5ナンバーSUVの走行性能を徹底比較!!

5ナンバーSUV比較

3ナンバー車の多いSUVですが、数は少ないものの日本の道路事情にマッチした5ナンバー車も存在します。

車体の小さい5ナンバーSUVならどんな場所にも入って行けますし、足替わりにもピッタリです。

ここでは5ナンバーSUVの3車種をピックアップし、走行性能を徹底比較しますので、購入時の参考にどうぞ。

5ナンバーSUV3台のパワートレインを比較

比較する車種は、以下の3台です。

ダイハツ・ロッキー 4WD 1,944,800円~2,318,200円

5ナンバーSUV走行性能比較
引用:daihatsu.co.jp/rocky

スズキ・クロスビー 4WD 1,985,500円~2,245,100円

クロスビー長所・短所
引用:suzuki.co.jp/xbee

スズキ・ジムニーシエラ 1,863,400円~2,084,500円

5ナンバーSUV走行性能比較
引用:suzuki.co.jp/jimny_sierra

ジムニーシエラが4WD車のみの設定なので、条件をそろえるためロッキーとクロスビーも4WD車を選びました。

まずはじめに、パワートレインのスペックを比較してみましょう。

3台のスペックは、以下のとおりです。

項目 / 車名 ロッキー クロスビー ジムニーシエラ
パワートレイン 1L直3ターボエンジン 1L直3ターボエンジン+モーター 1.5L直4ノンターボエンジン
最高出力 (ps) 98 99 (エンジン)+3.1 (モーター) 102
最大トルク (kg・m) 14.3 15.3 (エンジン)+5.1 (モーター) 13.3
CVT 6AT 5MT / 4AT
車両重量 (kg) 1,040~1,050 1,000 1,070~1,090
WTLCモード燃費 (km/L) 17.4 17.0 13.6~15.0

パワートレインは三者三様で、ロッキーが1L直3ターボエンジンとCVTの組み合わせ、クロスビーが1L直3ターボエンジン+モーターのマイルドハイブリッドシステムと6速ATの組み合わせ、そしてジムニーシエラが1.5L直4ノンターボエンジンと5速MTまたは6速ATの組み合わせとなっています。

スペック面では、エンジンの最高出力は3台に大きな差はありませんが、最大トルクの違いに注目です。

クロスビーはエンジンのトルクがもっとも大きいうえ、モーターのアシストが付くので、ほかの2台を確実にリードしています。

5ナンバーSUV走行性能比較
引用:suzuki.co.jp/xbee

さらにクロスビーは車重も一番軽いため、スペックを見る限り動力性能ではもっとも有利です。

それに対し、ジムニーシエラは一番重い車体をトルクの弱いエンジンで走らせるので、条件的にもっとも不利になっています。

また、トランスミッションはMTにしてもATにしても段数が少ないので、効率でも不利です。

ロッキーは、条件的にはクロスビーとジムニーシエラの中間に位置します。

しかし、D-CVTと呼ばれる効率の高いCVTを採用しているため、どこまでクロスビーの動力性能に迫れるかが注目のポイントです。

オンロード性能はロッキーとクロスビーが優秀

街中や高速道路などのオンロードでキビキビと走れるのは、ロッキーとクロスビーの2台。

5ナンバーSUV走行性能比較
クロスビーの走行イメージ (引用:suzuki.co.jp/xbee)

スペック的にはクロスビーの方が有利ですが、実際には2台の加速性能にほとんど差はありません。

ロッキーに搭載されるD-CVTには、スペックの差を跳ね返すだけの効率の高さがあるようです。

いずれにしても、この2台は「気持ちいい」と表現できるくらいの加速を見せてくれます。

この2台と比べると、ジムニーシエラは加速にパンチがありません。

特に4速AT車はモッサリ感がありますが、鈍足というほどではなく、日常ユースで困らないくらいの加速力は持っています。

次にオンロードでの操縦性に関してですが、この面でもロッキーとクロスビーがほぼ互角で、ジムニーシエラがワンランク落ちるイメージです。

ロッキーとクロスビーはアンダーステアが少なく、ほぼ思い通りの旋回ができます。

5ナンバーSUV走行性能比較
ロッキーの走行イメージ (引用:daihatsu.co.jp/rocky)

