シエンタとフリードの安全性を徹底比較!!

シエンタ&フリード比較

5ナンバーサイズの扱いやすさやユーティリティの高さが魅力のシエンタとフリード。

比較されやすいこの2台ですが、どちらの方が安全性が優れているのでしょうか?

ここでは、シエンタとフリードの安全性を徹底比較してみました。

シエンタとフリードの予防安全装備を比較

トヨタ・シエンタ  1,950,000円~3,108,000円

シエンタ&フリード比較
引用:toyota.jp/sienta

ホンダ・フリード  2,275,900円~3,278,000円

シエンタ&フリード安全性比較
引用:honda.co.jp/freed

まずはじめに、2台の予防安全装備 (安全運転支援システム) を比較します。

機能 / 車名 シエンタ フリード
自動ブレーキ
誤発進抑制機能 (前進・後退時)
車線逸脱抑制機能
車線維持支援機能
プロアクティブドライビングアシスト ×
歩行者事故低減ステアリング ×
先行車発進お知らせ機能
標識認識機能
アダプティブクルーズコントロール 〇※
ブラインドスポットモニター ×
パーキングサポートブレーキ (後方接近車両) ×
ドライバー異常時対応システム ×

〇:全車に標準装備
△:グレード別装備
×:設定なし
※:全車速追従機能付

予防安全装備の種類はシエンタがグレードにより9~11種類、フリードが全車8種類とシエンタの方が豊富です。

シエンタは廉価グレードのXではブラインドスポットモニターとパーキングサポートブレーキ (後方接近車両) はオプション扱いですが、Z / Gには標準装備されます。

続いて、シエンタとフリードの予防安全装備を詳しく検証していきましょう。

■ 自動ブレーキの性能はシエンタの圧勝

シエンタとフリードの自動ブレーキ (衝突被害軽減ブレーキ) の性能は、以下のような違いがあります。

項目 / 車名 シエンタ フリード
検知デバイス 単眼カメラ+ミリ波レーダー 単眼カメラ+ミリ波レーダー
検知対象 車両・自動二輪車 (昼)・歩行者 (昼夜)・自転車運転者 (昼夜) 車両・歩行者 (昼)
作動条件 ・対車両・自動二輪車の場合は約5km/h以上で走行中
・対歩行者・自転車運転者の場合は約約5km/h~80km/hで走行中
約5km/h以上で走行中、かつ自車との速度差が約5km/h以上

車両や歩行者などを検知するデバイスは、シエンタ、フリードとも単眼カメラとミリ波レーダーを組み合わせた方式です。

しかし検知性能は大きく異なります。

シエンタは車両のほかに昼間の自動二輪車や昼夜の歩行者・自転車運転者も検知できるのに対し、フリードは車両と昼間の歩行者しか検知できません。

また、シエンタは交差点でも車両・自動二輪車・歩行者・自転車運転者を検知して自動ブレーキを掛けてくれるなど、フリードよりも優秀です。

作動条件の点では、シエンタは約80km/h以下でないと歩行者に対し自動ブレーキが掛からないのに対し、フリードは速度の制約はありません。

しかしこの点を差し引いても、自動ブレーキの性能はシエンタの方が一枚も二枚も上手です。

■ 誤発進抑制機能の性能もシエンタが優秀

最近社会問題化しているのが、ペダルの踏み間違いによる暴走事故。

誰もが起こしてしまう可能性がありますが、それを防ぐ安全装備が誤発進抑制機能です。

シエンタ、フリードとも全車に前進・後退時の誤発進抑制機能が装備されますが、性能的にはシエンタの方が優れています。

フリードはエンジン出力抑制により急発進を防ぐ機能のみですが、シエンタの誤発進抑制機能は「パーキングサポートブレーキ (前後方静止物) 」と呼ばれ、エンジン出力抑制に加え自動ブレーキを掛ける機能が付くからです。

シエンタはフリードと比べ、アクセルの踏み過ぎによる事故発生のリスクがより低いと言えるでしょう。

■ ステアリング支援系機能などもシエンタが一歩リード

車線からはみ出しそうになると車線内に戻るようステアリング操作を支援する車線逸脱抑制機能、車線中央を走行するようステアリング操作を支援する車線維持支援機能はシエンタ、フリードとも全車に標準装備です。

