輸入コンパクトSUVの快適性を徹底比較!!

輸入コンパクトSUV運転しやすさ比較

輸入車の中で最近にわかに注目度が高まっているカテゴリーが、コンパクトSUVです。

購入を検討している人も少なくないと思いますが、快適性がどうなのか気になるところではないでしょうか?

ここでは輸入コンパクトSUVから4台をピックアップし、乗り心地や快適装備などを徹底的に比較しますので参考にどうぞ。

乗り心地が一番いいのはキャプチャー

比較する車種は、以下の4台です。

フォルクスワーゲン・T-クロス 2,925,000円~3,574,000円

輸入コンパクトSUV快適性比較

ルノー・キャプチャー 3,190,000円~3,890,000円

ンパクトSUV快適性比較

プジョー・2008 3,413,000円~5,514,000円

ンパクトSUV快適性比較

フィアット・500X 3,420,000円~3,980,000円

ンパクトSUV快適性比較

まず4台の乗り心地を比較します。

4台の中でサスペンションの動きが一番しなやかなのが、キャプチャーです。

路面の凹凸をうまく吸収し、フラットかつ重厚な乗り心地を実現しています。

同じフランス車でも、2008は少し硬さを感じさせる乗り心地になっています。

とは言え、キャプチャーより扁平率の低い (エアボリュームの大きい) タイヤが路面からの衝撃を吸収してくれるので、不快と言うわけではありません。

T-クロスはこれらフランス車2台と比べ、明らかに足が引き締められています。

路面の良い道路では快適ですが、荒れた路面では衝撃がダイレクトに伝わり、乗り心地が損なわれてしまうのが難点です。

500Xの乗り心地は、4台の中でワーストと言わざるを得ません。

サスペンションの動きにしなやかさなく、路面が悪いとボディが上限に揺すられてしまいます。

コーナリング時も、ギャップを拾うと進路が乱されてしまうほどです。

乗り心地のランキングは、キャプチャー、2008、T-クロス、500Xの順となります。

乗り心地の評価 (5段階)

  • キャプチャー 4
  • 2008 3.5
  • T-クロス 3
  • 500X 2.5

静粛性もキャプチャーがベスト

静粛性の面でも、一番優れているのはキャプチャーです。

ロードノイズ、エンジン音の侵入とも抑えられていて、クラスを超えた静かさを実現しています。

2008は、ロードノイズがやや大きめです。

またエンジン回転を上げると3気筒特有の音が大きくなるなど、総合的な静粛性はキャプチャーに一歩を譲ります。

T-クロスはエンジンが他の3台より非力な分、エンジン回転を高めに保つ必要があるので、その分エンジン音が大きくなるのは仕方ないところ。

小排気量の3気筒エンジンなので、音が安っぽい点も気になります。

500Xは静粛性の点でもワーストです。

決して車内がうるさいというほどではないのですが、他の3台と比べるとエンジン音の侵入が気になります。

とは言え、エンジン音がなかなか良く、不快どころかむしろ快感に感じるので、静粛性が劣ることは500Xの欠点とは言い切れません。

静粛性の評価 (5段階)

  • キャプチャー 4.5
  • 2008 4
  • T-クロス 3.5
  • 500X 3

室内の広さはキャプチャーと2008がトップ

乗員が快適にすごすためには、室内が広いに越したことはありません。

前席スペースは4台とも広く、まず不満が出ることはないでしょう。

後席の頭上スペースに関しても4台はほぼ同等で、よほど大柄な人でない限り十分余裕があります。

差が出るのが足元スペースで、十分な余裕があるのがキャプチャーと2008のフランス車2台です。

輸入コンパクトSUV快適性比較
キャプチャーの後席 (引用:renault.jp/captur)

この2台なら、足の長い人が乗っても問題ないでしょう。

T-クロスは、この2台と比べ僅かに足元スペースが狭いのですが、他車より全長が短いので仕方ないところでしょう。

一番足元スペースが狭いのが500Xで、足の長い人だと前席に膝が付いてしまうかもしれません。

居住性の評価 (5段階)

  • キャプチャー 4
  • 2008 4
  • T-クロス 3.5
  • 500X 3

快適装備が充実しているのはキャプチャーと2008

快適装備の充実度も、快適性を大きく左右するポイントです。

4台にはどのような快適装備が付くのか、表にまとめてみました。

機能 / 車名 T-クロス キャプチャー 2008 500X
デュアルゾーンフルオートエアコン × ×
後席エアダクト × × ×
ステアリングヒーター × × ×
運転席・助手席シートヒーター ×

〇:全車に標準装備
△:グレード別装備
×:設定なし

■空調機能は2008が見劣り

エアコンは4台とも全車フルオートタイプが装備されますが、機能性には差があります。

T-クロスと500Xのエアコンは、左右席独立で温度設定できるデュアルゾーンタイプなので、助手席に人乗せたときに便利です。

輸入コンパクトSUV快適性比較
T-クロスのデュアルゾーンエアコン (引用:volkswagen.co.jp/t-cross)
輸入コンパクトSUV快適性比較
500Xのデュアルゾーンエアコン (引用:fiat-auto.co.jp/500x)

