シエンタとフリードの使い勝手を徹底比較!!

シエンタ&フリード比較

シエンタとフリードは、5ナンバー車ならではの扱いやすさと室内スペースの広さが魅力です。

しかし、この2台の室内や荷室の使い勝手は同じではありません。

ここではシエンタとフリードの使い勝手を、様々な観点から徹底的に比較してみました。

シートアレンジを比較

トヨタ・シエンタ  1,950,000円~3,108,000円

シエンタ&フリード比較
引用:toyota.jp/sienta

ホンダ・フリード  2,275,900円~3,278,000円

シエンタ&フリード使い勝手比較
引用:honda.co.jp/freed

■ シートアレンジはフリードがリード

まずはじめに、2台のシートアレンジを比較してみましょう。

シエンタ、フリードとも3列シート仕様と2列シート仕様があるので、まず3列シート仕様から比較します。

機能 / 車名 シエンタ (7人乗り) フリード (6/7人乗り)
1列目&2列目シートフルフラット機構
2列目&3列目シートフルフラット機構 ×
2列目シートタンブル機構 〇※
3列目シート格納機構

※:7人乗りのみ。

1列目シートの背もたれをフルリクライニングさせて2列目シートの座面とつなげるアレンジは、シエンタ、フリードとも可能です。

シエンタ&フリード比較
シエンタのフロントシートフラットモード (引用:toyota.jp/sienta)
フリード長所・短所
フリード7人乗りの1列目2列目アレンジモード (引用:honda.co.jp/freed)

しかし、2列目シートの背もたれをフルリクライニングさせて3列目シートの座面とつなげるアレンジができるのは、フリードのみとなります。

シエンタ&フリード使い勝手比較
フリード7人乗りの2列3列目アレンジモード (引用:honda.co.jp/freed)

2列目シートの背もたれをたたんだ後でシートごと前方に折りたたむタンブル機構は、シエンタとフリードの7人乗りに備わります。

シエンタ&フリード比較
シエンタのフラットラゲッジモード (引用:toyota.jp/sienta)
シエンタ&フリード使い勝手比較
フリード6人乗りの最大ラゲッジモード (引用:honda.co.jp/freed)

フリードの6人乗り (2列目キャプテンシート仕様車) は、2列目シートを折りたたむことが出来ません。

その代わり2列目シートを前方にスライドすることが出来ますが、その後ろに出現する荷室スペースはベンチシート仕様車よりも若干狭くなります。

シエンタ&フリード使い勝手比較
フリードキャプテンシート車の最大ラゲッジモード (引用:honda.co.jp/freed)

3列目シートを格納する機構は2台とも備わりますが、格納方法に違いがあります。

シエンタの3列目シートはダイブダウンして床下に収納されるのに対し、フリードの3列目シートは左右に跳ね上げて格納する方式です。

シエンタ&フリード使い勝手比較
フリードの3列目シート格納時 (引用:honda.co.jp/freed)

フリードの格納方式は荷室の左右の幅が狭くなってしまうので、荷室スペースの点ではシエンタの格納方式が有利になります。

続いて、シエンタとフリードの2列シート仕様を比較してみましょう。

ちなみにフリードの2列シート仕様車は、車名が「フリード+ (プラス)」となります。

機能 / 車名 シエンタ (5人乗り) フリード+ (5人乗り)
2列目チルトダウン機構 ×
2列目ダブルフォールディング機構 ×
おやすみモード ×

2列目シートはどちらも格納可能ですが、その方式は異なります。

シエンタの格納方式は、背もたれを前に折りたたむチルトダウン方式です。

シエンタ&フリード比較
シエンタ2列シート車の後席格納時 (引用:toyota.jp/sienta)

一方フリード+は、座面を前方に跳ね上げた後で背もたれを前に折りたたむダブルフォールディング機構を採用しています。

シエンタ&フリード使い勝手比較
フリード+の後席格納時 (引用:honda.co.jp/freed)

どちらもほぼフラットな荷室スペースが出現するので、荷物を積む際の使い勝手に大きな差はありません。

ただ、フリード+にはダブルフォールディング機構を生かした「おやすみモード」が備わるメリットがあります。

シエンタ&フリード使い勝手比較
フリード+のおやすみモード (引用:honda.co.jp/freed)

