軽スーパーハイトワゴンの運転しやすさを徹底比較!!

軽スーパーハイトワゴン比較

軽スーパーハイトワゴンはどれも似たような形をしていますが、運転のしやすさは車種によって意外と差があります。

日常的にクルマを使うからには、なるべく運転がしやすい車種を選びたいと考えている人は多いはずです。

そこで軽スーパーハイトワゴンの人気車種4台をピックアップし、視界や駐車支援装備など、運転しやすさの違いを徹底的に検証してみました。

チルトステアとシートリフターはルークスのみ全車に標準装備!

運転のしやすさを比較するのは、以下の4台です。

ホンダ・N-BOX 1,448,700円~2,252,800円

軽ハイトワゴン運転しやすさ比較
引用:honda.co.jp/Nbox

ダイハツ・タント 1,386,000円~1,991,000円

軽スーパーハイトワゴン比較
引用:daihatsu.co.jp/tanto

スズキ・スペーシア 1,312,300円~2,006,400円

軽スーパーハイトワゴン運転しやすさ比較
suzuki.co.jp/spacia

日産・ルークス 1,415,700円~2,132,900円

軽スーパーハイトワゴン運転しやすさ比較
引用:nissan.co.jp/roox

クルマを運転するにあたり、ドライビングポジションをしっかり決めることは基本中の基本です。

人によって体格・体形はまちまちなので、ステアリングの上下位置を調整するチルトステアリングと、運転席の座面高さを調整するシートリフターは最低限欲しいところ。

しかし、チルトステアリングと運転席シートリフターが全車に標準装備されるのは、4台の中ではルークスだけです。

N-BOX、タント、スペーシアでは最廉価グレードを選ぶと標準装備されないばかりか、オプション設定もありません。

軽スーパーハイトワゴン運転しやすさ比較
引用:daihatsu.co.jp/tanto

ルークスのように全車にチルトステアリングと運転席シートリフターが標準装備されるのは、むしろ当たり前のことです。

ドライビングポジション調整機能の評価 (5段階)

  • ルークス 4
  • N-BOX 3
  • スペーシア 3
  • タント 3

小回りが一番効くのはスペーシア!

狭い場所で取り回しがしやすいかどうかも、運転のしやすさを大きく左右するポイントです。

ボディが小さいほど取り回し性は良くなりますが、この点では4台とも軽自動車なので条件は一緒です。

あとは、最小回転半径の大小が取り回しのしやすさを左右する要素になります。

では、4台の最小回転半径を比べてみましょう。

  • N-BOX   4.5m (15インチタイヤ装着車・4WD車は4.7m)
  • タント 4.4m (15インチタイヤ装着車は4.7m)
  • スペーシア 4.4m (15インチタイヤ装着車は4.6m)
  • ルークス 4.5m (15インチタイヤ装着車は4.8m)

15インチタイヤ装着車まで含めると、僅かの差ながらスペーシアの小回り性がもっとも優れていることが分かります。

たった10cm、20cmの違いでも、狭い駐車場や路地での取り回しに差が出ることもあるでしょう。

そう考えると、取り回しやすさを重視するならスペーシアがベストチョイスです。

注意が必要なのはN-BOXで、4WD車を選ぶと最小回転半径が20cmも拡大されてしまいます。

できれば4WD車を選びたい雪国のユーザーにとって、取り回しが悪化してしまうのは気がかりでしょう。

小回り性の評価 (5段階)

  • スペーシア 4.5
  • タント 4.5
  • N-BOX 4
  • ルークス 4

全方位に視界がいいのはN-BOXとスペーシア!