それに対し、キャプチャーと2008のエアコンは一括での温度設定しかできないので、助手席に人を乗せる機会が多い場合は減点要素になります。

一方、後席の空調機能では、唯一後席エアダクトが備わるキャプチャーに注目です。

輸入コンパクトSUV快適性比較
引用:renault.jp/captur

後席に人を乗せる機会の多い人にとって、これは大きなメリットになります。

空調機能を総括すると、前席重視ならT-クロスと500Xが、後席重視ならキャプチャーがベストです。

これら3台と比べ2008の空調機能は平凡で、物足りなさは否めません。

■ ヒーター関連が一番充実しているのはキャプチャー

ステアリングのグリップ部を温めるステアリングヒーターは、寒い冬の日のドライブで有難みの大きい装備です。

ステアリングヒーターが装備される車種は、4台の中でキャプチャーしかありません。

また、運転席・助手席の座面を温めるシートヒーターも、冬場に是非とも欲しい装備です。

キャプチャーと500Xは、全車に運転席・助手席シートヒーターが標準装備されます。

輸入コンパクトSUV快適性比較
500Xのシートヒーター (引用:fiat-auto.co.jp/500x)

2008ではシートヒーターが装備されるのは上級グレードのGTのみで、T-クロスはシートヒーターの設定自体がありません。

こうした点から、ヒーター関連の装備はキャプチャーがもっとも充実しています。

快適装備の評価 (5段階)

  • キャプチャー 4.5
  • 500X 4
  • T-クロス 2
  • 2008 2

快適性の総合評価はキャプチャーがナンバーワン!

ここまでコンパクトSUV4台の乗り心地や静粛性、居住性、快適装備について比較してきました。

以下に、各項目の得点をまとめてみました。

快適性の総合評価 (20点満点)

  • キャプチャー 17
  • 2008 13.5
  • 500X 12.5
  • T-クロス 12

快適性を総合的に評価すると、得点の合計から分かるように圧倒的にキャプチャーが優れています

乗り心地、静粛性がトップで室内スペースもトップレベル、快適装備も充実しているので、文句なしのナンバーワンです。

唯一、エアコンがデュアルゾーン式でないことが欠点ですが、メリットの多さに比べればそれも些末な問題でしょう。

T-クロスと2008は快適装備に不満が残りますし、500Xは乗り心地や室内スペースで見劣りしてしまいます。

快適性重視で輸入コンパクトSUVを選ぶなら、キャプチャー一択と言っても過言ではありません。

■ 関連記事 (クリックするとサイト内の別ページに飛びます)

□ 輸入コンパクトSUVの走行性能を徹底比較!!

□ 輸入コンパクトSUVの運転しやすさを徹底比較!!

□ 輸入コンパクトSUVの安全性を徹底比較!!

■ 愛車を高く売る最善の方法とは!?

ところで、いま乗っている愛車を少しでも高く手放したいと思っていませんか?

その方法として、クルマの一括査定の利用を考えているかもしれません。

しかし、愛車を少しでも高く、かつ面倒な手間をかけずに売りたいなら、クルマの一括査定よりも「ユーカーパック」の方が断然おすすめです!

ローラでおなじみ【ユー カーパック】

ユーカーパックをおすすめする理由は、以下にあげる5つあります。

1.電話対応が一度だけで済む

クルマの一括査定でまず問題なのが、申し込みをしたとたん多くの業者から次々と電話がかかってくることです。

いちいち対応をするのは大変ですし、仕事中に電話がかかってきて困惑することも・・・。

その点、ユーカーパックなら電話対応が一度だけで済むので、煩わしさがありません。

2.査定が短時間で終了する

クルマの一括査定は、業者ごとに査定日の段取りを決める必要があります。

それだけでも結構な手間ですし、全ての査定が終了するまでに時間がかかってしまうのも難点。

それに対し、ユーカーパックは査定が一回で済むので手間いらずですし、その場で査定額が分かるので便利です。

3.業者からプレッシャーをかけられる心配がない

クルマの一括査定でやって来る大抵の業者は、「うちはどこよりも高い査定額を付ける自信があります。だからいますぐ売ってください!先送りにしたらどんどん査定額が下がってしまいますよ!」などとプレッシャーをかけてきます。

よほど駆け引きの得意な人でない限り、すべての業者に査定してもらう前にどこかしらの業者に押し切られ、不本意ながら売買契約を結んでしまう結果になりかねません。

一方、ユーカーパックは業者がオークション形式で入札する方式なので、オークション終了まで業者と関わる必要がありません。

最終的に関わる業者は、落札した業者1社のみで済みます。

業者からのプレッシャーに悩まされずに済むことも、ユーカーパックの大きなメリットと言えるでしょう。

4.個人情報が流出する心配がない

クルマの一括査定を利用すると、実際に査定を受けるか否かにかかわらず、提携しているすべての業者に個人情報が流れてしまいます。

その結果、連日のようにしつこく営業メールが送られてくるかもしれません。

ユーカーパックは最終的に落札した業者にしか個人情報が渡らないので、そんな心配は無用です。

5.買取価格が高い!

クルマの一括査定の場合、一番高い査定額を付けてくれた業者であっても、買取相場上限の査定額が付いている可能性はほとんどありません。

それは、売り手と買い手の間に複数の業者が介入するため中間マージンが取られ、その分査定額が下がってしまうからです。

また、クルマの一括査定サービスが提携している業者は、全国に星の数ほどある中古車買取業者うち、最大でも10社に過ぎません。

これでは、相場上限の査定額を望むのは難しいですね。

一方、ユーカーパックは業者が直接ユーカーパックに出品中のクルマに入札できるため、中間マージンが発生しません。

さらに、最大5,000社もの業者が入札する仕組みなので、相場上限の査定額が付く可能性が極めて高くなります。

このように、ユーカーパックはクルマの一括査定と比べた場合、ユーザーにとって圧倒的なメリットがあるのです。

クルマを手放すことを検討しているなら、是非ユーカーパックを利用してみてください!

ローラでおなじみ【ユー カーパック】

3 comments on “輸入コンパクトSUVの快適性を徹底比較!!”

コメントは受け付けていません。