軽スーパーハイトワゴンの走行性能を徹底比較!!

軽スーパーハイトワゴン比較

室内スペースの広さや、使い勝手のよさで人気を集めている軽スーパーハイトワゴン。

しかし、いくら広くて便利でも、走りがイマイチだったらストレスが溜まってしまうでしょう。

ここでは軽スーパーハイトワゴンから人気車種を4台ピックアップし、走行性能を徹底比較してみました。

ノンターボ車の動力性能を比較

比較する車種は、以下の4台になります。

ホンダ・N-BOX / N-BOXカスタム 1,448,700円~2,131,800円

軽スーパーハイトワゴン走行性能比較
引用:honda.co.jp/Nbox

ダイハツ・タント / タントカスタム 1,386,000円~1,903,000円

軽スーパーハイトワゴン比較
引用:daihatsu.co.jp/tanto

スズキ・スペーシア / スペーシアカスタム 1,312,300円~1,934,900円

軽スーパーハイトワゴン走行性能比較
suzuki.co.jp/spacia

日産・ルークス / ルークスハイウェイスター 1,415,700円~2,043,800円 

軽スーパーハイトワゴン走行性能比較
引用:nissan.co.jp/roox

まずはじめに、売れ筋になっているノンターボ車 (自然吸気エンジン車) のパワートレインを比較してみましょう。

■ エンジンが一番パワフルなのは、N-BOX

軽スーパーハイトワゴン走行性能比較
honda.co.jp/Nbox

4台のスペックを、表にまとめてみました。

項目 / 車名 N-BOX タント スペーシア ルークス
エンジンの最高出力 (ps / rpm) 58 / 7,300 52 / 6,900 52 / 6,500 52 / 6,400
エンジンの最大トルク (kg・m / rpm) 6.6 / 4,800 6.1 / 3,600 6.1 / 4,000 6.1 / 3,600
モーターの最高出力 (ps / rpm) 3.1 / 1,000 2.0 / 1,200
モーターの最大トルク (kg・m / rpm) 5.1 / 100 4.1 / 100
パワーモード × ×
車両重量 (kg) 890~1,000 880~950 850~940 940~1,030
WLTCモード燃費 (km/L) 20.4~21.8 21.4~22.7 20.2~22.2 19.0~20.9

