軽スーパーハイトワゴンの車いす移動車の使い勝手や装備を徹底比較!!

軽スーパーハイトワゴン福祉車両比較

軽スーパーハイトワゴンはコンパクトなボディの割に車内が広々しているので、福祉車両にもピッタリです。

しかし車種によって広さや使い勝手、装備などが異なるので、車種選びは重要なポイントになります。

ここでは、軽スーパーハイトワゴンの福祉車両の中から車いす移動車を取り上げて徹底比較しますので、購入時の参考にどうぞ。

軽スーパーハイトワゴンの福祉車両の種類

まず、軽スーパーハイトワゴンの福祉車両には、基本的に以下にあげる2種類があります。

  • 体が不自由な人が車いすごと車体後部から乗り込める「車いす移動車」
  • 体が不自由な人は回転しながら昇降する助手席に乗り込み、車いすは折りたたんで車体後部に積み込む「昇降シート車」

車いす移動車は、体が不自由な人が自力で移動するのが困難なケースに向いています。

ただ、健常者が後席に乗ることも考え折りたたみ式のリアシートが付いている場合が多いのですが、シートのクッションが薄く足元のスペースも狭いので、乗り心地はイマイチです。

一方、昇降シート車は、体が不自由な人が少しの距離なら自力で移動できるケースに向いています。

リアシートはベース車両と同じなので、後席の居住性が車いす仕様車より優れている点がメリットです。

今回はこの2タイプのうち、各メーカーの車いす移動車を比較します。

車いす移動車3台を様々な観点から比較!

軽スーパーハイトワゴンで車いす移動車が設定されているのは、N-BOX、タント、スペーシアの3台です。

車いす移動車の呼び方はN-BOXが「車いす仕様車」タントが「スローパー」スペーシアが「WITHシリーズ」となっています。

N-BOX 車いす仕様車

軽スーパーハイトワゴン福祉車両比較
引用:honda.co.jp/nbox

タント スローパー

軽スーパーハイトワゴン福祉車両比較
引用:daihatsu.co.jp/friend_tanto_s

スペーシア WITHシリーズ

軽スーパーハイトワゴン福祉車両比較
引用:suzuki.co.jp/wheelchair_spasia

この3台を、さまざまな観点から比較していきましょう。

■ 適合する車いすのサイズは、車種によりまちまち

車いす移動車を選ぶ場合は、まず使っている車いすがその車種に積めるがどうかが重要なポイントになります。

車種によって積める車いすのサイズが異なるので、事前に確認が必要です。

では、各車が積める車いすのサイズの限界値を見てみましょう。

車いすのサイズ / 車名 N-BOX タント スペーシア
全長 (mm) 1,380 1,150 (※リアシート取外し時:1,245) 1,230 (※リアシート無車:1,320)
全幅 (mm) 665 680 660
着座全高 (mm) 1,290 1,375 1,380

3台を比べると、N-BOXは長い車いすに対応する反面、高さが制限されます。

逆にタントとスペーシアは、高さには余裕がある一方で、長さの制約がN-BOXよりも厳しいのが特徴です。

使っている車いすのサイズにより、必然的にどれかの車種に決めざるをえないケースもあるでしょう。

■ 車いすの積みやすさはスペーシア WITHシリーズがリード

車いす移動車には、どの車種も車いすを車内に乗せるためのスロープと、車いすを引っ張り上げるための電動ウインチが装備されています。

スロープの耐荷重は3台とも200kg、ウインチの耐荷重は3台とも120kgです。

介護を受ける人が体の大きい人でも、問題なく使用できるでしょう。

スロープの突出長 (車体からはみ出す長さ)バックドア開口部のサイズは、車種によりまちまちです。

スロープがあまり長くはみ出さない方が使い勝手がよくなりますし、開口部が大きいほど車いすでの乗車が楽になります。

ここで、3台のスロープの長さと開口部の大きさを見てみましょう。

項目 / 車名 N-BOX タント スペーシア
スロープ突出長 (mm) 1,360~1,365 1,080 860
開口部高さ (mm) 1,305 1,390 1,410
開口部幅・最大 (mm) 1,070 1,030
開口部幅・最小 (mm) 685 700 680