1列目シートの背もたれを前に倒すことで休憩時に活用できるおやすみモードが備わる分、フリード+の方がシエンタより勝ると言えるでしょう。

収納の充実度を比較

この項目では、シエンタとフリードの収納を運転席、助手席、2列目シート、3列目シートに分けて検証していきます。

■ 運転席の収納はフリードが豊富

まず運転席の収納 (センター部も含む) を比べてみましょう。

収納 / 車名 シエンタ フリード
ドリンクホルダー
小物入れ (ドリンクホルダー横) ×
アッパーボックス
収納式ドリンクホルダー ×
センターテーブル ×
センターロアーポケット ×
ボトルホルダー付ドアポケット

〇:全車標準装備
×:設定なし

運転席側の収納の数はシエンタが4か所フリードが6か所で、フリードの方が豊富です。

フリードだけに備わる収納では、特にセンターテーブルが重宝するでしょう。

シエンタ&フリード比較
引用:honda.co.jp/freed

シエンタは小物の置き場に困ることがあるかもしれません。

■ 助手席の収納はシエンタの圧勝

次に、助手席の収納を比較します。

収納 / 車名 シエンタ フリード
ドリンクホルダー
小物入れ (ドリンクホルダー横) ×
インパネトレイ
グローブボックス
シフトサイドポケット ×
買い物フック ×
ボトルホルダー付ドアポケット 〇※

〇:全車標準装備
×:設定なし
※:ペットボトル3本収納可能

助手席側の収納はシエンタが7か所フリードが4か所で、運転席側とは逆にシエンタの方がずっと豊富です。

シエンタはとにかく収納が豊富で、これなら助手席の乗員が物の置き場に困ることはないでしょう。

特筆すべき点は、助手席側ドアにペットボトルが3本も収納できること。

シエンタ&フリード比較
引用:toyota.jp/sienta

よほどドリンク好きの人でも困ることはないでしょう。

フリードはシエンタよりも収納数が少ないものの、センター部の収納を活用すればなんとかなりそうです。

■ 2列目シートの収納はフリードが豊富

続いて2列目シートの収納を比較してみましょう。

収納 / 車名 シエンタ フリード
運転席シートバックアッパーポケット
助手席シートバックポケット ×
ドアボトルホルダー
運転席アームレストフック

〇:全車標準装備
△:グレード別装備
×:設定なし

2列目シートの収納はシエンタが2~3か所フリードが3~4か所です。

フリードは助手席シートバックポケットが備わる分、収納数でシエンタに勝っています。

シエンタ&フリード比較
引用:honda.co.jp/freed

■ 3列目シートの収納はシエンタが豊富

最後に、3列目シートの収納を比較します。

収納 / 車名 シエンタ フリード
デッキサイドボトルホルダー
デッキサイドスマホホルダー ×

〇:全車標準装備
×:設定なし

3列目シートの収納はシエンタが2か所フリードが1か所です。

フリードがデッキサイドのボトルホルダーしか備わらないのに対し、シエンタはスマホホルダーも備わります。

シエンタ&フリード比較
引用:toyota.jp/sienta

フリードは小物入れがまったくないので、3列目の乗員は不便です。

■ 収納の総合評価はほぼ互角

収納の総数は、2列シート車の場合シエンタ、フリードとも13~14か所で同じです。

3列シート車同士の比較では、シエンタが15~16か所、フリードが14~15か所とシエンタが1か所多くなります。

座席別でみると、運転席側と2列目シートの収納がフリードが、助手席側と3列目シートの収納はシエンタが豊富です。

収納の総合評価は、それぞれ一長一短があるもののほぼ互角と言えます。

荷室の使い勝手は一長一短あり

最後は、荷室の使い勝手の比較です。

シエンタ&フリード比較
シエンタ3列シート車の荷室 (引用:toyota.jp/sienta)
シエンタ&フリード比較
シエンタ2列シート車の荷室 (引用:toyota.jp/sienta)
シエンタ&フリード比較
フリードの荷室 (引用:honda.co.jp/freed)
シエンタ&フリード使い勝手比較
フリード+の荷室 (引用:honda.co.jp/freed)

