッサスポーツ 1.5

総合的に一番運転がしやすいのはカローラスポーツ!

ここまで4台の運転のしやすさを、4つの観点から検証してきました。

4項目の合計得点は、以下のとおりです。

運転しやすさの総合評価 (20点満点)

  • カローラスポーツ 15
  • インプレッサスポーツ 13.5
  • マツダ3ファストバック 13
  • シビック 11.5

一番運転がしやすい車種は、カローラスポーツです。

小回り性の高さやパーキングセンサーの設定・性能がカローラスポーツの大きなメリット。

インプレッサスポーツはパーキングセンサーの不備が、マツダ3ファストバックはボディの大きさや小回り性が要因で一歩及びませんでした。

シビックはボディが大柄で小回りが利かないうえ、駐車支援装備が用意されないことから最下位となりました。

■ 関連記事 (クリックするとサイト内の別ページに飛びます)

□3ナンバーコンパクトカーの使い勝手を徹底比較!!

□ 3ナンバーコンパクトカーの快適性を徹底比較!!

□ 3ナンバーコンパクトカーの走行性能を徹底比較!!

■ 愛車を高く売る最善の方法とは!?

ところで、いま乗っている愛車を少しでも高く手放したいと思っていませんか?

その方法として、クルマの一括査定の利用を考えているかもしれません。

しかし、愛車を少しでも高く、かつ面倒な手間をかけずに売りたいなら、クルマの一括査定よりも「ユーカーパック」の方が断然おすすめです!

ローラでおなじみ【ユー カーパック】

ユーカーパックをおすすめする理由は、以下にあげる5つあります。

1.電話対応が一度だけで済む

クルマの一括査定でまず問題なのが、申し込みをしたとたん多くの業者から次々と電話がかかってくることです。

いちいち対応をするのは大変ですし、仕事中に電話がかかってきて困惑することも・・・。

その点、ユーカーパックなら電話対応が一度だけで済むので、煩わしさがありません。

2.査定が短時間で終了する

クルマの一括査定は、業者ごとに査定日の段取りを決める必要があります。

それだけでも結構な手間ですし、全ての査定が終了するまでに時間がかかってしまうのも難点。

それに対し、ユーカーパックは査定が一回で済むので手間いらずですし、その場で査定額が分かるので便利です。

3.業者からプレッシャーをかけられる心配がない

クルマの一括査定でやって来る大抵の業者は、「うちはどこよりも高い査定額を付ける自信があります。だからいますぐ売ってください!先送りにしたらどんどん査定額が下がってしまいますよ!」などとプレッシャーをかけてきます。

よほど駆け引きの得意な人でない限り、すべての業者に査定してもらう前にどこかしらの業者に押し切られ、不本意ながら売買契約を結んでしまう結果になりかねません。

一方、ユーカーパックは業者がオークション形式で入札する方式なので、オークション終了まで業者と関わる必要がありません。

最終的に関わる業者は、落札した業者1社のみで済みます。

業者からのプレッシャーに悩まされずに済むことも、ユーカーパックの大きなメリットと言えるでしょう。

4.個人情報が流出する心配がない

クルマの一括査定を利用すると、実際に査定を受けるか否かにかかわらず、提携しているすべての業者に個人情報が流れてしまいます。

その結果、連日のようにしつこく営業メールが送られてくるかもしれません。

ユーカーパックは最終的に落札した業者にしか個人情報が渡らないので、そんな心配は無用です。

5.買取価格が高い!

クルマの一括査定の場合、一番高い査定額を付けてくれた業者であっても、買取相場上限の査定額が付いている可能性はほとんどありません。

それは、売り手と買い手の間に複数の業者が介入するため中間マージンが取られ、その分査定額が下がってしまうからです。

また、クルマの一括査定サービスが提携している業者は、全国に星の数ほどある中古車買取業者うち、最大でも10社に過ぎません。

これでは、相場上限の査定額を望むのは難しいですね。

一方、ユーカーパックは業者が直接ユーカーパックに出品中のクルマに入札できるため、中間マージンが発生しません。

さらに、最大5,000社もの業者が入札する仕組みなので、相場上限の査定額が付く可能性が極めて高くなります。

このように、ユーカーパックはクルマの一括査定と比べた場合、ユーザーにとって圧倒的なメリットがあるのです。

クルマを手放すことを検討しているなら、是非ユーカーパックを利用してみてください!

ローラでおなじみ【ユー カーパック】