ムーヴキャンバスとワゴンRスマイルの快適性を徹底比較!!

ムーヴキャンバス&ワゴンRスマイル比較

ムーヴキャンバスとワゴンRスマイルのどちらを選べばいいのか、迷っている人も多いことでしょう。

2台のキャラクターからして、快適性は選択の重要なポイントになるはずです。

ここでは、ムーヴキャンバスとワゴンRスマイルの快適性を様々な観点から比較していきますので、購入時の参考にどうぞ。

乗り心地はムーヴキャンバスが快適

ダイハツ・ムーヴキャンバス 1,496,000円~1,793,000円

ムーヴキャンバス&ワゴンRスマイル比較
daihatsu.co.jp/move_canbus

スズキ・ワゴンRスマイル 1,296,900円~1,716,000円

ムーヴキャンバス&ワゴンRスマイル快適性比較
引用:suzuki.co.jp/wagonr_smile

まずはじめに、快適性を大きく左右する乗り心地を比較します。

ムーヴキャンバスのサスペンションは特別ソフトではないもののよく動き、路面のギャップを通過した際もショックを巧みに吸収してくれます。

どの速度域でも車体の姿勢がフラットに保たれるのは、ムーヴキャンバスのいいところです。

また前席・後席ともシートの座り心地が良いことも、乗り心地に貢献しています。

一方ワゴンRスマイルは、ムーヴキャンバスと比べると路面のギャップを素直に拾いがちです。

決して荒い乗り心地ではないのですが、比較すると快適性で一歩を譲ります。

また前後席のシートの座面が硬く、座り心地の面でもいま一つです。

総合的な乗り心地では、ムーヴキャンバスがワゴンRスマイルに勝ります。

静粛性はムーヴキャンバスが優位

車内の静粛性に関しても、ムーヴキャンバスが勝ります。

ロードノイズやエンジン音の遮音性が良好で、軽自動車としてはかなり車内が静かな方です。

特にターボ車はエンジン回転が低く抑えられるので、ヘタなコンパクトカー顔負けの静粛性を備えています。

ただし、アイドリングストップからのエンジン再始動時にキュルキュル音が出るのが玉にきずです。

一方ワゴンRスマイルはエンジン音の侵入が大きく、ロードノイズもムーヴキャンバスより耳につきます。

決してうるさいわけではありませんが、比較すると分が悪いと言わざるを得ません。

しかしマイルドハイブリッド車に関しては、アイドリングストップからの再始動時にキュルキュル音が出ないメリットがあります。

室内は若干ワゴンRスマイルが広い

室内で快適に過ごすためには、室内空間の広さも重要なポイントになります。

ここで、2台の室内寸法を比較してみましょう。

項目 / 車名 ムーヴキャンバス ワゴンRスマイル
室内長 (mm) 2,180 2,185
室内幅 (mm) 1,345 1,345
室内高 (mm) 1,275 1,330

ワゴンRスマイルはムーヴキャンバスより室内長が5mm、室内高が55mm大きい数値です。

室内長の差はなきに等しく、後席の足元スペースにもほとんど差はありません。

違いが出るのは頭上のスペースで、前席・後席ともワゴンRスマイルの方が余裕があります。

とは言えムーヴキャンバスも決して頭上スペースが不足しているわけではなく、よほど大柄な人でない限り問題が生じることはないでしょう。

快適装備は一長一短あり

車内で心地よく過ごすためには、快適装備が充実していることも重要なポイント。

ここでムーヴキャンバスとワゴンRスマイルにはどのような快適装備が付くのか、比べてみましょう。

機能 / 車名 ムーヴキャンバス ワゴンRスマイル
フルオートエアコン
蓄冷エバポレーター ×
リヤヒーターダクト
運転席シートヒーター
助手席シートヒーター

〇:全車に標準装備
△:グレード別装備
×:設定なし

■空調機能はワゴンRスマイルが充実

まず空調機能を比べてみると、室温を自動で保つフルオートエアコンは2台とも全車標準装備です。

差が付くのはアイドリングストップでエンジンが停止したときで、ムーヴキャンバスはエアコンの冷房が効かなくなってしまいます。

一方ワゴンRスマイルは、アイドリングストップ機構付のハイブリッド車なら、エンジン停止中も蓄冷エバポレーター「エコクール」の働きで一定の間冷風が出る点が大きな違いです (※ワゴンRスマイルの純ガソリン車はアイドリングストップ機構なし)。

夏場の街乗りなら、ワゴンRの方が間違いなく快適にすごせます。

また、後席に温風を直接届けるリヤヒーターダクトは、ムーヴキャンバスが4WDのみ標準装備なのに対し、ワゴンRスマイルは全車標準装備です。

ムーヴキャンバス&ワゴンR快適性比較
ワゴンRスマイルのリヤヒーターダクト (引用:suzuki.co.jp/wagonr_smile)