4台の中で1番パワフルなエンジンを搭載しているのが、N-BOXです。

N-BOXはほかの3台と比べ最高出力で6ps、最大トルクで0.5kg・mも勝っています。

他車よりも高回転型の特性なので、特にエンジンをめいっぱい回すフル加速時に、差を実感できるはず。

そしてエンジンのスペックのはかに注目するべきポイントは、モーターの有無です。

スペーシアとルークスの2台は、エンジンのほかにモーターも搭載するマイルドハイブリッド仕様になっています。

エンジンのスペックではN-BOXに劣っていても、モーターのアシストがあるため、トータルの出力・トルクではN-BOXと互角と言えるでしょう。

さらにスペーシアに関しては、車両重量が4台の中で一番軽いため動力性能の点で有利です。

また、エンジンとトランスミッションの制御を変え、力強い走りを実現するパワーモードが備わる点もスペーシアの強みになっています。

一方ルークスは、逆に4台のうち一番車体が重いので、モーターのアシストを帳消しにしていると言えそうです。

そしてタントですが、エンジンのスペックはN-BOXに劣り、モーターのアシストもないため、一見すると不利に思えるかもしれません。

しかし、ダイハツ独自の「D-CVT」と呼ばれる非常に効率の高いCVTが、パワートレインの非力さをカバーしています。

さらにスペーシア同様に、パワーモード (D-アシスト) が備わるのもメリットです。

次に、燃費を比較してみましょう。

カタログ燃費 (WLTCモード) を見るとタントがもっとも良く、ルークスがワーストとなっています。

ルークスは、やはり車重の重さが燃費に響いているようです。

■ 実際の動力性能は、スペーシアがトップ

軽スーパーハイトワゴン走行性能比較
suzuki.co.jp/spacia

4台のパワートレインには、それぞれに特徴がありますが、実際に一番キビキビ走るのはスペーシアです。

エンジンは特に高出力ではありませんが、モーターのアシストやパワーモードがカバーしています。

そして車体がライバルよりも軽いことも、走りの上でプラス要素です。

そのスペーシアに次いで良く走るのが、N-BOX

純ガソリン車なのでモーターのアシストはありませんが、ライバルよりパワフルなエンジンを搭載しているのが強みです。

特にエンジンの回転が高くなる山道の上りなどで、本領を発揮します。

ただ、エンジン回転がそこまで上がらない街乗りの走りは、ライバルと大差ありません。

動力性能の3番手は、タントです。

エンジンのスペックは平凡で、モーターのアシストもありませんが、高効率なD-CVTとパワーモードのおかげで走りは悪くありません。

スペーシアやN-BOXと乗り比べをしない限り、不満は感じないはず。

動力性能で一番劣るのは、ルークスです。

モーターのアシストはありますが、車体が4台の中で一番重いことが足を引っ張っています。

加速は良く言えば穏やか、悪く言えば緩慢で、せっかちな人はストレスを感じてしまうでしょう。

もしノンターボ車でもなるべくストレスなく走りたいなら、スペーシアがベストチョイスです。

逆にルークスは、ストレスを感じるケースが多くなります。

次に、実燃費を比較してみましょう。

4台の実燃費は、以下のとおりです。(※e燃費調べ)

  • N-BOX 15.4~16.8km/L
  • タント 16.0~17.2km/L
  • スペーシア 17.5~18.4km/L
  • ルークス 13.4~14.1km/L

実燃費ではスペーシアがもっとも良く、タント、N-BOXと続き、ワーストはカタログ燃費と同様ルークスです。

スペーシアは動力性能も燃費もトップ、ということになります。

逆に、ルークスは加速・燃費ともにワーストとなってしまいました。

ノンターボ車の動力性能&燃費性能の総合評価 (5段階)

  • スペーシア 4
  • N-BOX 3.5
  • タント 3
  • ルークス 2.5

ターボ車の動力性能を比較

続いて、軽スーパーハイトワゴンのターボ車のパワートレインを比較します。

比較する車種は、以下の4台です。

ホンダ・N-BOX / N-BOXカスタム 1,778,700円~2,252,800円

軽スーパーハイトワゴン走行性能比較
引用:honda.co.jp/Nbox

ダイハツ・タント / タントカスタム 1,650,000円~1,991,000円

軽スーパーハイトワゴン比較
引用:daihatsu.co.jp/tanto

スズキ・スペーシアカスタム / スペーシアギア 1,802,900円~2,006,400円

軽スーパーハイトワゴン走行性能比較
引用:suzuki.co.jp/spacia_custom

日産・ルークスハイウェイスター 1,823,800円~2,132,900円

軽スーパーハイトワゴン走行性能比較
引用:nissan.co.jp/roox

N-BOXとタントは、カスタム系だけでなくノーマル系もターボを選ぶことができます。

一方スペーシアとルークスは、ノーマル系にはターボの設定がありません。

■ トルクの大きさでリードするN-BOX

軽スーパーハイトワゴン走行性能比較
引用:honda.co.jp/Nbox

4台のスペックは、以下のとおりになります。

項目 / 車名 N-BOX タント スペーシア ルークス
エンジンの最高出力 (ps / rpm) 64/ 6,000 64 / 6,400 64 / 6,000 64 / 5,600
エンジンの最大トルク (kg・m / rpm) 10.6 / 2,600 10.2 / 3,600 10.0 / 3,000 10.2 / 2,400~4,000
モーターの最高出力 (ps / rpm) 3.1 / 1,000 2.0 / 1,200
モーターの最大トルク (kg・m / rpm) 5.1 / 100 4.1 / 100
パワーモード × ×
車両重量 (kg) 910~1,020 920~970 900~950 1,000~1,050
WTLCモード燃費 (km/L) 19.0~20.4 19.6~21.1 19.2~19.8 17.5~19.2