3台を比べると、スロープ突出長が一番短いのはスペーシアで、一番長いN-BOXとは40cmもの差があります。

また、開口部高さが一番大きいのもスペーシアです。

軽スーパーハイトワゴン福祉車両比較
引用:suzuki.co.jp/wheelchair_spacia

対してN-BOXはスロープ突出長がもっとも大きいだけでなく、開口部高さが一番低い数値です。

そしてタントは、スロープ突出長と開口部高さがスペーシアとN-BOXの中間の数値になっています。

開口部幅はタントの最大値が未公表となっていますが、3台に大きな差はないと見ていいでしょう。

車いすを載せたり降ろしたりするときの使い勝手は、こうした数字を見る限りスペーシアがベストと言えます。

次に、車いすを実際に車内に載せるまでの手順が、車種によって差があるかどうかを見てみましょう。

手順 / 車名 N-BOX タント スペーシア
ステップ1 スロープ (荷室床) を引き起こし、引き出しながら接地させる スロープを引き出しながら接地させる スロープを設置させる
ステップ2 主電源スイッチをオン、ベルトフリースイッチを約1秒長押ししてウインチベルトを引き出し、車いすにセット ウインチベルトフリースイッチを長押しししてウインチベルトを引き出し、車いすにセット ベルトフリーボタンを押してフリーモードに切り替え、ウインチベルトを引き出して車いすにセット。
ステップ3 ワイヤレスリモコンを操作し、車いすを所定の位置まで引き上げる ワイヤレスリモコンを操作し、車いすを所定の位置まで引き上げる ベルトフリーボタンを再度押してウインチモードに切り替え、ワイヤレスリモコンを操作して車いすを所定の位置まで引き上げる
ステップ4 車いすを固定ベルトで固定、リモコンの「入」ボタンを押して固定されていることを確認する 車いすに固定ベルトをかけ、電動ウインチで固定 車いすに固定ベルトをかけ、たるみをとったらリモコンの「入」ボタンを押して固定

車種により多少手順に違いはありますが、おおむね同じような操作方法となっています。

慣れてしまえば、どの車種でも戸惑うことなく操作できるはずです。

総合的に車いすの載せやすさを検証すると、開口部の高さなどの数値の点で、スペーシアがややリードというところでしょう。

■ グレード体系はN-BOX 車いす仕様車が充実

続いて、各車の車いす移動車のグレード体系を見てみましょう。

〇 N-BOX 車いす仕様車 全8タイプ

・G・スロープ 1,647,000円
・L・スロープ 1,766,000円
・L・ターボ ・スロープ 1,947,000円
・カスタム L・スロープ 2,007,000円
・G・スロープ 4WD 1,768,000円
・L・スロープ 4WD 1,887,000円
・L・ターボ ・スロープ 4WD 2,068,000円
・カスタム L・スロープ 4WD 2,128,000円

〇 タント スローパー 全8タイプ

・L 1,565,000円
・L ターンシート仕様 1,665,000円
・X 1,740,000円
・X ターンシート仕様 1,840,000円
・カスタム RS 2,000,000円

