5ナンバーコンパクトカーの使い勝手を徹底比較!!

5ナンバーコンパクトカー比較

使いやすいサイズが魅力の5ナンバーコンパクトカー。

購入を検討している人にとって、室内や荷室の使い勝手も気になるところでしょうが、車種によって差があるので十分な研究が必要です。

ここでは、5ナンバーコンパクトカー6車種の室内と荷室の使い勝手を徹底的に比較しますので、購入時の参考にどうぞ。

シートアレンジを比較

比較する車種は、以下の5台です。

トヨタ・ヤリス 1,980,000円~2,598,000円

5ナンバーコンパクトカー
引用:toyota.jp/aqua

トヨタ・ヤリス 1,470,000円~2,548,000円

5ナンバーコンパクトカー使い勝手比較
引用:toyota.jp/yaris

日産・ノート 2,033,900円~2,834,700円

5ナンバーコンパクトカー使い勝手比較
引用:nissan.co.jp/note

ホンダ・フィット 1,592,800円~2,664,200円

5ナンバーコンパクトカー比較
引用:honda.co.jp/Fit

マツダ・マツダ2 1,459,150円~2,711,500円

5ナンバーコンパクトカー使い勝手比較
引用:mazda.co.jp/mazda2

スズキ・スイフト 1,377,200円~2,087,800円

5ナンバーコンパクトカー使い勝手比較
引用:suzuki.co.jp/swift

■ 前席の機能性はヤリスとフィットがリード

まず、運転席・助手席の機能性を比較してみましょう。

フィットには6台の中で唯一、助手席の背もたれを水平までリクライニングさせ、後席とつなげる「ロング・モード」があります。

5ナンバーコンパクトカー使い勝手比較
引用:honda.co.jp/Fit

画像のように、長尺物を積むときに大変便利です。

ほかの4台はこのような機能がないので、さまざまなサイズの荷物への対応性はフィットの一人勝ちと言えます。

一方、運転席の機能に関しては、ヤリスの上級グレード (ハイブリッド Z / Z) に付く「運転席イージーリターン機能」に注目です。

5ナンバーコンパクトカー使い勝手比較
引用:toyota.jp/yaris

運転席イージーリターン機能は、レバー操作ひとつで降車時は運転席が後ろにスライドし、乗車時は元の位置に戻る機能になります。

乗り降りを楽にする機能として、これまでありそうでなかったものです。

運転席の機能性はヤリスが、助手席の機能性はフィットがほかの車種を一歩リードしてると言えます。

■ 後席のシートアレンジはノートとフィットがリード

次に、6台の後席の機能性を比較します。

機能 / 車名 アクア ヤリス ノート フィット マツダ2 スイフト
6:4分割可倒機構
6:4分割リクライニング機構 × × × × ×
チップアップ機構 × × × × ×

〇:全車標準装備
△:グレード別装備
×:設定なし

まず後席の6:4分割可倒機能ですが、マツダ2を除き全車に備わります。

マツダ2のみ、廉価グレードは一体可倒式です。

後席が一体可倒式だと、後席に1~2人乗って荷物も多めに積むという使い方ができません。

また後席の6:4分割リクライニング機構は、ノートだけに備わります

この機能は、後席の乗員がくつろぐために欠かせないものです。

そして、後席のチップアップ (跳ね上げ) 機能が付くのはフィットだけです。

5ナンバーコンパクトカー使い勝手比較
引用:honda.co.jp/Fit

ホンダでは「トール・モード」と呼んでいますが、文字通り高さのある荷物を積むときに重宝します。

後席の機能性を総合すると、優れているのはノートとフィットです。

■ 前後席の機能性は、荷物の対応性ではフィットがベスト

前席・後席を総合した機能性では、さまざまな荷物への対応性という点ではフィットがベストです。

ただし乗員へのおもてなしの点では、運転席イージーリターン機能の設定があるヤリス、後席リクライニング機構のあるノートが優れています。

シートアレンジの総合評価 (5段階)

  • フィット 4.5
  • アクア  3.5
  • ヤリス 3.5
  • ノート 3.5
  • スイフト 3
  • マツダ2 2.5

収納の充実度を比較

この項目では、6台の収納を運転席、助手席、後席に分けて検証していきます。

■ 運転席の収納はフィットとマツダ2がベスト

まず運転席の収納を比べてみましょう。

収納 / 車名 アクア ヤリス ノート フィット マツダ2 スイフト
ドリンクホルダー
センターポケットまたはセンタートレイ × × ×
コンソールボックス ×
センターコンソールロアボックス&ポケット × × × × ×
コンソールトレイ × ×
チケットホルダー × × × × ×
ボトルホルダー付ドアポケット

