トールとソリオの4WD車の雪道走行性能を徹底比較!!

トール&ソリオ4WD比較

プチバンと呼ばれるトールとソリオは、扱いやすいサイズやユーティリティの高さが人気の的です。

この2台には、雪国に住むユーザーなどに向けて4WD車も設定されています。

ここではトールとソリオの人気4WDグレードをピックアップし、雪上の走行性能や装備を徹底比較しますので、購入時の参考にどうぞ。

トールとソリオの4WD車のスペックを比較

グレードはいずれも標準車の中間グレード (トールはG、ソリオはハイブリッド MX) を選択しました。

ダイハツ・トール G 4WD  1,919,500円

トール&ソリオ4WD比較
引用:daihatsu.co.jp/thor

スズキ・ソリオ ハイブリッド MX 4WD  1,975,600円

トール&ソリオ4WD比較
引用:suzuki.co.jp/solio

まず、トールとソリオのスペックを表にまとめてみました。

項目 / 車名 トール ソリオ
パワートレイン 1L直3エンジン 1.2L直4ガソリンエンジン+モーター
エンジンの最高出力 (ps / rpm) 69 / 6,000 91 / 6,000
エンジンの最大トルク (kg・m / rpm) 9.4 / 4,400 12.0 / 4,400
モーターの最高出力 (ps / rpm) 3.1 / 1,000
モーターの最大トルク (kg・m / rpm) 5.1 / 100
4WDの方式 ビスカスカップリング式 ビスカスカップリング式
最低地上高 (mm) 130 140
車両重量 (kg) 1,140 1,040
WLTCモード燃費 (km/L) 16.8 19.0

パワートレインはトールが純ガソリンエンジンソリオがエンジン+モーターのマイルドハイブリッドシステムという大きな違いがあります。

以下で、各項目について詳しくチェックしてみましょう。

■ パワートレインの駆動力と車体の軽さでソリオが有利

雪道では、パワートレインの駆動力や車両重量も走行性に影響を与えます。

雪が深く積もったときは走行抵抗が大きくなるので、パワートレインの駆動力が大きい方が有利です。

この点では、エンジンのスペックが最高出力で22ps、最大トルクで2.6kg・mも勝るうえ、モーターのアシストが付くソリオが有利と言えます。

トール&ソリオ4WD比較
引用:suzuki.co.jp/solio

特に発進時の駆動力は、起動と同時に大トルクを発生するモーターが備わるソリオが断然有利です。

また、雪道では車体が軽いほど姿勢のコントロールが容易で、ブレーキの効きも良くなります。

車両重量はソリオの方が100kgも軽く、コントロール性や制動力の点でトールより有利です。

結論として、ソリオは駆動力と車体の軽さの両面でトールを凌いでいます

さらに燃費もソリオが勝るなど、トールにはいいところがありません。

■ 4WDシステムの性能は互角

4WDシステムはトール、ソリオともビスカスカップリング式と呼ばれる簡易的な方式を採用しています。

通常はFFで走行し、前後輪に回転差が生じると機械的に4WD走行に移行する方式で、センサーや制御用のコンピューターは搭載していません。

前輪がスリップしてから後輪にトルクが伝わるまでにタイムラグがあるなど、性能的にはコンピューターを用いた電子制御式と比べ劣ります。

トール、ソリオともにFFモデルよりは明らかに勝るものの、雪道での走破性に過度な期待はできません。

■ 最低地上高はソリオが僅かに大きい

深雪路では、最低地上高の大きさがスタックしてしまうかどうかの分かれ道になることがあります。

最低地上高はできれば150mm以上欲しいところですが、トールは130mm、ソリオは140mmと、いずれも十分とは言えません。

それでも、安心感の点では最低地上高が10mm大きいソリオの方が勝っています。

■ 雪道での走行性能が高いのはソリオ

駆動力や車両重量、最低地上高などの諸条件を総合すると、雪道での走行性能はトールよりもソリオの方が優れています。

ソリオはトールと比べパワートレインの駆動力で勝るうえ、車体が軽く、最低地上高も僅かながら大きいので雪道では有利です。

トールとソリオの4WD車の快適装備を比較

雪道を快適に走るためにはクルマの走行性能が高いだけでなく、冬場の快適性を高めるための装備も欠かせません。

この項目では、トールとソリオの冬季向け快適装備を比較します。

項目 / 車名 トール ソリオ
運転席&助手席シートヒーター
リヤヒーターダクト ×
補助ヒーター ×
ヒーテッドドアミラー ×
ウインドシールドデアイサー ×

〇:標準装備
▲:メーカーオプション
×:設定なし

まずシートヒーターについては、ソリオには標準装備されるのに対し、トールではメーカーオプション (シートバックテーブルとセットで23,100円) となります。

しかし、ソリオは最初からシートヒーターが付いてくるのはいいのですが、座面しか暖まらないのが難点です。

トール&ソリオ4WD比較
引用:suzuki.co.jp/solio

一方、トールはオプション扱いになるものの、座面と背もたれが暖まるので快適性はソリオより優れています。

トール&ソリオ4WD比較

次に後席に温風を送るリヤヒーターダクトですが、これはソリオにしか備わりません。

後席に人を乗せる機会が多いなら、トールよりソリオの方がおすすめです。

エアコン暖房を補助する補助ヒーター、鏡面の凍結や曇りを防止するヒーテッドドアミラー、ワイパーの固着を防ぐウインドシールドデアイサーは、トールのみセットオプション (寒冷地仕様:24,200円) として装着が可能。

