シエンタとフリードの走行性能を徹底比較!!

シエンタ&フリード比較

5ナンバーサイズのミニバン、トヨタ・シエンタホンダ・フリードは真っ向から競合するライバル同士です。

この2台がどの程度の走行性能を備えているのか、気になっている人も多いことでしょう。

ここではシエンタとフリードの走行性能を徹底比較しますので、新車購入時の参考にどうぞ。

ハイブリッド車の動力性能を比較

まずはじめに、シエンタとフリードのハイブリッド車同士の動力性能を比較します。

トヨタ・シエンタ ハイブリッド  2,380,000円~3,108,000円

シエンタ&フリード比較
引用:toyota.jp/sienta

ホンダ・フリード ハイブリッド  2,633,400円~3,278,000円

シエンタ&フリード走行性能
引用:honda.co.jp/freed

■ スペック面で有利なのはフリード

シエンタ ハイブリッドとフリード ハイブリッドのスペックを、表にまとめてみました。

2台には4WD車も設定されていますが、ここではFF車同士で比較します。

項目 / 車名 シエンタ ハイブリッド (FF車) フリード ハイブリッド (FF車)
パワートレイン 1.5L直3エンジン+モーター+電気式無段変速機 1.5L直4エンジン+モーター+7速DCT
エンジンの最高出力 (ps) 91 110
エンジンの最大トルク (kg・m) 12.2 13.7
モーターの最高出力 (ps) 80 29.5
モーターの最大トルク (kg・m) 14.4 16.3
システム最高出力 (ps) 116 137
車両重量 (kg) 1,330~1,370 1,410~1,440
WLTCモード燃費 (km/L) 28.2~28.8 20.9

パワートレインはともに1.5Lエンジンとモーターを組み合わせたハイブリッドシステムですが、エンジンはシエンタが3気筒、フリードが4気筒という違いがあります。

またハイブリッドシステムの方式も異なり、シエンタはトヨタ独自のスプリット式、フリードはよりシンプルなパラレル式です。

また、トランスミッションはシエンタが電気式無段変速機を搭載するのに対し、フリードはデュアルクラッチ式の7速DCTを搭載することも相違点。

パワートレインのスペックを比較すると、エンジンのスペックはフリードの方が高く、モーターのスペックはシエンタの方が高くなっています。

シエンタはエンジンとモーターが対等な関係にあり、フリードではエンジンが主でモーターが従の関係にある、とも言えるでしょう。

エンジンとモーターの最高出力を複合したシステム最高出力はシエンタが116ps、フリードが137psとフリードが21psも勝っています

シエンタ&フリード走行性能比較
フリードのハイブリッドシステム (引用:honda.co.jp/freed)

フリードの車両重量はシエンタより70~80kg重いものの、動力性能を左右する馬力荷重はフリードが10.3~10.5ps/kg、シエンタが11.5~11.8ps/kgとフリードが有利です。

動力性能でフリードがシエンタより優位に立つことは、このスペックから容易に想像できます。

一方で、カタログ燃費はシエンタの方が約7~8km/Lも優れた数値です。

■ 加速性能のフリード、スムーズさのシエンタ

実際の動力性能も、スペックの差どおりフリードがシエンタを凌駕します。

フリードの加速感はエンジンの快音と相まって、なかなか爽快です。

またDCTの変速も速いものの、変速時の若干のショックが人によっては気になるかもしれません。

一方シエンタは、速さではフリードに一歩を譲りますが、モーターだけで走行するシーンが多いため静粛性では有利です。

また無段変速なので加速がシームレスで、非常にスムーズなこともメリット。

加速性能や爽快感ならフリード、スムーズさや静粛性ならシエンタと結論付けることができます。

ガソリン車の動力性能を比較

続いて、シエンタとフリードのガソリン車同士の動力性能を比較します。

トヨタ・シエンタ  1,950,000円~2,560,000円

シエンタ&フリード比較
引用:toyota.jp/sienta

ホンダ・フリード  2,275,900円~2,972,200円

シエンタ&フリード走行性能比較
引用:honda.co.jp/freed

■ スペック面ではハイブリッド車同様フリードが有利

2台のスペックは以下のとおりです。

フリードには4WD車も設定されていますが、シエンタにFF車の設定しかないためFF車同士で比較します。

項目 / 車名 シエンタ フリード (FF車)
パワートレイン 1.5L直3エンジン+CVT 1.5L直4エンジン+CVT
最高出力 (ps) 120 129
最大トルク (kg・m) 14.8 15.6
車両重量 (kg) 1,320~1,380 1,350~1,380
WTLCモード燃費 (km/L) 18.3~18.4 17.0