ワインディング走行も問題なくこなせるレベルです。

この2台に対し、ジムニーシエラはアンダーステアが強くステアリングレスポンスも鈍いので、ワインディング走行は楽しくありません。

そもそもジムニーシエラはロッキーやクロスビーとはコンセプトが違うので、ここはやむを得ない点です。

そして燃費ですが、燃費検証サイト「e燃費」による実燃費は以下のとおりになります。

  • ロッキー 15.6km/L
  • クロスビー 15.4km/L
  • ジムニーシエラ 14.3km/L

ロッキーは純ガソリン車でありながら、マイルドハイブリッドのクロスビーを僅かながら上回る数値です。

高効率なD-CVTが、燃費にも貢献しているのでしょう。

ジムニーシエラは車重の重さやトランスミッションの効率の低さが実燃費にも表れているものの、ロッキーやクロスビーとの差は意外と大きくありません。

オンロード性能の総合評価 (5段階)

  • クロスビー 4
  • ロッキー 4
  • ロッキーシエラ 2.5

悪路・雪道での性能が一番高いのはジムニーシエラ!

ここでは、SUVが本来の実力を発揮する場とも言える、オフロードや雪道での走行性を比較します。

まず、オフロードや雪道での走破性を左右するスペックを比べてみましょう。

項目 / 車名 ロッキー クロスビー ジムニーシエラ
駆動方式 電子制御式4WD ビスカスカップリング式4WD パートタイム4WD
サスペンション形式 前:独立懸架式 / 後:半独立懸架式 前:独立懸架式 / 後:固定軸式 前:固定軸式 / 後:固定軸式
最低地上高 (mm) 185 180 210
アプローチアングル (°) 20 20 36
ディパーチャーアングル (°) 32 40 50

まず悪路や雪道での走破性を大きく左右する4WDシステムは、3台とも異なる方式を採用しています。

ロッキーとクロスビーが採用するのは、通常は前輪駆動で走行し、状況により自動で後輪にもトルクを配分するオンデマンド式4WDと呼ばれる方式です。

2台の制御方式は異なり、ロッキーは路面状況や車両の状況を4WDコンピューターで演算し、きめ細かい駆動力配分を行う電子制御式を採用しています。

一方クロスビーが採用するのは、前輪の空転などを機械的に検知して後輪に駆動力を配分する、ビスカスカップリング式と呼ばれる方式です。

どちらも4WDとしては走破性が高い方ではありませんが、比較するとロッキーの採用する電子制御式の方が優れています。

5ナンバーSUV走行性能比較
ロッキーの雪道走行イメージ (引用:daihatsu.co.jp/rocky)

ただしクロスビーには滑りやすい路面での発進をサポートする「グリップコントロール」や、雪道でのスリップを防ぐ「スノーモード」が備わり、4WDシステムの性能の低さをカバーしています。

5ナンバーSUV走行性能比較
グリップコントロール (引用:suzuki.co.jp/xbee)
5ナンバーSUV走行性能比較
スノーモード (引用:suzuki.co.jp/xbee)

この2台に対し、ジムニーシエラはドライバーが任意に後輪駆動と4輪駆動を切り替える、パートタイム4WD方式を採用する点が大きな違いです。

セレクトレバーを4WD側に切り替えれば、常時4輪にエンジンの駆動力が伝達されるので、悪路や雪道の走破性はオンデマンド式に勝ります

次にサスペンション形式ですが、フロントがロッキーとクロスビーは独立懸架式、ジムニーシエラは固定軸式という点が大きな違いです。

オンロードでの乗り心地は独立懸架式が勝りますが、凸凹の激しい悪路では固定軸式の方がロードクリアランスが大きく、走破性の点で有利になります。

5ナンバーSUV走行性能比較
引用:suzuki.co.jp/jimny_sierra

しかし、雪道においては独立懸架式も固定軸式も走破性に大きな差はありません。

また、最低地上高も悪路や雪道での走破性を大きく左右する要素になります。

最低地上高はジムニーシエラが群を抜いて大きく、その分凸凹道や深雪路では有利です。

5ナンバーSUV走行性能比較
引用:suzuki.co.jp/jimny_sierra

そして本格的にオフロード走行をする際は、前輪が障害物を乗り越えらえる角度を示すアプローチアングルと、後輪が障害物を乗り越えられる角度を示すディパーチャーアングルの数値も重要になります。

アプローチアングル、ディパーチャーアングルともジムニーシエラが圧倒的に大きく、走破性は桁違いとみて間違いありません。

5ナンバーSUV走行性能比較
引用:suzuki.co.jp/jimny_sierra

これらの点を総合すると、悪路や雪道での走破性はジムニーシエラがもっとも優れています。

ロッキーとクロスビーの走破性は、ほぼ互角と言えるでしょう。

オフロード性能の総合評価 (5段階)

  • ジムニーシエラ 5
  • ロッキー 4
  • クロスビー 4

オフロードを走らないならロッキーかクロスビーがおすすめ

5ナンバーSUV3台のオンロード性能・オフロード性能を総合した評価は、以下のとおりになります。

走行性能の総合評価 (10点満点)