このように、快適装備はオプションを何も付けない状態ではソリオの方が充実していますが、オプションを付ければトールが逆転します。

雪国での使用に適しているのはソリオ4WD!

ここまでトールとソリオの4WD車を走行性能、快適装備の両面から比較してきました。

結論を言いますと、総合的にはソリオ4WD車の方が雪国での使用に適しています。

雪上走行性能でトールを上回り、オプションを付けなくてもそれなりの快適装備が付くことが理由です。

トールは快適装備のオプションが充実しているのがメリットですが、雪上走行性能で劣るため、評価は下がってしまいます。

■ 関連記事 (クリックするとサイト内の別ページに飛びます)

□ トール&ソリオの運転しやすさを徹底比較!!

□ トール&ソリオの走行性能を徹底比較!!

□ トール&ソリオの安全性を徹底比較!!

■ 愛車を高く売る最善の方法とは!?

ところで、いま乗っている愛車を少しでも高く手放したいと思っていませんか?

その方法として、クルマの一括査定の利用を考えているかもしれません。

しかし、愛車を少しでも高く、かつ面倒な手間をかけずに売りたいなら、クルマの一括査定よりも「ユーカーパック」の方が断然おすすめです!

ローラでおなじみ【ユー カーパック】

ユーカーパックをおすすめする理由は、以下にあげる5つあります。

1.電話対応が一度だけで済む

クルマの一括査定でまず問題なのが、申し込みをしたとたん多くの業者から次々と電話がかかってくることです。

いちいち対応をするのは大変ですし、仕事中に電話がかかってきて困惑することも・・・。

その点、ユーカーパックなら電話対応が一度だけで済むので、煩わしさがありません。

2.査定が短時間で終了する

クルマの一括査定は、業者ごとに査定日の段取りを決める必要があります。

それだけでも結構な手間ですし、全ての査定が終了するまでに時間がかかってしまうのも難点。

それに対し、ユーカーパックは査定が一回で済むので手間いらずですし、その場で査定額が分かるので便利です。

3.業者からプレッシャーをかけられる心配がない

クルマの一括査定でやって来る大抵の業者は、「うちはどこよりも高い査定額を付ける自信があります。だからいますぐ売ってください!先送りにしたらどんどん査定額が下がってしまいますよ!」などとプレッシャーをかけてきます。

よほど駆け引きの得意な人でない限り、すべての業者に査定してもらう前にどこかしらの業者に押し切られ、不本意ながら売買契約を結んでしまう結果になりかねません。

一方、ユーカーパックは業者がオークション形式で入札する方式なので、オークション終了まで業者と関わる必要がありません。

最終的に関わる業者は、落札した業者1社のみで済みます。

業者からのプレッシャーに悩まされずに済むことも、ユーカーパックの大きなメリットと言えるでしょう。

4.個人情報が流出する心配がない

クルマの一括査定を利用すると、実際に査定を受けるか否かにかかわらず、提携しているすべての業者に個人情報が流れてしまいます。

その結果、連日のようにしつこく営業メールが送られてくるかもしれません。

ユーカーパックは最終的に落札した業者にしか個人情報が渡らないので、そんな心配は無用です。

5.買取価格が高い!

クルマの一括査定の場合、一番高い査定額を付けてくれた業者であっても、買取相場上限の査定額が付いている可能性はほとんどありません。

それは、売り手と買い手の間に複数の業者が介入するため中間マージンが取られ、その分査定額が下がってしまうからです。

また、クルマの一括査定サービスが提携している業者は、全国に星の数ほどある中古車買取業者うち、最大でも10社に過ぎません。

これでは、相場上限の査定額を望むのは難しいですね。

一方、ユーカーパックは業者が直接ユーカーパックに出品中のクルマに入札できるため、中間マージンが発生しません。

さらに、最大5,000社もの業者が入札する仕組みなので、相場上限の査定額が付く可能性が極めて高くなります。

このように、ユーカーパックはクルマの一括査定と比べた場合、ユーザーにとって圧倒的なメリットがあるのです。

クルマを手放すことを検討しているなら、是非ユーカーパックを利用してみてください!

ローラでおなじみ【ユー カーパック】