視界の良し悪しも、運転しやすさを左右します。

ここで、4台の視界をチェックしてみましょう。

■ 前方視界は一長一短あり

はじめに、4台の前方視界を比較します。

4台とも運転席のヒップポイントが高く、フロントウィンドウも大きいため、基本的にどの車種も前方視界に大きな問題はありません。

しかし細かくチェックしてみると、4台の視界には結構違いがあります。

N-BOXは4台の中でAピラー (フロントピラー) が一番細く、角度も一番立っているので、斜め前方も含め視界は良好です。

軽スーパーハイトワゴン運転しやすさ比較
引用:honda.co.jp/Nbox

ただ、ほかの3台と比べメーターパネルの盛り上がりが大きく、真正面の視界を若干損ねている点がマイナスポイント。

タントもメーターパネルが少し盛り上がっていますが、N-BOXほどは気になりません。

軽スーパーハイトワゴン運転しやすさ比較
引用:daihatsu.co.jp/tanto

しかしAピラーはN-BOXより少し太いので、斜め前方視界は若干劣ります。

スペーシアはメーターパネルの位置が4台の中でもっとも低いので、前方視界は大変良好です。

軽スーパーハイトワゴン運転しやすさ比較
引用:suzuki.co.jp/spacia

ただしAピラーはタントと同じくらいの太さがあるので、斜め前方視界はN-BOXよりいくぶん劣ります。

ルークスもメーターパネルの位置が低めなので、前方視界は申し分ありません。

軽スーパーハイトワゴン運転しやすさ比較
引用:nissan.co.jp/roox

しかしAピラーがやや太く、ほかの3台と比べ角度が寝ているので、斜め前方視界はもっとも劣ります。

一方でドアミラーの取り付け位置が高く、ドアミラーの隙間から歩行者などが確認できるのは、ルークスならではのメリットです。

4台の前方視界は、このように一長一短があり、甲乙付け難いものとなっています。

■ 斜め後方視界はN-BOXとスペーシアが良好

側方や真後ろの視界に関しては、4台ともサイドウィンドウやリアウィンドウの面積が大きいので、いずれも大変良好です。

ただ、バックで駐車するときや車線変更するときに重要な斜め後方視界は、車種によって差があります。

斜め後方視界が優れているのは、リアクォーターウィンドウの面積が大きいN-BOXとスペーシアです。

軽スーパーハイトワゴン運転しやすさ比較
N-BOXのリアクォーターウィンドウ (引用:honda.co.jp/Nbox)
軽スーパーハイトワゴン運転しやすさ比較
スペーシアのリアクォーターウィンドウ (引用:suzuki.co.jp/spacia)

どちらもほぼスクエアなリアクォーターウィンドウが付いているので、斜め後方の死角がとても少なくなっています。

ルークスはデザイン優先のため、リアクォーターウィンドウのベルトラインが跳ね上がっているので、斜め後方の死角がやや大きめです。

軽スーパーハイトワゴン運転しやすさ比較
ルークスのリアクォーターウィンドウ (引用:nissan.co.jp/roox)

また、タントもリアクォーターウィンドウのデザイン性を重視しているため、斜め後方視界はN-BOXやスペーシアより若干劣ります。

軽スーパーハイトワゴン運転しやすさ比較
タントのリアクォーターウィンドウ (引用:daihatsu.co.jp/tanto)

視界を総合的に評価すると、すべての方向に優れているのはN-BOXとスペーシアの2台です。

ルークスとタントは、実用上危険を感じるほどではありませんが、斜め後方視界がN-BOXやスペーシアに劣っています。

視界の総合評価 (5段階)

  • N-BOX 4.5
  • スペーシア 4.5
  • タント 4
  • ルークス 4

駐車支援装備が一番充実しているのはルークス!

普通に走る分には問題ないけれど、駐車はどうも苦手で・・・という人は意外と多いのではないでしょうか?

そんな場合でも、駐車を支援してくれる装備が付いていれば安心です。

ここで、各車の駐車支援装備の違いを見てみましょう。

機能 / 車名 N-BOX タント スペーシア ルークス
フロントパーキングセンサー
リアパーキングセンサー
カメラ映像表示システム
駐車支援システム × × ×

〇:全車に標準装備
△:グレード別装備
▲:オプション
×:設定なし

■ パーキングセンサーが全車標準装備されるのはタントとルークス

障害物に接近すると、超音波センターが検知して警報音と表示で注意を促す装備がパーキングセンサー (コーナーセンサー) です。

バックで駐車する際、目測をあやまってリアバンパーをぶつけてしまったり、後ろにばかり気を取られた結果、フロントのコーナー部分をぶつけてしまうなどのミスをする可能性があります。