荷室フロア高はシエンタが505~565mmなのに対し、フリードは335~480mmと低く、その分重い荷物の積み下ろしが容易です。

さらにフリードは着脱式のデッキボードが備わり、荷物の高さに応じて使い分けられるのも魅力。

しかし荷室の奥行は、3列シート車、2列シート車ともにどのシートアレンジを使ってもシエンタの方が長く、積載量の点で有利です。

積載性のフリード、積載量のシエンタといった違いがあるので、使い方によって評価が分かれるでしょう。

総合的な使い勝手の評価は互角

ここまでシエンタとフリードのシートアレンジや収納、荷室の使い勝手について検証してきました。

総合的な評価としてはシートアレンジはフリードが、収納の数では僅かにシエンタが勝り、荷室の使い勝手は一長一短あって互角です。

どちらが良いかはシートアレンジを重視するか否か、どの席の収納を重視するか、また荷室をどう使うかによって変わってきます。

■ 愛車を高く売る最善の方法とは!?

ところで、いま乗っている愛車を少しでも高く手放したいと思っていませんか?

その方法として、クルマの一括査定の利用を考えているかもしれません。

しかし、愛車を少しでも高く、かつ面倒な手間をかけずに売りたいなら、クルマの一括査定よりも「ユーカーパック」の方が断然おすすめです!

ローラでおなじみ【ユー カーパック】

ユーカーパックをおすすめする理由は、以下にあげる5つあります。

1.電話対応が一度だけで済む

クルマの一括査定でまず問題なのが、申し込みをしたとたん多くの業者から次々と電話がかかってくることです。

いちいち対応をするのは大変ですし、仕事中に電話がかかってきて困惑することも・・・。

その点、ユーカーパックなら電話対応が一度だけで済むので、煩わしさがありません。

2.査定が短時間で終了する

クルマの一括査定は、業者ごとに査定日の段取りを決める必要があります。

それだけでも結構な手間ですし、全ての査定が終了するまでに時間がかかってしまうのも難点。

それに対し、ユーカーパックは査定が一回で済むので手間いらずですし、その場で査定額が分かるので便利です。

3.業者からプレッシャーをかけられる心配がない

クルマの一括査定でやって来る大抵の業者は、「うちはどこよりも高い査定額を付ける自信があります。だからいますぐ売ってください!先送りにしたらどんどん査定額が下がってしまいますよ!」などとプレッシャーをかけてきます。

よほど駆け引きの得意な人でない限り、すべての業者に査定してもらう前にどこかしらの業者に押し切られ、不本意ながら売買契約を結んでしまう結果になりかねません。

一方、ユーカーパックは業者がオークション形式で入札する方式なので、オークション終了まで業者と関わる必要がありません。

最終的に関わる業者は、落札した業者1社のみで済みます。

業者からのプレッシャーに悩まされずに済むことも、ユーカーパックの大きなメリットと言えるでしょう。

4.個人情報が流出する心配がない

クルマの一括査定を利用すると、実際に査定を受けるか否かにかかわらず、提携しているすべての業者に個人情報が流れてしまいます。

その結果、連日のようにしつこく営業メールが送られてくるかもしれません。

ユーカーパックは最終的に落札した業者にしか個人情報が渡らないので、そんな心配は無用です。

5.買取価格が高い!

クルマの一括査定の場合、一番高い査定額を付けてくれた業者であっても、買取相場上限の査定額が付いている可能性はほとんどありません。

それは、売り手と買い手の間に複数の業者が介入するため中間マージンが取られ、その分査定額が下がってしまうからです。

また、クルマの一括査定サービスが提携している業者は、全国に星の数ほどある中古車買取業者うち、最大でも10社に過ぎません。

これでは、相場上限の査定額を望むのは難しいですね。

一方、ユーカーパックは業者が直接ユーカーパックに出品中のクルマに入札できるため、中間マージンが発生しません。

さらに、最大5,000社もの業者が入札する仕組みなので、相場上限の査定額が付く可能性が極めて高くなります。

このように、ユーカーパックはクルマの一括査定と比べた場合、ユーザーにとって圧倒的なメリットがあるのです。

クルマを手放すことを検討しているなら、是非ユーカーパックを利用してみてください!

ローラでおなじみ【ユー カーパック】