シエンタはこの2つの機能に加え、プロアクティブドライビングアシストと呼ばれる機能が付きます。

プロアクティブドライビングアシストとは、歩行者・自転車運転者・駐車車両と接近しすぎないようステアリング・ブレーキ操作を支援する機能、ほかのクルマに割り込まれたときにブレーキ操作を支援する機能、カーブでの減速をアシストする機能の3つからなる運転支援装備です。

一方フリードには、歩行者に接近しすぎないようステアリング操作を支援する歩行者事故低減ステアリングが備わりますが、機能的にプロアクティブドライビングアシストに大きく見劣りします。

ステアリング支援機能などの点でも、シエンタがフリードを一歩リードしているのは間違いありません。

■ 先行車発進お知らせ機能、標識認識機能もシエンタの方が優秀

先行車の発進に気づかず停止し続けたときにブザーと表示でお知らせする先行車発進お知らせ機能は、シエンタ、フリードとも標準装備です。

さらにシエンタでは、信号が赤から青に切り替わったことに気づかず停止し続けた場合もブザーと表示でお知らせしてくれます。

また、標識認識機能に関してもシエンタの方が優秀です。

フリードは標識のアイコンをディスプレイに表示するだけですが、シエンタはそれに加え、ドライバーが最高速度や進入禁止の標識に従っていないと判断した場合や、赤信号にも関わらず交差点に進入しそうになった場合にブザーとディスプレイの点滅表示で注意を促す機能も付きます。

■ アダプティブクルーズコントロールの機能性もシエンタが秀逸

先行車と一定の距離を保ちながら自動追従走行を行うアダプティブクルーズコントロールは、シエンタ、フリードとも全車に標準装備です。

しかし機能性を比べると、大きな違いがあります。

シエンタのアダプティブクルーズコントロールは全車速追従機能付で、渋滞で先行車が停止すれば自車もそれに合わせて停止。

先行車が発進したときは、ドライバーの操作により再び自動追従運転を開始します。

一方、フリードのアダプティブクルーズコントロールは約30km以上でないと作動しないため、渋滞に巻き込まれ停止する場合はドライバーのブレーキ操作が必要です。

先行車が発進したときは自分でアクセルを踏み続けて30km/h以上まで加速しないと、再びアダプティブクルーズコントロールを使うことはできません。

またシエンタの場合、車線変更時の加速・減速を自動で行う機能や2台前のクルマを検知する機能、カーブの手前で減速する機能などもあります。

このように、同じアダプティブクルーズコントロールでも性能はシエンタの方が遥かに優れています。

■ シエンタのその他の運転支援装備について

フリードにはなくシエンタだけにある運転支援装備が、ブラインドスポットモニターパーキングサポートブレーキ (後方接近車両)ドライバー異常時対応システムです。

ブラインドスポットモニターは斜め後方から接近する車両を検知すると、ドアミラーのインジケーター点灯・点滅でお知らせする機能で、車線変更時の事故を防ぐ効果が期待できます。

またパーキングサポートブレーキ (後方接近車両) は、バックで出庫する際に後方左右から接近する車両を検知すると、警報・表示で注意を促すとともに自動ブレーキを掛ける機能です。

そしてドライバー異常時対応システムは、車線維持支援機能を使って走行中に一定時間ドライバーの操作がないと、システムが異常と判断して自動停車や救命要請などを行う装備です。

この3つの装備は有用で、シエンタがフリードに差を付ける要素のひとつになっています。

■ 予防安全装備の総合評価はシエンタの圧勝!

予防安全装備を総合した評価は、シエンタの圧勝です。

その理由は以下の5つあります。

  • 1.自動ブレーキの性能が高い
  • 2.誤発進抑制機能の性能が高い
  • 3.ステアリング支援機能がより充実している
  • 4.アダプティブクルーズコントロールの機能性が高い
  • 5.フリードにない装備がいくつか付く

フリードの予防安全装備は世代が古いため物足りなさが否めないのに対し、シエンタの予防安全装備は最新バージョンなので、このように大きく差が付きました。

エアバッグの設定もシエンタのみ合格!

