トールとソリオの使い勝手を徹底比較!!

トール&ソリオ4WD比較

トールとソリオは、どちらもコンパクトなボディからは想像できない室内スペースの広さが魅力です。

しかし、2台の室内や荷室の使い勝手は同じではありません。

ここではトールとソリオの使い勝手を、様々な観点から徹底的に比較してみました。

シートアレンジを比較

ダイハツ・トール 1,556,500円~2,090,000円

トール&ソリオ使い勝手比較
引用:daihatsu.co.jp/thor

スズキ・ソリオ 1,515,800円~2,148,300円

トール&ソリオ使い勝手比較
引用:suzuki.co.jp/solio

■ シートアレンジはトールが一歩リード

まずはじめに、2台のシートアレンジを比較してみましょう。

機能 / 車名 トール ソリオ
運転席・助手席フルリクライニング機構
後席左右独立スライド機構
後席分割可倒機構 〇※

※:ダイブダウン機構付

運転席と助手席の背もたれを水平までフルリクライニングさせ、後席の座面とつなげる「フルフラットモード」は、トール、ソリオとも備わります。

トール&ソリオ使い勝手比較
トールのフルフラットモード (引用:daihatsu.co.jp/thor)
トール&ソリオ使い勝手比較
ソリオのフルフラットモード (引用:suzuki.co.jp/solio)

フルフラットモードは、道の駅などにクルマを停めて車内でゆったり休憩したいときなどに重宝するでしょう。

後席のリクライニング角度には違いがあり、トールは70°、ソリオは56°なので、よりリラックスできるのはトールです。

次に後席スライド機構に関してですが、トール、ソリオとも左右独立でスライドすることができます。

後席に積む荷物の量や大きさに応じ、シート位置を調整できるのはとても便利です。

トール&ソリオ使い勝手比較
トールのシートスライド機構 (引用:daihatsu.co.jp/thor)
トール&ソリオ使い勝手比較
ソリオのシートスライド機構 (引用:suzuki.co.jp/solio)

シートのスライド量はトールが240mm、ソリオが165mmとトールの方が大きく、使い勝手で若干リード。

そして後席の背もたれを左右分割で折りたたむ機能も、トール、ソリオとも備わります。

トール&ソリオ使い勝手比較
トールの後席折りたたみ時 (引用:daihatsu.co.jp/thor)
トール&ソリオ使い勝手比較
ソリオの後席折りたたみ時 (引用:suzuki.co.jp/solio)

シートスライド機構、後席分割可倒機構ともトールは6:4分割、ソリオは5:5分割という違いがありますが、使い勝手に影響を与えることはほとんどないでしょう。

それよりも、トールの後席には床下に格納するダイブダウン機能が備わり、ソリオより低い荷室フロアを実現できる点に注目です。

操作が面倒で力が必要という欠点はありますが、ダイブダウン機能はやはりあった方が便利。

結論として、後席のシートスライド量やリクライニング角度で勝り、ダイブダウン機能も備わるトールがソリオを一歩リードしています。

収納の充実度を比較

この項目では、トールとソリオの収納を運転席、助手席、後席に分けて検証していきます。

■ 運転席の収納が豊富なのはソリオ

まず運転席の収納 (センター部も含む) を比べてみましょう。

収納 / 車名 トール ソリオ
ドリンクホルダー
アッパーボックス ×
アンダートレー ×
センターボックス
センターポケット ×
センターフロアトレイ ×
シートサイドポケット ×
オーバーヘッドコンソール ×
ボトルホルダー付ドアポケット

〇:全車標準装備
×:設定なし

トールにあってソリオにはない収納は、センターポケットとセンターフロアトレイの2か所。

一方ソリオにあってトールにはない収納は、アッパーボックス、アンダートレー、シートサイドポケット、オーバーヘッドコンソールの4か所あります。

運転席側のトータルの収納は、トールが5か所ソリオが7か所でソリオの方が豊富です。

トールでも通常は収納場所に困ることはないはずですが、持ち物の多い人にはソリオの方がいいでしょう。

■ 助手席の収納は僅かにソリオがリード

次に、助手席の収納を比較します。

収納 / 車名 トール ソリオ
ドリンクホルダー
インパネトレイ
グローブボックス
ショッピングフック
ボトルホルダー付ドアポケット
助手席シートアンダーボックス

〇:全車標準装備
△:グレード別装備

助手席側の収納は、トールがグレードにより5~6か所ソリオが全車6か所です。

差が付くのは助手席シートアンダーボックスの設定で、ソリオは全車に標準装備されるのに対し、トールは最廉価グレードGに限りメーカーオプションとなります。

トール&ソリオ使い勝手比較
ソリオの助手席シートアンダーボックス (引用:suzuki.co.jp/solio)

助手席シートアンダーボックスは、あるととても便利な収納なので、トールのGを購入する場合はオプションで付けておいた方がベターです。

■ 後席の収納はトールが充実

最後に後席の収納を比較してみましょう。

収納 / 車名 トール ソリオ
助手席シートバックポケット
運転席・助手席シートバックテーブル ×
ボトルホルダー
デッキサイドトリムポケット ×

※荷室スペースにあり

〇:全車標準装備
△:グレード別装備
▲:メーカーオプション
×:設定なし

後席の収納は、メーカーオプションを除けばトールが2~3か所ソリオが1~2か所となります。

ボトルホルダーは2台とも備わりますが、デッキサイドのポケットはトールにしか付きません。

トール&ソリオ使い勝手比較
トールのデッキサイドトリムポケット&ボトルホルダー (引用:daihatsu.co.jp/thor)

また、トールはオプションで軽食を取るときなどに重宝するシートバックテーブルが選べるのもメリットです。

ソリオは後席の収納が不十分で、この項目ではトールに軍配があがります。

■ 収納の総合評価は互角

収納の総数はトールが12~14か所ソリオが14~15か所で、ソリオが一歩リードしています。

しかし、ソリオは前席の収納がトール以上に充実している一方で、後席の収納が不足気味です。

ミニバンは後席を使用する機会が多いはずですから、その意味ではトールの方が理にかなっているとも言えます。

総合評価はクルマの使い方に左右されるので、互角としておきましょう。

荷室は使い勝手、容量ともトールの勝ち!