しかしパーキングセンサーが付いていれば、そうしたアクシデントを防ぐことが可能です。

フロントとリアのパーキングセンサーが全車に標準装備されるのは、タントとルークスの2台

最廉価グレードでも抜かりなく装備している点は、高く評価できます。

N-BOXはリアのパーキングセンサーは全車に標準装備ですが、フロントは全車ディーラーオプションです。

また、スペーシアはフロントパーキングセンサーが全車ディーラーオプションとなるだけなく、リアパーキングセンサーも標準装備されないグレード (スズキセーフティサポート非装着車) があります。

スペーシアは、パーキングセンサーの設定に関してはワーストと言わざるを得ません。

■ 全方位の映像を表示するシステムはルークスのみ標準装備

駐車などを支援する装備のひとつに、車体に設置されたカメラの映像をディスプレイに表示するシステムがあります。

自車を真上から見下ろしたような映像や、車両後方の映像などが表示されるので、安全確認が容易になるのがメリットです。

この装備が標準で付いてくるのは、4台の中ではルークスしかありません (※最廉価グレードを除く)。

日産では「インテリジェントアラウンドビューモニター」と呼んでいて、カメラの映像はルームミラー内のディスプレイに表示されます。

ディーラーオプションのナビを付ければ、映像をより大きな画面で見ることも可能です。

スズキはこの装備を「全方位モニター」と呼び、スペーシアの売り物のひとつにしています。

軽スーパーハイトワゴン運転しやすさ比較
引用:suzuki.co.jp/spacia

しかし、全方位モニター用カメラと対応ナビはオプションで、最初から付いてくるわけではありません。

このオプションを付けると、かなりの金額になってしまうため、装着をためらってしまう人も多いと思います。

またダイハツでは「パノラマモニター」と呼んでいますが、スペーシア同様にタントも標準装備されるグレードはなく、オプション扱いです。

https://youtu.be/ly0D6P7slo8

そしてN-BOXですが、ディーラーオプションの「フロントカメラシステム」「リアカメラdeあんしんプラス2」を選べば、純正ナビ画面に映像を表示できます。

■ 駐車支援装備はタントのみ設定あり

タントは4台の中で唯一、駐車時に自動でステアリング操作をしてくれる駐車支援装備「スマートパノラマパーキングアシスト」が用意されています。

https://youtu.be/Mq7xIUxwuHA

L系を除くグレードにメーカーオプションで、価格は後方の映像を表示するディスプレイなどがセットになって71,500円です。

軽自動車にはちょっと贅沢かもしれませんが、駐車が苦手な人には嬉しい装備でしょう。

またN-BOXには、本格的な駐車支援装備ではありませんが、前輪の向きをマルチインフォメーションディスプレイに表示する機能があります。

駐車時に、前輪がどの方向を向いているのか分からなくなってしまった経験があると思いますが、この機能があれば大丈夫です。

駐車支援装備を総合評価すると、全車にパーキングセンサーとカメラ映像表示システムが標準装備されるルークスが一番充実しています。

ルークスに次ぐのは全車にパーキングセンサーが装備され、オプションでスマートパノラマパーキングアシストが選べるタントです。

運転支援装備の評価 (5段階)

  • ルークス 4.5
  • タント 4
  • N-BOX 3.5
  • スペーシア 3

総合的な運転しやすさはルークスがベスト!