衝突事故が起きてしまった際に、乗員を守ってくれる安全装備がSRSエアバッグシステムです。

運転席と助手席のデュアルエアバッグは2台とも当然ながら全車に標準装備されますが、側面衝突時に乗員を保護するサイド&カーテンエアバッグの設定には違いがあります。

シエンタは全車にサイド&カーテンエアバッグが標準装備されるので、安心です。

シエンタ&フリード比較
引用:toyota.jp/sienta

一方フリードは、モデューロX / クロスターにはサイド&カーテンエアバッグが標準装備されますが、Gではオプション扱いになってしまいます。

また特別仕様車のGブラックスタイルではオプション設定さえないなど、フリードのエアバッグ設定には問題ありです。

総合的な安全性はシエンタの圧勝!

シエンタ&フリード比較
引用:toyota.jp/sienta

ここまで、シエンタとフリードの予防安全装備とエアバッグについて比較してきました。

予防安全装備に関しては、種類の豊富さや機能性において圧倒的にシエンタが優れています。

またエアバッグの設定に関しても、合格ラインに達しているのはシエンタです。

安全性の総合評価は、シエンタの圧勝という結果になりました。

■ 愛車を高く売る最善の方法とは!?

ところで、いま乗っている愛車を少しでも高く手放したいと思っていませんか?

その方法として、クルマの一括査定の利用を考えているかもしれません。

しかし、愛車を少しでも高く、かつ面倒な手間をかけずに売りたいなら、クルマの一括査定よりも「ユーカーパック」の方が断然おすすめです!

ローラでおなじみ【ユー カーパック】

ユーカーパックをおすすめする理由は、以下にあげる5つあります。

1.電話対応が一度だけで済む

クルマの一括査定でまず問題なのが、申し込みをしたとたん多くの業者から次々と電話がかかってくることです。

いちいち対応をするのは大変ですし、仕事中に電話がかかってきて困惑することも・・・。

その点、ユーカーパックなら電話対応が一度だけで済むので、煩わしさがありません。

2.査定が短時間で終了する

クルマの一括査定は、業者ごとに査定日の段取りを決める必要があります。

それだけでも結構な手間ですし、全ての査定が終了するまでに時間がかかってしまうのも難点。

それに対し、ユーカーパックは査定が一回で済むので手間いらずですし、その場で査定額が分かるので便利です。

3.業者からプレッシャーをかけられる心配がない

クルマの一括査定でやって来る大抵の業者は、「うちはどこよりも高い査定額を付ける自信があります。だからいますぐ売ってください!先送りにしたらどんどん査定額が下がってしまいますよ!」などとプレッシャーをかけてきます。

よほど駆け引きの得意な人でない限り、すべての業者に査定してもらう前にどこかしらの業者に押し切られ、不本意ながら売買契約を結んでしまう結果になりかねません。

一方、ユーカーパックは業者がオークション形式で入札する方式なので、オークション終了まで業者と関わる必要がありません。

最終的に関わる業者は、落札した業者1社のみで済みます。

業者からのプレッシャーに悩まされずに済むことも、ユーカーパックの大きなメリットと言えるでしょう。

4.個人情報が流出する心配がない

クルマの一括査定を利用すると、実際に査定を受けるか否かにかかわらず、提携しているすべての業者に個人情報が流れてしまいます。

その結果、連日のようにしつこく営業メールが送られてくるかもしれません。

ユーカーパックは最終的に落札した業者にしか個人情報が渡らないので、そんな心配は無用です。

5.買取価格が高い!

クルマの一括査定の場合、一番高い査定額を付けてくれた業者であっても、買取相場上限の査定額が付いている可能性はほとんどありません。

それは、売り手と買い手の間に複数の業者が介入するため中間マージンが取られ、その分査定額が下がってしまうからです。

また、クルマの一括査定サービスが提携している業者は、全国に星の数ほどある中古車買取業者うち、最大でも10社に過ぎません。

これでは、相場上限の査定額を望むのは難しいですね。

一方、ユーカーパックは業者が直接ユーカーパックに出品中のクルマに入札できるため、中間マージンが発生しません。

さらに、最大5,000社もの業者が入札する仕組みなので、相場上限の査定額が付く可能性が極めて高くなります。

このように、ユーカーパックはクルマの一括査定と比べた場合、ユーザーにとって圧倒的なメリットがあるのです。

クルマを手放すことを検討しているなら、是非ユーカーパックを利用してみてください!

ローラでおなじみ【ユー カーパック】