  • ロッキー 8
  • クロスビー 8
  • ジムニーシエラ 7.5

オンロード性能を重視するならロッキーかクロスビー、オフロードや雪道の走破性を重視するならジムニーシエラが優れています。

ロッキーとクロスビーを比較すると、オンロード性能、オフロード性能ともほぼ互角です。

2台とも本格的なオフロード走行は厳しいものの、ちょっとした不整路や深雪路なら難なくこなします。

一方、ジムニーシエラは加速性能やオンロードでのコーナリング性能が劣るので、高速道路やワインディング走行ではストレスを感じてしまうでしょう。

その代わり悪路走破性は向かうところ敵なしの強さで、深雪への対応性もロッキーやクロスビーに勝ります。

オフロードを走る機会が多い人は、オンロード性能に妥協してでもジムニーシエラを選んだ方が後悔しません。

しかし、ほとんど舗装道路しか走らない人なら、ロッキーやクロスビーの方が向いています。

■ 関連記事 (クリックするとサイト内の別ページに飛びます)

□ 5ナンバーSUVの運転しやすさを徹底比較!!

□ 5ナンバーSUVの快適性を徹底比較!!

■ 愛車を高く売る最善の方法とは!?

ところで、いま乗っている愛車を少しでも高く手放したいと思っていませんか?

その方法として、クルマの一括査定の利用を考えているかもしれません。

しかし、愛車を少しでも高く、かつ面倒な手間をかけずに売りたいなら、クルマの一括査定よりも「ユーカーパック」の方が断然おすすめです!

ローラでおなじみ【ユー カーパック】

ユーカーパックをおすすめする理由は、以下にあげる5つあります。

1.電話対応が一度だけで済む

クルマの一括査定でまず問題なのが、申し込みをしたとたん多くの業者から次々と電話がかかってくることです。

いちいち対応をするのは大変ですし、仕事中に電話がかかってきて困惑することも・・・。

その点、ユーカーパックなら電話対応が一度だけで済むので、煩わしさがありません。

2.査定が短時間で終了する

クルマの一括査定は、業者ごとに査定日の段取りを決める必要があります。

それだけでも結構な手間ですし、全ての査定が終了するまでに時間がかかってしまうのも難点。

それに対し、ユーカーパックは査定が一回で済むので手間いらずですし、その場で査定額が分かるので便利です。

3.業者からプレッシャーをかけられる心配がない

クルマの一括査定でやって来る大抵の業者は、「うちはどこよりも高い査定額を付ける自信があります。だからいますぐ売ってください!先送りにしたらどんどん査定額が下がってしまいますよ!」などとプレッシャーをかけてきます。

よほど駆け引きの得意な人でない限り、すべての業者に査定してもらう前にどこかしらの業者に押し切られ、不本意ながら売買契約を結んでしまう結果になりかねません。

一方、ユーカーパックは業者がオークション形式で入札する方式なので、オークション終了まで業者と関わる必要がありません。

最終的に関わる業者は、落札した業者1社のみで済みます。

業者からのプレッシャーに悩まされずに済むことも、ユーカーパックの大きなメリットと言えるでしょう。

4.個人情報が流出する心配がない

クルマの一括査定を利用すると、実際に査定を受けるか否かにかかわらず、提携しているすべての業者に個人情報が流れてしまいます。

その結果、連日のようにしつこく営業メールが送られてくるかもしれません。

ユーカーパックは最終的に落札した業者にしか個人情報が渡らないので、そんな心配は無用です。

5.買取価格が高い!

クルマの一括査定の場合、一番高い査定額を付けてくれた業者であっても、買取相場上限の査定額が付いている可能性はほとんどありません。

それは、売り手と買い手の間に複数の業者が介入するため中間マージンが取られ、その分査定額が下がってしまうからです。

また、クルマの一括査定サービスが提携している業者は、全国に星の数ほどある中古車買取業者うち、最大でも10社に過ぎません。

これでは、相場上限の査定額を望むのは難しいですね。

一方、ユーカーパックは業者が直接ユーカーパックに出品中のクルマに入札できるため、中間マージンが発生しません。

さらに、最大5,000社もの業者が入札する仕組みなので、相場上限の査定額が付く可能性が極めて高くなります。

このように、ユーカーパックはクルマの一括査定と比べた場合、ユーザーにとって圧倒的なメリットがあるのです。

クルマを手放すことを検討しているなら、是非ユーカーパックを利用してみてください!

ローラでおなじみ【ユー カーパック】