〇 スペーシア WITHシリーズ 全3タイプ

・ハイブリッドG リヤシート無車 1,583,000円
・ハイブリッドG リヤシート付車 1,618,000円
・ハイブリッドX  1,754,000円

N-BOXは全グレードに4WDが設定されている点が大きなメリットで、雪国のユーザーはN-BOXを選びたくなるでしょう。

またターボエンジン搭載グレードも用意されているので、高速道路を利用する機会が多い人にも対応します。

タントには4WDの設定はありませんが、ターボを望むユーザーにはカスタム RS系で対応。

スペーシアはグレードが少ないうえ4WDやターボの設定もなく、FF+ノンターボしか選択肢がありません。

■ 装備が一番充実しているのはタント スローパー

福祉車両でも、いや福祉車両だからこそ余計に安全装備や快適装備は重要です。

この項目では3車種から人気グレードをピックアップ、それぞれの安全装備や快適装備を比較します。

比較するのは、以下のモデルです。

  • N-BOX 車いす仕様車 L・スロープ (1,766,000円)
  • タント スローパー X (1,740,000円)
  • スペーシア WITHシリーズ ハイブリッド X   (1,754,000円)
機能 / 車名 N-BOX タント スペーシア
自動ブレーキ
誤発進抑制機能
アダプティブクルーズコントール × ×
サイドエアバッグ
カーテンエアバッグ ×
助手席側パワースライドドア
運転席側パワースライドドア ×
運転席シートヒーター
助手席シートヒーター ×
サーキュレーター × ×
360°スーパーUVカット&IRカットガラス ×

〇:標準装備
△:メーカーオプション
×:設定なし

まず予防安全装備ですが、クルマや歩行者との衝突回避を支援する自動ブレーキ (衝突被害軽減ブレーキ)や、ペダルの踏み間違いによる急発進を防ぐ誤発進抑制機能は、3台とも標準装備です。

しかし先行車に自動追従走行を行うアダプティブクルーズコントロールは、N-BOXにしか付きません

軽スーパーハイトワゴン福祉車両比較
引用:honda.co.jp/Nbox

予防安全装備だけで評価すれば、N-BOXがベストです。

一方エアバッグに関しては、側面衝突時に乗員を保護するサイド&カーテンエアバッグが標準装備されるタントがもっとも充実しています。

どちらもメーカーオプションになってしまうN-BOXや、カーテンエアバッグが付かないスペーシアは、衝突安全性の面でタントに一歩を譲ります。

安全装備の総合評価は、アダプティブクルーズコントロールこそ付かないものの、エアバッグが充実しているタントをベストにあげます。

次に快適装備に関してですが、ドアノブに触るだけで電動開閉できる便利なパワースライドドアは、助手席側は3台とも標準装備です。

運転席側はタントのみ標準装備で、N-BOXはメーカーオプションで付けることができます。

スペーシアのみ、運転席側パワースライドドアの装着は不可能です。

そして冬場の快適なドライブにかかせないシートヒーターは、N-BOXとタントが運転席と助手席に付くのに対し、スペーシアは運転席にしか付きません

スペーシアの助手席に人を乗せた場合、ドライバーは自分だけ暖かい思いをすることに引け目を感じてしまいそうです。

その代わり、スペーシアにはエアコンの風を室内に循環させるサーキュレーターが付きます。

軽スーパーハイトワゴン福祉車両比較
引用:suzuki.co.jp/spacia

車内スペースが広い分、室温にムラが生じやすい軽スーパーハイトワゴンにとって、サーキュレーターが付くのは大きなメリットです。

そして、日焼けの原因となる紫外線を約99%カットするスーパーUVカットカット機能と、室温上昇の原因となる赤外線を有効にカットするIRカット機能は、N-BOXとタントはすべてのガラスに付きます。

ただ1台スペーシアだけは、後席回りのガラスに紫外線を約90%カットするUVカット機能しか付きません。

快適装備の総合評価ではタントがベストで、スペーシアは少し見劣りします。

安全装備と快適装備をトータルすると、オプションを何も付けない状態ではタントがベストです。

それでいて価格が3台の中で一番安いことも、タントの魅力にあげられます。

スペーシアは価格が一番高いのに装備が物足りないことを考えると、コストパフォーマンスが劣ると言わざるを得ません。

N-BOXは、オプションのSRSサイド&カーテンエアバッグと運転席パワースライドドアを付ければ装備面で最強になりますが、価格が大きくアップしてしまうのが難点です。

車いす移動車のベストチョイスはタント スローパー!

車いすの積みやすさや装備、価格などをトータルすると、3台の中で一番おすすめできるのはタント スローパーです!