ここまで軽スーパーハイトワゴン4台の運転しやすさについて、さまざまな観点から検証してきました。

4項目を合計したポイントは以下のとおりです。

運転しやすさの総合評価 (20点満点)

  • ルークス 16.5
  • タント 15.5
  • N-BOX 15
  • スペーシア 15

ポイントでトップに立った車種=一番運転しやすいクルマは、ルークスです。

軽スーパーハイトワゴン運転しやすさ比較
引用:nissan.co.jp/roox

視界や小回り性の点ではベストとは言えませんが、運転を支援する装備が充実しているのが大きなメリット。

オプションを何も付けず、少しでも安価に運転しやすい軽スーパーハイトワゴンを手に入れたいなら、ルークスがベストチョイスです。

次点には小回り性に優れ、オプションで駐車支援システムが選べるタントが入りました。

N-BOXとスペーシアも十分運転しやすいクルマですが、ルークスやタントと比較すると運転支援装備が見劣りするのがマイナス要素です。

■ 関連記事 (クリックするとサイト内の別ページに飛びます)

□ 軽スーパーハイトワゴンの使い勝手を徹底比較!!

□ 軽スーパーハイトワゴンの快適性を徹底比較!!

□ 軽スーパーハイトワゴンの走行性能を徹底比較!!

■ 愛車を高く売る最善の方法とは!?

ところで、いま乗っている愛車を少しでも高く手放したいと思っていませんか?

その方法として、クルマの一括査定の利用を考えているかもしれません。

しかし、愛車を少しでも高く、かつ面倒な手間をかけずに売りたいなら、クルマの一括査定よりも「ユーカーパック」の方が断然おすすめです!

ローラでおなじみ【ユー カーパック】

ユーカーパックをおすすめする理由は、以下にあげる5つあります。

1.電話対応が一度だけで済む

クルマの一括査定でまず問題なのが、申し込みをしたとたん多くの業者から次々と電話がかかってくることです。

いちいち対応をするのは大変ですし、仕事中に電話がかかってきて困惑することも・・・。

その点、ユーカーパックなら電話対応が一度だけで済むので、煩わしさがありません。

2.査定が短時間で終了する

クルマの一括査定は、業者ごとに査定日の段取りを決める必要があります。

それだけでも結構な手間ですし、全ての査定が終了するまでに時間がかかってしまうのも難点。

それに対し、ユーカーパックは査定が一回で済むので手間いらずですし、その場で査定額が分かるので便利です。

3.業者からプレッシャーをかけられる心配がない

クルマの一括査定でやって来る大抵の業者は、「うちはどこよりも高い査定額を付ける自信があります。だからいますぐ売ってください!先送りにしたらどんどん査定額が下がってしまいますよ!」などとプレッシャーをかけてきます。

よほど駆け引きの得意な人でない限り、すべての業者に査定してもらう前にどこかしらの業者に押し切られ、不本意ながら売買契約を結んでしまう結果になりかねません。

一方、ユーカーパックは業者がオークション形式で入札する方式なので、オークション終了まで業者と関わる必要がありません。

最終的に関わる業者は、落札した業者1社のみで済みます。

業者からのプレッシャーに悩まされずに済むことも、ユーカーパックの大きなメリットと言えるでしょう。

4.個人情報が流出する心配がない

クルマの一括査定を利用すると、実際に査定を受けるか否かにかかわらず、提携しているすべての業者に個人情報が流れてしまいます。

その結果、連日のようにしつこく営業メールが送られてくるかもしれません。

ユーカーパックは最終的に落札した業者にしか個人情報が渡らないので、そんな心配は無用です。

5.買取価格が高い!

クルマの一括査定の場合、一番高い査定額を付けてくれた業者であっても、買取相場上限の査定額が付いている可能性はほとんどありません。

それは、売り手と買い手の間に複数の業者が介入するため中間マージンが取られ、その分査定額が下がってしまうからです。

また、クルマの一括査定サービスが提携している業者は、全国に星の数ほどある中古車買取業者うち、最大でも10社に過ぎません。

これでは、相場上限の査定額を望むのは難しいですね。

一方、ユーカーパックは業者が直接ユーカーパックに出品中のクルマに入札できるため、中間マージンが発生しません。

さらに、最大5,000社もの業者が入札する仕組みなので、相場上限の査定額が付く可能性が極めて高くなります。

このように、ユーカーパックはクルマの一括査定と比べた場合、ユーザーにとって圧倒的なメリットがあるのです。

クルマを手放すことを検討しているなら、是非ユーカーパックを利用してみてください!

ローラでおなじみ【ユー カーパック】