軽自動車には馬力の自主規制があるため、ターボ車の最高出力は4台とも64psで、ノンターボ車の場合と違いメーカーによる差はありません。

しかし最大トルクには自主規制がないため、4台の数値は異なっています。

ここで注目すべきは、N-BOXです。

N-BOXはライバルよりも0.4~0.6km・m大きいトルクを、2,600回転という比較的低い発生回転数で発生しています。

主に低中回転域を使って走る街乗りでも、ライバルたちよりも力強い走りが望めるということです。

また、最高出力を他車よりも低い5,600回転で発生し、最大トルクを2,400~4,000回転という広い回転域で発生するルークスにも注目。

さらにルークスは、ノンターボ車と同様にモーターのアシストも付きます。

ただ、ライバルたちよりも車体が重いため、パワートレインの利点を生かしきれていません。

次にスペーシアですが、エンジンのスペックを見ると最大トルクの数字が一番小さいのが気になるかもしれません。

しかし、やはりノンターボ車の場合と同じように車体が4台中もっとも軽いことと、モーターのアシストがあるため、実際のパフォーマンスは侮れません。

そしてタントですが、エンジンのスペックは平均的で、モーターのアシストもなく、車体もスペーシアほど軽くはなく・・・とスペック上はパっとしません。

しかし、効率の高いD-CVTがカバーしてくれるので、スペック以上の走りが期待できるでしょう。

次にカタログ燃費を比較すると、ノンターボ車同様タントがもっとも良く、ルークスがもっとも悪い数値になっています。

ターボ車の場合も、ルークスは車重が足を引っ張っているようです。

■ 実際の動力性能も、N-BOXがナンバーワン

軽スーパーハイトワゴン走行性能比較
引用:honda.co.jp/Nbox

実際の動力性能も、ターボ車の場合はN-BOXが一番優れています。

ライバルよりも強力なエンジントルクが物をいい、加速力は軽ハイトワゴンでトップです。

とにかくエンジンの性能が高いので、モーターのアシストがないことも特にデメリットになっていません。

特に高速道路の本線への合流や、追い越し加速時にパワフルさが実感できるでしょう。

そのN-BOXに次ぐ動力性能を持つのが、スペーシアです。

エンジンのトルクは4台の中で一番劣っていますが、モーターがある程度カバーしてくれる上、車体の軽さが効いています。

パワーモードを使えば、感覚的なキビキビ感は一番かもしれません。

エンジンのスペックではスペーシアに見劣りしないタントは、モーターのアシストがないため加速の瞬発力で一歩を譲ります。

また、ルークスはせっかくのモーターのアシストが車体の重さで帳消しになるのがマイナス要素です。

タントとルークスの動力性能は、ほぼ互角といえるでしょう。

次に実燃費を比較すると、燃費検証サイト「e燃費」のデータでは以下のとおりとなっています。

  • N-BOX  15.0~15.8km/L
  • タント  15.9~16.5km/L
  • スペーシア  14.5~18.4km/L
  • ルークス  15.5km/L

実燃費の平均値を取ると、4台に極端な差はありません

カタログ燃費では群を抜いて悪かったルークスも、実燃費は悪くない数値です。

ターボ車の動力性能&燃費性能の総合評価 (5段階)

  • N-BOX 4.5
  • スペーシア 4
  • タント 3.5
  • ルークス 3.5

操縦安定性が一番高いのは、ルークス

軽スーパーハイトワゴン走行性能比較
引用:nissan.co.jp/roox

軽スーパーハイトワゴンは車高がかなり高いのに対し、全幅が制限される軽自動車規格のために、トレッド (タイヤとタイヤの間隔) が狭くなっています。

そのため、操縦安定性の点では基本的に不利です。

そんな中で、ルークスは軽スーパーハイトワゴン特有のネガが少なく、安心して運転できます。

ヘタなコンパクトカー顔負けの、しっかりした足回りを持っているため、カーブの連続する山道でも不安感がありません。

また、ステアリングレスポンスが適度にシャープなことや、ステアリングフィールが優れていることもルークスの美点です。

さらにルークスには、滑りやすい路面での走行安定性を確保する「ブレーキLSD機能」が装備されるため、雨の日でも安心して走ることができます。

ルークスなら、特に背の高いクルマに乗っていることを意識せずに走れるでしょう。

そのルークスに引けを取らない足回りを持つのが、タントです。

ただ、ステアリングフィールがルークスより少し頼りないため、次点としました。

そして、動力性能では高く評価できるN-BOXですが、足回りが他車よりも柔らかいため、カーブでの車体のロールが大きめです。

その一方で、N-BOXにはカーブで内側のタイヤにブレーキをかけ、旋回性を高める「アジャイルハンドリングアシスト」という武器があるものの、より設計の新しいルークスやタントと比べ操縦安定性は幾分劣ります。

スペーシアは、足回りのしっかり感がルークスやタントより劣ることや、ステアリングが軽すぎて少し頼りないことがマイナスポイント。

また、ステアリングレシオがスロー過ぎて、カーブでステアリング操作が忙しくなるのも欠点です。

動力性能は優れているスペーシアですが、操縦安定性ではワーストになってしまいます。

操縦安定性の評価 (5段階)

  • ルークス 4
  • タント 3.5
  • N-BOX 3
  • スペーシア 2.5

総合的な走行性能ナンバーワンは、N-BOX!