軽スーパーハイトワゴン福祉車両比較
引用:daihatsu.co.jp/friend_tanto_s

価格の安い割に安全装備や快適装備が充実している点が、高く評価できます。

ただし、あくまでも車いすのサイズが適合することを前提としたチョイスです。

もし4WDが必要ならN-BOX一択になりますが、使っている車いすが積めない場合は、車いすを買い替えるしかありません。

スペーシアは、車いすの積みやすさは評価できるものの、カーテンエアバッグがないことや、価格が割高なことから評価は低くなってしまいます。

■ 関連記事 (クリックするとサイト内の別ページに飛びます)

□ 軽スーパーハイトワゴンの運転しやすさを徹底比較!!

□ 軽スーパーハイトワゴンの快適性を徹底比較!!

□ 軽スーパーハイトワゴンの使い勝手を徹底比較!!

■ 愛車を高く売る最善の方法とは!?

ところで、いま乗っている愛車を少しでも高く手放したいと思っていませんか?

その方法として、クルマの一括査定の利用を考えているかもしれません。

しかし、愛車を少しでも高く、かつ面倒な手間をかけずに売りたいなら、クルマの一括査定よりも「ユーカーパック」の方が断然おすすめです!

ローラでおなじみ【ユー カーパック】

ユーカーパックをおすすめする理由は、以下にあげる5つあります。

1.電話対応が一度だけで済む

クルマの一括査定でまず問題なのが、申し込みをしたとたん多くの業者から次々と電話がかかってくることです。

いちいち対応をするのは大変ですし、仕事中に電話がかかってきて困惑することも・・・。

その点、ユーカーパックなら電話対応が一度だけで済むので、煩わしさがありません。

2.査定が短時間で終了する

クルマの一括査定は、業者ごとに査定日の段取りを決める必要があります。

それだけでも結構な手間ですし、全ての査定が終了するまでに時間がかかってしまうのも難点。

それに対し、ユーカーパックは査定が一回で済むので手間いらずですし、その場で査定額が分かるので便利です。

3.業者からプレッシャーをかけられる心配がない

クルマの一括査定でやって来る大抵の業者は、「うちはどこよりも高い査定額を付ける自信があります。だからいますぐ売ってください!先送りにしたらどんどん査定額が下がってしまいますよ!」などとプレッシャーをかけてきます。

よほど駆け引きの得意な人でない限り、すべての業者に査定してもらう前にどこかしらの業者に押し切られ、不本意ながら売買契約を結んでしまう結果になりかねません。

一方、ユーカーパックは業者がオークション形式で入札する方式なので、オークション終了まで業者と関わる必要がありません。

最終的に関わる業者は、落札した業者1社のみで済みます。

業者からのプレッシャーに悩まされずに済むことも、ユーカーパックの大きなメリットと言えるでしょう。

4.個人情報が流出する心配がない

クルマの一括査定を利用すると、実際に査定を受けるか否かにかかわらず、提携しているすべての業者に個人情報が流れてしまいます。

その結果、連日のようにしつこく営業メールが送られてくるかもしれません。

ユーカーパックは最終的に落札した業者にしか個人情報が渡らないので、そんな心配は無用です。

5.買取価格が高い!

クルマの一括査定の場合、一番高い査定額を付けてくれた業者であっても、買取相場上限の査定額が付いている可能性はほとんどありません。

それは、売り手と買い手の間に複数の業者が介入するため中間マージンが取られ、その分査定額が下がってしまうからです。

また、クルマの一括査定サービスが提携している業者は、全国に星の数ほどある中古車買取業者うち、最大でも10社に過ぎません。

これでは、相場上限の査定額を望むのは難しいですね。

一方、ユーカーパックは業者が直接ユーカーパックに出品中のクルマに入札できるため、中間マージンが発生しません。

さらに、最大5,000社もの業者が入札する仕組みなので、相場上限の査定額が付く可能性が極めて高くなります。

このように、ユーカーパックはクルマの一括査定と比べた場合、ユーザーにとって圧倒的なメリットがあるのです。

クルマを手放すことを検討しているなら、是非ユーカーパックを利用してみてください!

ローラでおなじみ【ユー カーパック】