夏場の快適性だけでなく、冬場の快適性でもワゴンRスマイルがリードしています。

■ シートヒーターの機能はムーヴキャンバスが上

シートを直接暖めるシートヒーターは、冬場の快適なドライブに欠かせない装備です。

ムーヴキャンバス、ワゴンRスマイルとも運転席・助手席シートヒーターが標準で付くグレードがあります。

ムーヴキャンバスは中上級グレードに運転席・助手席シートヒーターを標準装備。

一方ワゴンRスマイルは、FF車中上級グレードと4WD全車に運転席シートヒーターを、4WD全車に助手席シートヒーターを標準装備します。

ワゴンRスマイルはFF車では上級グレードを選んでも助手席シートヒーターが付かないのは、欠点と言えるでしょう。

またシートヒーターの機能にも違いがあり、ムーヴキャンバスが座面と背もたれが暖まるのに対し、ワゴンRスマイルは座面しか暖まりません。

ムーヴキャンバス&ワゴンRスマイル比較
ムーヴキャンバスのシートヒーター (daihatsu.co.jp/move_canbus)
ムーヴキャンバス&ワゴンR快適性比較
ワゴンRスマイルのシートヒーター (引用:suzuki.co.jp/wagonr_smile)

シートヒーターの設定と機能の両面において、ムーヴキャンバスがワゴンRスマイルをしのいでいます。

総合的な快適性はムーヴキャンバスが一歩リード!

ここまでムーヴキャンバスとワゴンRスマイルを乗り心地や静粛性、室内スペース、快適装備の項目で比較してきました。

すべての要素をトータルした快適性では、ムーヴキャンバスがワゴンRスマイルを一歩リードしています。

ムーヴキャンバスは乗り心地や静粛性でワゴンRスマイルに勝り、快適装備は一長一短があるものの、決して劣ることはありません。

後席の頭上スペースなどワゴンRスマイルに及ばない面もありますが、総合的な快適性ではムーヴキャンバスが勝っています。

■ 関連記事 (クリックするとサイト内の別ページに飛びます)

□ ムーヴキャンバス&ワゴンRスマイルの運転しやすさを徹底比較!!

□ ムーヴキャンバス&ワゴンRスマイルの安全性を徹底比較!!

□ ムーヴキャンバス&ワゴンRスマイルの使い勝手を徹底比較!!

■ 愛車を高く売る最善の方法とは!?

ところで、いま乗っている愛車を少しでも高く手放したいと思っていませんか?

その方法として、クルマの一括査定の利用を考えているかもしれません。

しかし、愛車を少しでも高く、かつ面倒な手間をかけずに売りたいなら、クルマの一括査定よりも「ユーカーパック」の方が断然おすすめです!

ローラでおなじみ【ユー カーパック】

ユーカーパックをおすすめする理由は、以下にあげる5つあります。

1.電話対応が一度だけで済む

クルマの一括査定でまず問題なのが、申し込みをしたとたん多くの業者から次々と電話がかかってくることです。

いちいち対応をするのは大変ですし、仕事中に電話がかかってきて困惑することも・・・。

その点、ユーカーパックなら電話対応が一度だけで済むので、煩わしさがありません。

2.査定が短時間で終了する

クルマの一括査定は、業者ごとに査定日の段取りを決める必要があります。

それだけでも結構な手間ですし、全ての査定が終了するまでに時間がかかってしまうのも難点。

それに対し、ユーカーパックは査定が一回で済むので手間いらずですし、その場で査定額が分かるので便利です。

3.業者からプレッシャーをかけられる心配がない

クルマの一括査定でやって来る大抵の業者は、「うちはどこよりも高い査定額を付ける自信があります。だからいますぐ売ってください!先送りにしたらどんどん査定額が下がってしまいますよ!」などとプレッシャーをかけてきます。

よほど駆け引きの得意な人でない限り、すべての業者に査定してもらう前にどこかしらの業者に押し切られ、不本意ながら売買契約を結んでしまう結果になりかねません。

一方、ユーカーパックは業者がオークション形式で入札する方式なので、オークション終了まで業者と関わる必要がありません。

最終的に関わる業者は、落札した業者1社のみで済みます。

業者からのプレッシャーに悩まされずに済むことも、ユーカーパックの大きなメリットと言えるでしょう。

4.個人情報が流出する心配がない

クルマの一括査定を利用すると、実際に査定を受けるか否かにかかわらず、提携しているすべての業者に個人情報が流れてしまいます。

その結果、連日のようにしつこく営業メールが送られてくるかもしれません。

ユーカーパックは最終的に落札した業者にしか個人情報が渡らないので、そんな心配は無用です。

5.買取価格が高い!

クルマの一括査定の場合、一番高い査定額を付けてくれた業者であっても、買取相場上限の査定額が付いている可能性はほとんどありません。

それは、売り手と買い手の間に複数の業者が介入するため中間マージンが取られ、その分査定額が下がってしまうからです。

また、クルマの一括査定サービスが提携している業者は、全国に星の数ほどある中古車買取業者うち、最大でも10社に過ぎません。

これでは、相場上限の査定額を望むのは難しいですね。

一方、ユーカーパックは業者が直接ユーカーパックに出品中のクルマに入札できるため、中間マージンが発生しません。

さらに、最大5,000社もの業者が入札する仕組みなので、相場上限の査定額が付く可能性が極めて高くなります。

このように、ユーカーパックはクルマの一括査定と比べた場合、ユーザーにとって圧倒的なメリットがあるのです。

クルマを手放すことを検討しているなら、是非ユーカーパックを利用してみてください!

ローラでおなじみ【ユー カーパック】