最後は、荷室の使い勝手の比較です。

項目 / 車名 トール ソリオ
開口高 (mm) 1,080 980
開口幅 (mm) 1,077 1,075
後席使用時の荷室床面長 (mm) 500~740 550~715
後席折りたたみ時の荷室床面長 (mm) 1,540 1,390
荷室フロア高 (mm) 527 ※ 665

※:多機能デッキボード通常時は608mm

トール&ソリオ使い勝手比較
トールの荷室 (引用:daihatsu.co.jp/thor)
トール&ソリオ使い勝手比較
ソリオの荷室 (引用:suzuki.co.jp/solio)

荷室開口部の大きさは、幅はほぼ同等ながら高さはトールの方が10cm大きい数値です。

さらに、荷室フロア高はトールの方が約14cm (デッキボード通常時で約6cm)低いので、荷物の積載性はトールの方が優れています。

荷室寸法に関しては、後席使用時は2台に大きな差はないものの、後席折りたたみ時はトールの方が15cmも長い寸法です。

荷室に関しては使い勝手、容量ともにソリオよりトールが優れています

総合的な使い勝手はトールがリード!

ここまでトールとソリオについて、シートアレンジや収納、荷室の使い勝手について検証してきました。

これらをすべて含めたトータルの使いやすさでは、トールがリードしています。

トール&ソリオ使い勝手比較
引用:daihatsu.co.jp/thor

シートアレンジと荷室の使い勝手、後席の収納でソリオに勝るので、トールに軍配をあげました。

ソリオは前席の収納はトールより豊富ですが、それ以外の項目で見劣りしてしまいます。

■ 関連記事 (クリックするとサイト内の別ページに飛びます)

□ トール&ソリオの運転しやすさを徹底比較!!

□ トール&ソリオの快適性を徹底比較!!

□ トール&ソリオの安全性を徹底比較!!

■ 愛車を高く売る最善の方法とは!?

ところで、いま乗っている愛車を少しでも高く手放したいと思っていませんか?

その方法として、クルマの一括査定の利用を考えているかもしれません。

しかし、愛車を少しでも高く、かつ面倒な手間をかけずに売りたいなら、クルマの一括査定よりも「ユーカーパック」の方が断然おすすめです!

ローラでおなじみ【ユー カーパック】

ユーカーパックをおすすめする理由は、以下にあげる5つあります。

1.電話対応が一度だけで済む

クルマの一括査定でまず問題なのが、申し込みをしたとたん多くの業者から次々と電話がかかってくることです。

いちいち対応をするのは大変ですし、仕事中に電話がかかってきて困惑することも・・・。

その点、ユーカーパックなら電話対応が一度だけで済むので、煩わしさがありません。

2.査定が短時間で終了する

クルマの一括査定は、業者ごとに査定日の段取りを決める必要があります。

それだけでも結構な手間ですし、全ての査定が終了するまでに時間がかかってしまうのも難点。

それに対し、ユーカーパックは査定が一回で済むので手間いらずですし、その場で査定額が分かるので便利です。

3.業者からプレッシャーをかけられる心配がない

クルマの一括査定でやって来る大抵の業者は、「うちはどこよりも高い査定額を付ける自信があります。だからいますぐ売ってください!先送りにしたらどんどん査定額が下がってしまいますよ!」などとプレッシャーをかけてきます。

よほど駆け引きの得意な人でない限り、すべての業者に査定してもらう前にどこかしらの業者に押し切られ、不本意ながら売買契約を結んでしまう結果になりかねません。

一方、ユーカーパックは業者がオークション形式で入札する方式なので、オークション終了まで業者と関わる必要がありません。

最終的に関わる業者は、落札した業者1社のみで済みます。

業者からのプレッシャーに悩まされずに済むことも、ユーカーパックの大きなメリットと言えるでしょう。

4.個人情報が流出する心配がない

クルマの一括査定を利用すると、実際に査定を受けるか否かにかかわらず、提携しているすべての業者に個人情報が流れてしまいます。

その結果、連日のようにしつこく営業メールが送られてくるかもしれません。

ユーカーパックは最終的に落札した業者にしか個人情報が渡らないので、そんな心配は無用です。

5.買取価格が高い!

クルマの一括査定の場合、一番高い査定額を付けてくれた業者であっても、買取相場上限の査定額が付いている可能性はほとんどありません。

それは、売り手と買い手の間に複数の業者が介入するため中間マージンが取られ、その分査定額が下がってしまうからです。

また、クルマの一括査定サービスが提携している業者は、全国に星の数ほどある中古車買取業者うち、最大でも10社に過ぎません。

これでは、相場上限の査定額を望むのは難しいですね。

一方、ユーカーパックは業者が直接ユーカーパックに出品中のクルマに入札できるため、中間マージンが発生しません。

さらに、最大5,000社もの業者が入札する仕組みなので、相場上限の査定額が付く可能性が極めて高くなります。

このように、ユーカーパックはクルマの一括査定と比べた場合、ユーザーにとって圧倒的なメリットがあるのです。

クルマを手放すことを検討しているなら、是非ユーカーパックを利用してみてください!

ローラでおなじみ【ユー カーパック】