〇:全車標準装備
△:グレード別装備
×:設定なし

運転席側の収納の数は、ノート、フィット、マツダ2が5か所、アクアとヤリスが4か所、スイフトが3か所です。

ノート、フィット、マツダ2なら、ドライバーが物の置き場に困ることはないでしょう。

ヤリスの収納はギリギリ及第点ですが、ノートとスイフトは物の置き場に困ることがあるかもしれません。

■ 助手席の収納はヤリスの上級グレードがベスト

次に、助手席の収納を比較します。

収納 / 車名 アクア ヤリス ノート フィット マツダ2 スイフト
ドリンクホルダー
インパネトレイまたはインパネボックス × × ×
グローブボックス
ショッピングフック × × × ×
ボトルホルダー付ドアポケット
助手席シートアンダートレイ × × × ×
アンブレラホルダー × × × ×

〇:全車標準装備
△:グレード別装備
▲:メーカーオプション
×:設定なし

助手席の収納の数は、オプションを除き多い順からヤリスの4~7か所、アクアとフィットの4か所、ノート、マツダ2、スイフトの3か所です。

ヤリスの上級グレードは、小物の収納に便利な助手席アンダートレイや、ショッピングフックやアンブレラホルダーが備わる「買い物アシストシート」が付くなど、他車を圧倒する収納が備わります。

買い物アシストシートは、助手席に置いた荷物が滑り落ちないストッパーが付くので、そこも魅力になっています。

5ナンバーコンパクトカー使い勝手比較
引用:toyota.jp/yaris

ただ、ヤリスも下位グレードでは収納の数が普通になってしまいますが、それでも大きな不足はありません。

また、アクアとフィットも必要十分な収納が備わりますし、アクアはオプションを選べばヤリスの上級グレードと同等になります。

ノート、マツダ2、スイフトは収納が少ないので、不便に感じることがあるかもしれません。

■ 後席の収納もフィットがトップ

最後に、後席の収納を比べてみましょう。

収納 / 車名 アクア ヤリス ノート フィット マツダ2 スイフト
運転席シートバックポケット × × × × ×
助手席シートバックポケット × ×
ドアポケット × 〇※ 〇※ 〇※ 〇※
ドリンクホルダー × ×
小物入れ (センターコンソール後部) × × × ×

〇:全車標準装備
△:グレード別装備
▲:メーカーオプション
×:設定なし

※:ボトルホルダー付

オプションを除いた後席の収納は、フィットが2~4か所、ノートが3か所、マツダ2とスイフトが2か所、アクアとヤリスが1~2か所です。

フィットの上級グレードは、6台中で唯一運転席シートバックポケットが付く点が大きなメリットです。

フィットも下位グレードでは、収納の数が2か所となってしまいます。

ノートは収納が3か所ありますが、ドアにはドリンクホルダーのみでポケットが付かないことや、小物入れ容量が小さいことなどが難点です。

マツダ2とスイフトはともに収納が2か所ですが、マツダ2は小物入れが多く、スイフトはドリンク入れが多いという違いがあります。

しかし、どちらも大きな不満なく使えるはずです。

ヤリスは上級グレードなら収納が2か所あるので必要十分ですが、下位グレードになると収納が1か所しかないので、物足りなさは否めません。

また、アクアはドアポケットが備わらないのが難点です。

■ 収納の総合評価はフィットがトップ!

すべての座席の収納をトータルすると、以下のとおりになります。

  • アクア 9~10か所
  • ヤリス 9~13か所
  • ノート 10か所
  • フィット 11~13か所
  • マツダ2   10か所
  • スイフト 8か所

合計で11~13か所の収納が用意されているフィットがトップです。

フィットなら、どの席に座っても物やドリンクの置き場に困ることはないでしょう。

ヤリスは上位グレードの収納は豊富ですが、下位グレードの収納が少ないのが問題です。

収納でワーストになったのはスイフトで、持ち物の多い人には不満が出るでしょう。

収納の総合評価 (5段階)

  • フィット 4
  • ヤリス 3.5
  • アクア 3
  • ノート 3
  • マツダ2 3
  • スイフト 2.5

荷室の広さ・使い勝手はフィットが断トツ!

5台の後席使用時の荷室容量は、以下のとおりです。

  • アクア  278L
  • ヤリス  209L
  • ノート  340L (4WD車は260L)
  • フィット 427L
  • マツダ2  280L
  • スイフト 265L (ハイブリッドSZは178L)

荷室容量の大きい順からフィット、ノート (2WD車)、マツダ2、アクア、スイフト (ハイブリッドSZをのぞく)、ヤリスです。

フィットの荷室の広さは圧倒的で、一番狭いヤリスの倍以上の容量があります。

5ナンバーコンパクトカー使い勝手比較
引用:honda.co.jp/Fit

また、後席をたたんだときにフロアに段差ができないのはアクア、ヤリス、フィットの3台です。

後席部分に段差ができてしまうノート、マツダ2、スイフトは、荷室の使い勝手が劣ってしまいます。

荷室に関しては、広さと同時にフラットな荷室フロアを実現しているフィットの圧勝です。

荷室の評価 (5段階)

  • フィット 5
  • ノート 3.5
  • アクア 3.5
  • マツダ2 3
  • ヤリス 2.5
  • スイフト 2.5

総合的な使い勝手はフィットの圧勝!