軽スーパーハイトワゴン走行性能比較
引用:honda.co.jp/Nbox

動力性能と操縦安定性をトータルした走行性能では、ターボ車・ノンターボ車を問わずN-BOXをナンバーワンにあげます。

走行性能の総合評価 (10点満点)

  • N-BOX 7~7.5
  • ルークス 6.5~7.5
  • タント 6.5~7
  • スペーシア 6.5

動力性能が優れていることや、ベストではないものの破綻のない操縦安定性を備えていることが、ナンバーワンにあげた理由です。

動力性能と操縦安定性のバランスは、4台の中で一番と言えるでしょう。

ルークスは操縦安定性だけならベストですが、動力性能でN-BOXに見劣りするのが欠点です。

またノンターボ車の燃費の悪さも弱点にあげられます。

タントは動力性能、操縦安定性とも悪くありませんが、ライバルと比べ飛び抜けたポイントがありません。

スペーシアは動力性能はN-BOXにそん色ないものの、操縦安定性が劣るため、総合評価はワーストになってしまいます。

■ 関連記事 (クリックするとサイト内の別ページに飛びます)

□ 軽スーパーハイトワゴンの運転しやすさを徹底比較!!

□ 軽スーパーハイトワゴンの快適性を徹底比較!!

□ 軽スーパーハイトワゴン4WD車の雪道走行性能を徹底比較!!

■ 愛車を高く売る最善の方法とは!?

ところで、いま乗っている愛車を少しでも高く手放したいと思っていませんか?

その方法として、クルマの一括査定の利用を考えているかもしれません。

しかし、愛車を少しでも高く、かつ面倒な手間をかけずに売りたいなら、クルマの一括査定よりも「ユーカーパック」の方が断然おすすめです!

ローラでおなじみ【ユー カーパック】

ユーカーパックをおすすめする理由は、以下にあげる5つあります。

1.電話対応が一度だけで済む

クルマの一括査定でまず問題なのが、申し込みをしたとたん多くの業者から次々と電話がかかってくることです。

いちいち対応をするのは大変ですし、仕事中に電話がかかってきて困惑することも・・・。

その点、ユーカーパックなら電話対応が一度だけで済むので、煩わしさがありません。

2.査定が短時間で終了する

クルマの一括査定は、業者ごとに査定日の段取りを決める必要があります。

それだけでも結構な手間ですし、全ての査定が終了するまでに時間がかかってしまうのも難点。

それに対し、ユーカーパックは査定が一回で済むので手間いらずですし、その場で査定額が分かるので便利です。

3.業者からプレッシャーをかけられる心配がない

クルマの一括査定でやって来る大抵の業者は、「うちはどこよりも高い査定額を付ける自信があります。だからいますぐ売ってください!先送りにしたらどんどん査定額が下がってしまいますよ!」などとプレッシャーをかけてきます。

よほど駆け引きの得意な人でない限り、すべての業者に査定してもらう前にどこかしらの業者に押し切られ、不本意ながら売買契約を結んでしまう結果になりかねません。

一方、ユーカーパックは業者がオークション形式で入札する方式なので、オークション終了まで業者と関わる必要がありません。

最終的に関わる業者は、落札した業者1社のみで済みます。

業者からのプレッシャーに悩まされずに済むことも、ユーカーパックの大きなメリットと言えるでしょう。

4.個人情報が流出する心配がない

クルマの一括査定を利用すると、実際に査定を受けるか否かにかかわらず、提携しているすべての業者に個人情報が流れてしまいます。

その結果、連日のようにしつこく営業メールが送られてくるかもしれません。

ユーカーパックは最終的に落札した業者にしか個人情報が渡らないので、そんな心配は無用です。

5.買取価格が高い!

クルマの一括査定の場合、一番高い査定額を付けてくれた業者であっても、買取相場上限の査定額が付いている可能性はほとんどありません。

それは、売り手と買い手の間に複数の業者が介入するため中間マージンが取られ、その分査定額が下がってしまうからです。

また、クルマの一括査定サービスが提携している業者は、全国に星の数ほどある中古車買取業者うち、最大でも10社に過ぎません。

これでは、相場上限の査定額を望むのは難しいですね。

一方、ユーカーパックは業者が直接ユーカーパックに出品中のクルマに入札できるため、中間マージンが発生しません。

さらに、最大5,000社もの業者が入札する仕組みなので、相場上限の査定額が付く可能性が極めて高くなります。

このように、ユーカーパックはクルマの一括査定と比べた場合、ユーザーにとって圧倒的なメリットがあるのです。

クルマを手放すことを検討しているなら、是非ユーカーパックを利用してみてください!

ローラでおなじみ【ユー カーパック】