パワートレインはどちらも1.5LエンジンとCVTの組み合わせですが、ハイブリッド同様にエンジンはシエンタが3気筒、フリードが4気筒です。

フリードの方がスペックが高いのは、エンジン屋ホンダの面目躍如といったところでしょう。

車両重量は同等かフリードが30kg重いものの、馬力荷重はエンジン出力が勝る分フリードの方が小さい数値です。

カタログ燃費はシエンタの方が若干優れています。

■ 発進の力強さはシエンタ、中速域から伸びるフリード

実際の動力性能を比較すると、ハイブリッド車同士の場合と同様にフリードの方が俊足です。

発進時のダイレクト感は発進用ギアを持つシエンタが勝り、そこから60km/Lくらいまでの加速はほぼ互角。

しかし、そこから上の速度域ではフリードの方が伸びがあり、シエンタに差を付けます。

街乗りならシエンタ、高速走行ならフリードと言うこともできるでしょう。

操縦安定性は甲乙付け難い

操縦安定性はどちらもミニバンとしては高い水準にあります。

シエンタは重心位置が低く、ミニバンというよりもセダンやハッチバックを操っているような感覚です。

ステアリングは正確でアンダーステアも小さく、狙った通りのラインをトレースできます。

一方、フリードはシエンタと比べ重心位置が高くロールも大きめですが、不安を感じるほどではありません。

ハンドリング自体もシエンタにそん色なく、ワインディング走行も楽しめます。

そしてフリードの場合は、専用サスペンションやエアロパーツを装備したスポーティモデル「モデューロ X」が用意されている点が、シエンタにないメリットです。

シエンタ&フリード走行性能比較
引用:hodnda.co.jp/freed

フリードのモデューロXなら、ちょっとしたホットハッチのようにワインディングを駆け回れます。

総合的な走行性能はフリードがシエンタを若干リード

シエンタ&フリード走行性能比較
引用:honda.co.jp/freed

動力性能はハイブリッド、ガソリン車ともフリードがシエンタを一歩リードしています。

ただしドライバビリティの面ではシエンタも負けておらず、動力性能で一歩を譲るからダメというわけでは決してありません。

また操縦安定性の点ではノーマル車同士の比較なら互角ですが、フリードは一段とハンドリングが優れたスポーティグレード「モデューロX」が設定されているのが強み。

総合的な走行性能は2台に大差はありませんが、ベストチョイスをあげるならフリードのモデューロXです。

■ 愛車を高く売る最善の方法とは!?

ところで、いま乗っている愛車を少しでも高く手放したいと思っていませんか?

その方法として、クルマの一括査定の利用を考えているかもしれません。

しかし、愛車を少しでも高く、かつ面倒な手間をかけずに売りたいなら、クルマの一括査定よりも「ユーカーパック」の方が断然おすすめです!

ローラでおなじみ【ユー カーパック】

ユーカーパックをおすすめする理由は、以下にあげる5つあります。

1.電話対応が一度だけで済む

クルマの一括査定でまず問題なのが、申し込みをしたとたん多くの業者から次々と電話がかかってくることです。

いちいち対応をするのは大変ですし、仕事中に電話がかかってきて困惑することも・・・。

その点、ユーカーパックなら電話対応が一度だけで済むので、煩わしさがありません。

2.査定が短時間で終了する

クルマの一括査定は、業者ごとに査定日の段取りを決める必要があります。

それだけでも結構な手間ですし、全ての査定が終了するまでに時間がかかってしまうのも難点。

それに対し、ユーカーパックは査定が一回で済むので手間いらずですし、その場で査定額が分かるので便利です。

3.業者からプレッシャーをかけられる心配がない

クルマの一括査定でやって来る大抵の業者は、「うちはどこよりも高い査定額を付ける自信があります。だからいますぐ売ってください!先送りにしたらどんどん査定額が下がってしまいますよ!」などとプレッシャーをかけてきます。

よほど駆け引きの得意な人でない限り、すべての業者に査定してもらう前にどこかしらの業者に押し切られ、不本意ながら売買契約を結んでしまう結果になりかねません。

一方、ユーカーパックは業者がオークション形式で入札する方式なので、オークション終了まで業者と関わる必要がありません。

最終的に関わる業者は、落札した業者1社のみで済みます。

業者からのプレッシャーに悩まされずに済むことも、ユーカーパックの大きなメリットと言えるでしょう。

4.個人情報が流出する心配がない

クルマの一括査定を利用すると、実際に査定を受けるか否かにかかわらず、提携しているすべての業者に個人情報が流れてしまいます。

その結果、連日のようにしつこく営業メールが送られてくるかもしれません。

ユーカーパックは最終的に落札した業者にしか個人情報が渡らないので、そんな心配は無用です。

5.買取価格が高い!

クルマの一括査定の場合、一番高い査定額を付けてくれた業者であっても、買取相場上限の査定額が付いている可能性はほとんどありません。

それは、売り手と買い手の間に複数の業者が介入するため中間マージンが取られ、その分査定額が下がってしまうからです。

また、クルマの一括査定サービスが提携している業者は、全国に星の数ほどある中古車買取業者うち、最大でも10社に過ぎません。

これでは、相場上限の査定額を望むのは難しいですね。

一方、ユーカーパックは業者が直接ユーカーパックに出品中のクルマに入札できるため、中間マージンが発生しません。

さらに、最大5,000社もの業者が入札する仕組みなので、相場上限の査定額が付く可能性が極めて高くなります。

このように、ユーカーパックはクルマの一括査定と比べた場合、ユーザーにとって圧倒的なメリットがあるのです。

クルマを手放すことを検討しているなら、是非ユーカーパックを利用してみてください!

ローラでおなじみ【ユー カーパック】

「シエンタとフリードの走行性能を徹底比較!!」への1件のコメント

コメントは受け付けていません。