ここまで前席・後席のシートアレンジや、収納や荷室の使い勝手について検証してきました。

3つの項目をトータルした得点は以下のとおりです。

使い勝手の総合評価 (15点満点)

  • フィット 13.5
  • アクア 10
  • ノート 10
  • ヤリス 9.5
  • マツダ2 8.5
  • スイフト 8

すべてを含めたトータルの使いやすさでは、得点から分かるとおり文句なしにフィットがトップです。

5ナンバーコンパクトカー使い勝手比較
引用:honda.co.jp/Fit

フィットはシートアレンジ、収納、荷室すべての面でほかの4台をしのいでいます。

とにかく室内の使い勝手のいい5ナンバーコンパクトカーが欲しいなら、フィットがベストチョイスです。

ほかの4台はそれぞれ一長一短がありますが、フィットと比べたらドングリの背比べになってしまいます。

■ 関連記事 (クリックするとサイト内の別ページに飛びます)

□ 5ナンバーコンパクトカーの運転しやすさを徹底比較!!

□ 5ナンバーコンパクトカーの快適性を徹底比較!!

□ 5ナンバーコンパクトカーの走行性能を徹底比較!!

■ 愛車を高く売る最善の方法とは!?

ところで、いま乗っている愛車を少しでも高く手放したいと思っていませんか?

その方法として、クルマの一括査定の利用を考えているかもしれません。

しかし、愛車を少しでも高く、かつ面倒な手間をかけずに売りたいなら、クルマの一括査定よりも「ユーカーパック」の方が断然おすすめです!

ローラでおなじみ【ユー カーパック】

ユーカーパックをおすすめする理由は、以下にあげる5つあります。

1.電話対応が一度だけで済む

クルマの一括査定でまず問題なのが、申し込みをしたとたん多くの業者から次々と電話がかかってくることです。

いちいち対応をするのは大変ですし、仕事中に電話がかかってきて困惑することも・・・。

その点、ユーカーパックなら電話対応が一度だけで済むので、煩わしさがありません。

2.査定が短時間で終了する

クルマの一括査定は、業者ごとに査定日の段取りを決める必要があります。

それだけでも結構な手間ですし、全ての査定が終了するまでに時間がかかってしまうのも難点。

それに対し、ユーカーパックは査定が一回で済むので手間いらずですし、その場で査定額が分かるので便利です。

3.業者からプレッシャーをかけられる心配がない

クルマの一括査定でやって来る大抵の業者は、「うちはどこよりも高い査定額を付ける自信があります。だからいますぐ売ってください!先送りにしたらどんどん査定額が下がってしまいますよ!」などとプレッシャーをかけてきます。

よほど駆け引きの得意な人でない限り、すべての業者に査定してもらう前にどこかしらの業者に押し切られ、不本意ながら売買契約を結んでしまう結果になりかねません。

一方、ユーカーパックは業者がオークション形式で入札する方式なので、オークション終了まで業者と関わる必要がありません。

最終的に関わる業者は、落札した業者1社のみで済みます。

業者からのプレッシャーに悩まされずに済むことも、ユーカーパックの大きなメリットと言えるでしょう。

4.個人情報が流出する心配がない

クルマの一括査定を利用すると、実際に査定を受けるか否かにかかわらず、提携しているすべての業者に個人情報が流れてしまいます。

その結果、連日のようにしつこく営業メールが送られてくるかもしれません。

ユーカーパックは最終的に落札した業者にしか個人情報が渡らないので、そんな心配は無用です。

5.買取価格が高い!

クルマの一括査定の場合、一番高い査定額を付けてくれた業者であっても、買取相場上限の査定額が付いている可能性はほとんどありません。

それは、売り手と買い手の間に複数の業者が介入するため中間マージンが取られ、その分査定額が下がってしまうからです。

また、クルマの一括査定サービスが提携している業者は、全国に星の数ほどある中古車買取業者うち、最大でも10社に過ぎません。

これでは、相場上限の査定額を望むのは難しいですね。

一方、ユーカーパックは業者が直接ユーカーパックに出品中のクルマに入札できるため、中間マージンが発生しません。

さらに、最大5,000社もの業者が入札する仕組みなので、相場上限の査定額が付く可能性が極めて高くなります。

このように、ユーカーパックはクルマの一括査定と比べた場合、ユーザーにとって圧倒的なメリットがあるのです。

クルマを手放すことを検討しているなら、是非ユーカーパックを利用してみてください!

ローラでおなじみ【ユー カーパック】

3 comments on “5ナンバーコンパクトカーの使い勝手を徹底比較!!”

コメントは受け付けていません。